真のマニュファクチュール「グランドセイコー」の聖地に潜入

隈研吾設計。〈Grand Seiko〉の機械式腕時計の聖地へ『Hypebeast』編集部は招かれた

ウォッチ
4,973 Hypes

まずマニファクチュールとは?

時計メーカーは数あれど、マニュファクチュールと呼ばれる時計メーカーは少ない。このマニュファクチュールとは、時計業界では一般的にムーブメントの設計から製造までを自社一貫でできるメーカーを指す。

スイスでは17世紀頃から、時計を分業制で製造してきた経緯がある。心臓部であるムーブメントはムーブメント製造メーカーに、顔である文字盤は文字盤製造メーカーに、と“餅は餅屋”で分業して時計を作る方がはるかに効率的だったからだ。しかし、現代では、時計業界のグループ化が進み、あるグループに買収されたムーブメント製造メーカーは、他のグループの時計メーカーに卸しにくくなった。一方で、ブランド力を示す上では「我こそはマニュファクチュール」と謳うことが正義にもなった。ゆえに、一部のモデルのみに自社製ムーブメントを搭載しただけで「我こそもマニュファクチュール」と名乗る時計メーカーも現れた。もちろん、それだけでもすごいこと。だが、本当の本当にムーブメントのパーツすべてを自社一貫製造している、真のマニュファクチュールの時計メーカーは極めて少ない。ちなみに、今回取材した〈Grand Seiko(グランドセイコー)〉は、マニュファクチュールのなかでも極めて少ない、この真のマニュファクチュールである。

マニュファクチュールって何がすごいの?

高級時計メーカーが「我こそはマニュファクチュール」にこだわるのはなぜか? ファッションの世界においては、パリやミラノでコレクションを発表するスーパーブランドであっても、その多くが、生地は生地メーカーに製作を依頼し、染色は染色工場に依頼し、加工はそのアイテムの加工が得意な加工工場に依頼している。縫製のみ、クチュリエを持つブランドは自前でやっているにしても、基本的にファッションブランドは、分業制で成立しており、成功している。なので、時計ブランドが、執拗に自社一貫製造にこだわる決定的な理由がわからなかった。しかし、今回、岩手県にある「グランドセイコースタジオ 雫石」に訪れて、時計業界がマニュファクチュールにこだわる理由が少しわかった気がする。

真のマニュファクチュール「グランドセイコースタジオ 雫石」へ潜入 Manufacture Grand Seiko Shizukuishi

隈研吾が設計した「グランドセイコースタジオ 雫石」。ガラス面を多用しながら、この大自然と調和するように存在。屋根を大きく跳ね上げたデザインが特徴的だが、それが水面に映るように広がるコンクリート道のデザインも粋で痺れる。

マニュファクチュール潜入捜査開始

エントランスを抜けると展示コーナーが広がる。1913年に作られた国産初の腕時計“ローレル”から、2023年6月発売の新作に搭載させたばかりのムーブメント「9SC5」まで飾られていた。微細なパーツはとても美しく、〈Grand Seiko〉は内蔵まで綺麗なのかと感心を連発してしまう。機械式時計ヘッズならときめくこと間違いなし。

クリーンルーム(組立工房)の職人は心までクリーン

真のマニュファクチュール「グランドセイコースタジオ 雫石」へ潜入 Manufacture Grand Seiko Shizukuishi

展示コーナーから続くクリーンルーム(組立工房)。このクリーンルームでは、約30人の専任の時計士たちが、防塵服を着て、衛生帽子を被り、働いている。彼らはガラス越しに取材班がいても、まったく気に留めず、自身の作業に集中している。そこには、四六時中、iPhoneを気にしている現代人のそぶりなんて微塵もない。ただ真っ直ぐに、機械式腕時計制作に打ち込んでいる。邪念なし。ひたむきに機械式腕時計に向き合っている。

