hype cog

Nintendo Switch が特許侵害により提訴される

8月22日(火)の予約販売直前に「Gamevice」が「任天堂」に生産/販売中止と損害賠償を要求

リリース直後は期待外れという理由から会社の株価が下落したものの、蓋を開けてみればNintendo Switchは需要過多で品薄状態が続き、転売、さらには詐欺の手口まで出てくるほど大きなムーブメントとなっている。「任天堂」は急ピッチで増産を進めており、8月22日(火)には10月以降に配達される予約販売の開始もアナウンス済み。しかし、同社はこのタイミングで生産/販売中止と損害賠償を要求する訴訟を起こされてしまった。

「任天堂」を提訴したのは、スマートフォン対応のサードパーティ製アクセサリーを販売する「Gamevice」。同社の主張によると、Nintendo Switchのコントローラー・Joy Conが自社商品 Wikipadの特許を侵害しているという。デザインを見てみると……「全然似ていない」という印象を持つかもしれないが、どうやら論点は“取り外し”という仕組みにあるようだ。

現在、「任天堂」からの本件に関する正式な発表はなく、「Gamevice」の訴えがアメリカ合衆国地方裁判所に受理されるかも不明確。ひとまず、訴訟問題は一旦目を瞑り、ゲーマー諸君にはこちらからNintendo Switchの予約情報をチェックしておくことをおすすめしたい。

Nintendo Switch が特許侵害により提訴される 8月22日(火)の予約販売直前に Gamevice が任天堂に生産/販売中止と損害賠償を要求

Sourceengadget
Read Full Article

What to Read Next

Michael Jackson の『Thriller』が Billboard 200 に300週間連続登場するという異例を記録
英国のサブカルチャーを讃える Fred Perry 2017年秋冬コレクション
世界が注目するカナダのスケートレーベル Dime が2017年秋コレクションのアイテム一覧を公開
Interviews: 初来日を果たした現役屈指のクラッチプレーヤー カイリー・アービング
Load More