UPDATE:2020年発売の次期 iPhone にまつわる気になる噂が浮上

5.4/6.1/6.7インチディスプレイの3種類のモデルを用意される?(UPDATE:計6種類のモデルがラインアップか?)

By
テック

UPDATE(2019/12/16):『AppleInsider』および『Forbes』は、アナリストJun Zhangが投資家に公開したとされる2020年発売のiPhone 12に関する予測を報じた。下記にもあるように新型iPhoneでは、5.4/6.1/6.7インチディスプレイの3種類のモデルが用意されるとお伝えしていたが、今回のJun Zhangによる予測では5.4インチと6.1インチディスプレイを使用した計6種類のモデルがラインアップするとのこと。その中でも、次世代ネットワーク5Gに対応するモデルは3種類となる。

スタンダードなiPhone 12は4Gに対応、6.1インチLCDスクリーンとデュアルカメラを搭載する。iPhone 12 Proは、5.4インチOLEDスクリーンとデュアルカメラを備え、4Gと5Gの2つのモデルで発売。iPhone 12 Pro Plus 4G/5Gと iPhone 12 Pro Max 5Gは、それぞれ6.1インチOLEDスクリーン、トリプルカメラ、ToF式3Dセンシング機能を備えたフラッグシップモデルとなっている。各モデルともに、ワイヤレス高速充電に対応。また最上級モデルに関しては充電ポートが消失する可能性があるとのこと。

ORIGINAL(2019/11/29):韓国メディア『ETNews』は、「Apple(アップル)」が2020年に複数の新型iPhoneをリリースすると報じた。そのラインアップには、5.4/6.1/6.7インチディスプレイの3種類のモデルが用意されるとのこと。5.8インチのiPhone 11 Pro、6.5インチのiPhone 11 Pro Maxなど最新の同機種と比較すると、小型化および大型化の両極でアップデートされるようだ。

同メディアはまた、この新型iPhoneにおいて、「Apple」は端末の主要パーツを「Samsung(サムスン)」と「LG(エルジー)」から調達するとしている。5.4インチおよび6.7インチモデルでは、Y-OCTAと呼ばれるテクノロジーが搭載された「Samsung」製のディスプレイ、6.1インチモデルでは「LG」製のOLEDパネルを使用する可能性が浮上している。この「Samsung」の独自技術であるY-OCTAにより、ディスプレイを薄型化しながら、生産コストの削減が可能になる。しかし、米メディア『MacRumors』によると、ディスプレイが薄くなるからといって、本体全体のサイズが薄型化/軽量化するとは限らないとのこと。

これに加えて、以前にもお伝えしていた(https://hypebeast.com/jp/2019/10/apple-cheaper-iphone-se2-option-rumor)iPhone SE 2は、2020年初頭に発売される見込み。iPhone 8のボディをベースに、iPhone 11シリーズと同様のA13チップが搭載され、価格399ドル~の廉価版となる模様。iPhone 8と同サイズの4.7インチとなるが、こちらには上述のY-OCTAやOLEDパネルは使用されず、従来のディスプレイが使用されるとのこと。『ETNews』によると、新型iPhoneの少なくとも1機種は、次世代ネットワーク5Gに対応するとしている。

『HYPEBEAST』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。

Read Full Article

What to Read Next

『スター・ウォーズ』史上最強に愛くるしいベビーヨーダのフィギュアが登場
デザイン

『スター・ウォーズ』史上最強に愛くるしいベビーヨーダのフィギュアが登場

同作の実写ドラマ『ザ・マンダロリアン』に登場される人気沸騰中の新キャラ

殺人事件にまで発展した Popeyes のチキンサンドイッチをモチーフとしたクリスマス仕様のアグリーセーターが登場
フード & ドリンク

殺人事件にまで発展した Popeyes のチキンサンドイッチをモチーフとしたクリスマス仕様のアグリーセーターが登場

あまりの人気ぶりに殺人事件の原因となった恐ろしい?メニューをモチーフとした新作が登場

sacai が GRAMICCI との初コラボレーションによるボトムス4型を発売
ファッション

sacai が GRAMICCI との初コラボレーションによるボトムス4型を発売

日本発のアロハシャツブランド〈SUN SURF〉とのコラボアイテムも同時発売


今冬の狙い目セールフーディ 8 選
ファッション 

今冬の狙い目セールフーディ 8 選

冬場のインナーのド定番・フーディにフォーカス

MEDICOM TOY が中国の超高層ビル 長沙IFSタワーT1 とタッグを組んだエキシビション “BE@RBRICK PLANET” を開催
デザイン 

MEDICOM TOY が中国の超高層ビル 長沙IFSタワーT1 とタッグを組んだエキシビション “BE@RBRICK PLANET” を開催

Presented by Medicom Toy
“ベアを町と同化させる”というコンセプトをもとに5メートルの巨大BE@RBRICKが登場

押さえておきたい今週の必読記事 5 選
ファッション 

押さえておきたい今週の必読記事 5 選

Banksyの新たなアートワークから〈Louis Vuitton〉x NIGO®️によるコラボレーション、空山基とダニエル・アーシャムのインタビューまで今週の注目トピックおさらい

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。