真のマニュファクチュール「グランドセイコースタジオ 雫石」へ潜入 Manufacture Grand Seiko Shizukuishi

「我こそは真のマニファクチュールであること」の魅力

案内してくれた盛岡セイコー工業の山城 陽さんに、話を訊いた。

「たとえば、直径が0.3mmの繊細なネジを作るとします。その場合、部品の耐久性を高めるために、まず800度で加熱する。これだと硬度は増すものの、曲げるとポキっと折れる。なので、低温で再加熱し、硬度にしなやかさを与えるんです。繊細なパーツひとつでも、精度の責任を背負っています」

顕微鏡で見ないとわからない微細な部品にも、そこには真のマニュファクチュール〈Grand Seiko〉のプライドが詰まっている。頼まれたから頼まれたものを納品するわけではない。時計士ひとりひとりが、最終的な完成系の使い心地を頭に描きながら、耐久性も考えてプロの仕事をする。自社一貫だからこそ、それぞれが大きな責任を担い、それぞれが試行錯誤する。マニュファクチュールを名乗る時計ブランドは、時計の繊細なパーツを開発・製造し品質管理ができる高度な技術力を持っているが、意識も非常に高い。
真のマニュファクチュール「グランドセイコースタジオ 雫石」へ潜入 Manufacture Grand Seiko Shizukuishi
そして、この「グランドセイコースタジオ 雫石」は、空気と水がきれいな自然の中に存在していた。クリーンルームからも大きなガラス越しに覗ける芝生の庭には、ときどき日本カモシカが遊びに来るという。また、工房の2階へ上がると、美しき岩手山が望める。心が洗われるような壮大さだ。今回、「グランドセイコースタジオ 雫石」でそこはかとなく感じた美意識は、時計士ひとりひとりが四季折々の変化とともに、日々感じており、“時計制作においての美意識”も統一されているような気がした。その中で、“より良い機械式腕時計を作りたい”という心のベクトルが、みんなでひとつになっていた。スイスのマニュファクチュールは本当にすごいが、〈Grand Seiko〉は、美意識や想いまでも整えられていて、ひょっとしたらもっとすごい、真心のマニュファクチュールだったかもしれない。

Let’s Go

「グランドセイコースタジオ 雫石」は、誰でも予約できる。我こそは真の機械式時計ヘッズという人は、ぜひとも訪れ、このマニュファクチュールの真髄を感じ取って欲しい。

真のマニュファクチュール「グランドセイコースタジオ 雫石」へ潜入 Manufacture Grand Seiko Shizukuishi
グランドセイコースタジオ 雫石
住所:岩手県雫石町板橋61-1
電話番号:019-692-5863
見学予約サイト:https://gs-studio-shizukuishi.resv.jp/

Read Full Article

次の記事を読む

五感で体感した Grand Seiko の哲学
ウォッチ

五感で体感した Grand Seiko の哲学

Presented by Grand Seiko
限定人数のみが参加できたシークレットイベントに『Hypebeast』が潜入し、ブランドの世界観やモノづくりにおけるクラフトマンシップについて迫る

Seiko が“専用すぎる腕時計”を集めたユニークな展示会を東京・原宿で開催
ウォッチ

Seiko が“専用すぎる腕時計”を集めたユニークな展示会を東京・原宿で開催

〈Seiko〉のヘリテージである“専用腕時計”を7人のデザイナーの視点で新たに解釈した斬新なプロダクトを展示

CLOT が20周年を祝して Seiko 5 Sports とのコラボウォッチを発売
ウォッチ

CLOT が20周年を祝して Seiko 5 Sports とのコラボウォッチを発売

マットな質感のブラックを纏ったケースに、中国の伝統色であるレッドのアクセントが映える


那須川天心がディフェンダーのイベントに潜入
オート 

那須川天心がディフェンダーのイベントに潜入

Presented by LANDROVER
プロボクサー 那須川天心が、DEFENDER(ディフェンダー)の性能を都心で体験できるスペシャルイベント「DEFENDER EXPERIENCE TOKYO 2023」に登場。ディフェンダーを体験したほか、『Hypebeast』森口徳昭編集長とのトークセッションを行なった

