A.P.C. のコラボ企画 “INTERACTION” 第5弾のパートナーは Carhartt WIP

幾度となくコラボレーションを重ねてきた両者による最新コレクション

By
ファッション

A.P.C.(アー・ペー・セー)〉が外部コラボレーターを迎えて2019年より展開しているプロジェクト“A.P.C. INTERACTION”。同プロジェクトは、ラッパーのKid Cudi(キッド・カディ)、スタイリストのSuzanne Koller(スザンヌ・コラー)、アートクリエイティブ集団〈Brain Dead(ブレイン デッド)〉、カルト的な人気を誇るブランド〈JJJJound(ジョウンド)〉と、これまでに4組のコラボレーターを迎えてカプセルコレクションを発表してきた。第5弾となる今回のコレクションのパートナーに招聘されたのは、アメリカ発の老舗ワークウェアブランド〈Carhartt(カーハート)〉から派生したヨーロッパ発のカジュアルライン〈Carhartt WIP(カーハート ワークインプログレス)〉。

両ブランドは、2011年から2013年にわたり4度のコラボレーションを行っており、今回のコラボコレクションも自然な流れで実現したという。今回のコラボコレクションは、〈Carhartt WIP〉のアイコニックなアイテムに焦点を当て、それらを〈A.P.C.〉で素材で製作している。例えば、本来頑丈なキャンバス生地素材を使用したクラシカルなMichigan Chore Coatは、軽めのキャンバス生地で提案。〈Carhartt WIP〉定番のビーニー帽は、カシミヤを混紡し、上質な仕上がりに。また、パッチポットやウォッシュドデニムから着想を得た、ワークディテールを取り入れたレディースアイテムは今回のコレクションのハイライト。Tシャツ、スウェットシャツ、パーカーは、カーキグリーン、 ブルーそしてグレーのカラーリングで、ユニセックス仕様で展開。ウエストバック、トートバック、バックパック、ウォレット、キャップなどの小物も充実。2パターンのブレスレットオプション(ブラックまたはカーキ)が選べる腕時計もラインアップ。全てのアイテムには、〈Carhartt WIP〉を象徴する“C”が〈A.P.C.〉のロゴに組み込まれたスペシャルなコラボロゴが施されている。
フォトグラファーのMatteo Montanari(マッテオ ・ モンタナーリ)が撮影し、パリ、アントワープ、ロンドンの〈A.P.C.〉と〈Carhartt WIP〉のスタッフがモデルとして出演したキャンペーンヴィジュアルも注目だ。

本コラボコレクションは、1月10日(金)より〈A.P.C.〉及び〈Carhartt WIP〉の直営店、公式オンラインストアを含むすべてのコレクションショップにて販売開始。

『HYPEBEAST』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。

Read Full Article

What to Read Next

ヴァージル・アブローが手がけるポップアップ “Coming of Age” が DOVER STREET MARKET GINZA にて開催
アート

ヴァージル・アブローが手がけるポップアップ “Coming of Age” が DOVER STREET MARKET GINZA にて開催

開催期間は1月11日(土)〜2月16日(日)

ファレル・ウィリアムスとチャード・ヒューゴによるプロデューサーデュオ The Neptunes が復活
ミュージック

ファレル・ウィリアムスとチャード・ヒューゴによるプロデューサーデュオ The Neptunes が復活

既にJAY-Z、Lil Uzi Vert、Miley Cyrusらの新曲のプロデュースを終えている模様

悪夢のバッシュ崩壊事件が再び
フットウエア

悪夢のバッシュ崩壊事件が再び

ザイオン・ウィリアムソンの崩壊したバッシュを再現するかのごとく、バックリとミッドソールに亀裂が


Red Hot Chili Peppers が再加入したジョン・フルシアンテとニューアルバムを制作していることが明らかに
ミュージック

Red Hot Chili Peppers が再加入したジョン・フルシアンテとニューアルバムを制作していることが明らかに

チャド・スミスがうっかり告白

doublet が2020年春夏コレクション “HIDE AND SHOW” のルックブックを公開
ファッション

doublet が2020年春夏コレクション “HIDE AND SHOW” のルックブックを公開

“着用することにより、周りの人を笑顔にできたら”という想いが込められた〈doublet〉ならではのユーモアとセンスが光る

LAの気鋭フォトグラファー アレクシス・グロスが東京でソロエキシビションを同時多発開催
アート

LAの気鋭フォトグラファー アレクシス・グロスが東京でソロエキシビションを同時多発開催

渋谷『16(Sixteen)』ではヒューストンのカーカルチャー“SLAB”を記録した写真展“Slow, Loud, And Bangin’”、初台『LAID BUG』では10年におよぶ彼女のパーソナールワークの回顧展“Leave Room For Error”を開催

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

AdBlockが有効になっているのを検出しました

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。