イギリス・ロンドンで行われたフォーミュラE第15戦、お膝元のジャガーが優勝

フォーミュラE 第15戦ロンドン E-Prix は、ジャガー所属のミッチ・エバンスが優勝! その場を観戦していたジャーナリストの小川フミオがその熱狂をリポート

オート 
685 Hypes

フォーミュラEをロンドンで観戦
2023年7月29日に、ロンドンで開催されたフォーミュラE世界選手権シーズン9の第15戦。すごいレースだった。というのは、アクシデントの連続。エンジンの爆発音がしないので、静かな走行、イコール、静かなレース展開と思っていたら、大間違い。ひとことでいうと、かなりアグレッシブなレースなのだ。

イギリス・ロンドンで行われたフォーミュラE第15戦、ジャガーが優勝 FormulaE Jaguar London

通常のレース場でなく、特設のコースを市街地に作るのが、フォーミュラEの特徴。ゆえに、アクセスしやすいのがメリットである反面、コースにはエスケープゾーンがほぼ皆無。私が現地で観戦したレースでは、カーブを曲がる際に、自車の外側にいるマシンを外に押しだす場面がいくつもあった。押しだされたマシンはカーブを曲がりきれず、コース外に設置されているスポンジバリアに突っ込む。

速度が低いと車体の損傷も少なく、ドライバーは自走してピットに戻って、破損した部品を交換したのち、レースに復帰できる。
イギリス・ロンドンで行われたフォーミュラE第15戦、ジャガーが優勝 FormulaE Jaguar London

でも今回は、最終コーナーに陣取った私の眼の前で多重衝突もあり、レース中断のレッドフラッグが何度か振られる始末だった。かなりエキサイティングだと思うひとも多いだろう。注目していたチームは、ジャガーTCSレーシング(以下ジャガー)、ジャガーがドライブトレインを提供しているエンビジョン・レーシング(同エンビジョン)、それにアバランチ・アンドレッティ・フォーミュラE(同アバランチ)。

ほかにも、ポルシェやマセラティや日産やNIOなど、強豪がたくさんあるけれど、シーズン9では、ジャガーTCSレーシングと、エンビジョン・レーシングが選手権を争っていた。チームではなく、個人のドライバー選手権は、ジャガーのミッチ・エバンス(Mitch Evans)、アバランチのジェイク・デニス(Jake Dennis)、それにエンビジョンのニック・キャシディ(Nick Cassidy)が有力候補。

第15戦の「ロンドンE-Prix(イープリ)」では、チームもドライバーも、選手権を手中に収めるのが誰だかわからない状態だった。ゆえに、観客の盛り上がりかたもひとしお。フォーミュラEのレースでは、先述のとおり、アクシデントが多く、しょっちゅう、ペースダウンを余儀なくされるイエローフラッグや、レース中断のレッドフラッグが振られた。ジャガーのエバンスは、スターティンググリッドでは6位だったが、ラップ9では早くもトップをとる。

アタックモードという仕掛け
イギリス・ロンドンで行われたフォーミュラE第15戦、ジャガーが優勝 FormulaE Jaguar London
フォーミュラEでは、アタックモードという仕掛けがある。コース中に設けられたアクティベーションゾーンを、レース中に最低2回は通過することが義務づけられている。アクティベーションラインは、コーナーの外側に設けられていて、ライバルとしのぎを削っているときに、あえてそのラインを通るのは、かなりむずかしそうだ。じっさいに、エバンスのライバルたちは、何度か失敗した。

いっぽう、ここを通過するときだけ、瞬間的にパワーアップができる。エバンスは、このアクティベーションラインをうまく通過し、後続車を引き離すのに成功していた。アタックモードや、やたら狭いうえに、屈曲の多いコース設定は、ほかの内燃機関のレースにはない特徴。ドライバーには大きな負担だろうけれど、観客としてはこの駆け引きを見るのがおもしろい。

レッドフラッグが2度出たあとも、エバンスは並みいるライバルたちを抑え、首位を守るのに成功。ジャガー・レーシングの連中の声援を聞くのも、臨場感があっておもしろかった。