Nike Air Max Plus からホワイト/パープルのグラデーションを纏った新色モデルが登場
フットウエア

Nike Air Max Plus からホワイト/パープルのグラデーションを纏った新色モデルが登場

サイドには、エメラルドグリーンのトリムを施したスウッシュをオン

米 Twitter が Threads を巡って Meta 社を提訴?
テック&ガジェット

米 Twitter が Threads を巡って Meta 社を提訴?

“Twitterの機密情報にアクセスできる元従業員をMetaが雇用した”と非難

Nike SB からパッチワーク風のデザインが特徴的な Blazer Mid Premium が登場
フットウエア

Nike SB からパッチワーク風のデザインが特徴的な Blazer Mid Premium が登場

“Navy/Black”カラーで登場

マーティン・スコセッシ監督による『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』の新予告編が公開
エンターテインメント

マーティン・スコセッシ監督による『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』の新予告編が公開

10月6日(金)より劇場で公開後、『Apple TV+』で配信開始予定

解散を控えた BAD HOP が初にして最後のフジロックへの出演が決定
ミュージック

解散を控えた BAD HOP が初にして最後のフジロックへの出演が決定

「FUJI ROCK FESTIVAL ’23」最終ラインナップ & タイムテーブルが発表


ポスト・マローン初となる来日単独公演が開催決定
ミュージック

ポスト・マローン初となる来日単独公演が開催決定

9月27日(水)に『有明アリーナ』にて開催

『NBA 2K』シリーズ最新作『NBA 2K24』のカバーアスリートはコービー・ブライアントに決定
ゲーム

『NBA 2K』シリーズ最新作『NBA 2K24』のカバーアスリートはコービー・ブライアントに決定

『Kobe Bryant Edition』と『Black Mamba Edition』の2種類を展開

New Balance から新型スライドサンダル Fresh Foam MRSHN が登場
フットウエア

New Balance から新型スライドサンダル Fresh Foam MRSHN が登場

国内ではブラック/ホワイト/オリーブの3色展開

英 Nothing のワイヤレスイヤホン Ear (2) に待望の新色 “ブラック”が登場
テック&ガジェット

英 Nothing のワイヤレスイヤホン Ear (2) に待望の新色 “ブラック”が登場

スモーキーな仕上げを施したマットブラックのカラーリングがクールな新作

Nike から Dunk Low Athletic Department の新色 “Deep Jungle” が登場
フットウエア

Nike から Dunk Low Athletic Department の新色 “Deep Jungle” が登場

今秋、市場に投下か?

More ▾
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

広告ブロックツールを使用されているようです

読者に無料で提供する代わりに広告収入を得ています。このサイトをホワイトリストに追加していただけると幸いです

ホワイトリストに追加

ホワイトリストへの追加方法

screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlockのアイコンをクリック
  2. Pause on this site”の下にある“Always”をクリック.
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlock Plusのアイコンをクリック
  2. Block ads on – This website”のスイッチをオフにするとブルーからグレーに切り替わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlocker Ultimateのアイコンをクリック
  2. スイッチをオフにして“Enabled on this site”から“Disabled on this site”に切り替える
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるGhosteryのアイコンをクリック
  2. 下の“Ad-Blocking”ボタンをクリックすると、色がグレーに変化して上のテキストが“ON”から“OFF”に変わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるUBlock Originのアイコンをクリック
  2. トップにあるブルーの電源アイコンをクリック
  3. 色がグレーに変わったら、横に出る更新アイコンをクリックするか下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにある広告ブロックツールのアイコンをクリック
  2. 閲覧中のサイトで広告ブロックツールを無効にするための手順に従ってください
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続