各マシンのバッテリー残量も、観客にとって手に汗を握る材料になる。このレースでは、上記のとおり、エバンスがリードをとっていたが、追従するマシンは、ジャガーよりバッテリーを残しているなど、最後までジャガーファンをやきもきさせた。

最終局面でジャガーのエバンスに猛追したのは、TAGホイヤー・ポルシェに乗るアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(Antonio Felix da Costa)。しかしなんと、技術的な問題で3分のペナルティとなり、いっきに順位を下げることになってしまったのだ。

勝者は、ジャガーTCSレーシング

イギリス・ロンドンで行われたフォーミュラE第15戦、ジャガーが優勝 FormulaE Jaguar London
イギリス・ロンドンで行われたフォーミュラE第15戦、ジャガーが優勝 FormulaE Jaguar London
はたして、フォーミュラE世界選手権シーズン9の第15戦の勝者は、ジャガーTCSレーシングのミッチ・エバンス。

ジャガーは、電気自動車「I-PACE(アイペイス)」を作り、並行して、電気のレースカーで走るフォーミュラEマシン「I-TYPE 6」を開発してきた。この優勝経験は、きっと市販の電気自動車にもまた生かされるだろう。

イギリス・ロンドンで行われたフォーミュラE第15戦、ジャガーが優勝 FormulaE Jaguar London
技術的なやりとりをしながら、ともに技術を前進させていく。まさに、これからの時代にふさわしいレースが、フォーミュラEなのかもしれない。そう感じさせてくれる第15戦での、ジャガーがチーム一丸となった勝利だった。

Read Full Article

次の記事を読む

壊れたスケートシューズから作品を生み出す謎の新鋭アーティスト You2 の素顔に迫る | On The Rise
アート 

壊れたスケートシューズから作品を生み出す謎の新鋭アーティスト You2 の素顔に迫る | On The Rise

彼の2度目となる個展 “Precinct”に合わせてインタビューを敢行

iPhone 15 シリーズの一部モデルは急速充電に対応との噂
テック&ガジェット

iPhone 15 シリーズの一部モデルは急速充電に対応との噂

充電時間の大幅短縮が実現?

来春日本で開催されるフォーミュラEを予習しておこう
オート 

来春日本で開催されるフォーミュラEを予習しておこう

そもそもフォーミュラEって? F-1とどう違う? ジャーナリストの小川フミオが解説する

nanamica x PUMA から第2弾のコラボモデルとして GORE-TEX®︎ を搭載した Clyde が登場
フットウエア

nanamica x PUMA から第2弾のコラボモデルとして GORE-TEX®︎ を搭載した Clyde が登場

コラボアパレルも同時に登場

BAPE®️ がインテル・マイアミ CF との初コラボコレクションを発表
ファッション 

BAPE®️ がインテル・マイアミ CF との初コラボコレクションを発表

Presented by A BATHING APE®
チームカラーの“ピンク”にアレンジしたBAPE®️ CAMOのTシャツやフーディなどがラインアップ


SUMMER SONIC 2023 と SONICMANIA のライブ配信タイムスケジュールが発表
ミュージック

SUMMER SONIC 2023 と SONICMANIA のライブ配信タイムスケジュールが発表

3日間で計72組のアーティストのステージをお届け

Aminé と New Balance によるバナナをキーモチーフとしたコラボ 610 “The Mooz” がついに発売
フットウエア

Aminé と New Balance によるバナナをキーモチーフとしたコラボ 610 “The Mooz” がついに発売

今夏、市場に投下か(UPDATE:発売情報が解禁)

Champion x BlackEyePatch が第2弾となるコラボコレクションをリリース
ファッション

Champion x BlackEyePatch が第2弾となるコラボコレクションをリリース

2度に分けてリリースを実施

セブン-イレブン初のゴルフウェアコレクションがデビュー
ゴルフ

セブン-イレブン初のゴルフウェアコレクションがデビュー

「7と11(セブン-イレブン)なしでは18ホールはプレーできない」

CONVERSE SKATEBOARDING x BoTT から第2弾となるコラボシューズが登場
フットウエア

CONVERSE SKATEBOARDING x BoTT から第2弾となるコラボシューズが登場

DECKSTAR ELITEとPRORIDEをスケート仕様にアップデートした2型が登場

More ▾
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。