Nike ランニング部門50年の歴史を彩る名作シューズを振り返る

この部門が今日までの“Swoosh”の進化をどのように形作ってきたかを検証する

フットウエア 
8,770 Hypes

創業以来〈Nike(ナイキ)〉の屋台骨を支えてきたのは何と言ってもランニング部門であろう。シューズのソール内部に“AIR”を入れ、人間の可能性を押し広げることでフットウェアの世界を変貌させてきた。

今日のスポーツウェア業界の世界的リーダーとなった〈Nike〉は、アスレチックシューズの限界を超えようとする2人の男の願望から始まった。1964年、Bill Bowerman(ビル・バウワーマン)とPhil Knight(フィル・ナイト)は、アメリカ・オレゴン州ユージンで「BRS(Blue Ribbon Sports、ブルー・リボン・スポーツ)」を立ち上げた。コーチとアスリートというコンビは、もともと〈Onitsuka Tiger(オニツカ・タイガー)〉のスニーカーを販売するために「BRS」を始めたが、1971年に同ブランドとの提携を解消。ここから〈Nike〉ブランドの歴史がスタートしたのである。

セールスから製品開発へと移行させるためには献身的な努力と創意工夫、そして実験が必要だった。もともと陸上競技のコーチであるBillはランニングをより快適にするためのアイデアを思いついたら、すぐにそれを実行に移し、彼の周りにいるアスリートたちにそのプロトタイプを試してもらうことを繰り返した。例え使用中にシューズが完全に壊れてしまっても、なぜそうなったのかのフィードバックと洞察を深め、彼なりのイノベーションを前進させていったのだ。

Nike “Moon Shoe” 1972

ナイキ・ランニング50周年を祝い歴史に名を残した名作シューズを振り返る Nike Running 50 Year History Archive Air Max 1 Tailwind Pegasus Moon Shoe Free Run 5.0 V1 Flyknit Racer Zoom Alphafly NEXT% Blue Ribbon Sports Bill Bowerman Phil Knight World Athletics Championships

〈Nike〉のランニングシューズの歴史は、象徴的な“ワッフル”デザインのソールから始まった。ある朝、Billの妻がワッフルを作り、朝食の支度をしているときに思いついた理論がきっかけとなり、のちにヒット商品となる。当時〈Nike〉のワッフルソールのスニーカーは親しみを込めて“ムーンシューズ”と呼ばれた。Billが考案したこの愛称は、宇宙飛行士が月に残した足跡を連想させることにちなんでいる。1972年に開催されたオリンピックのトライアルマラソンでデビューしたこのシューズは、〈Nike〉の50年にわたる革新的製品の幕開けとなった。この“Just do it(とにかくやってみよう)”という考え方が、イノベーションの最初のポイントを生み「フットウェアの世界を変える」という欲望の炎を燃やしたのだ。

Nike Air Tailwind 1979

ナイキ・ランニング50周年を祝い歴史に名を残した名作シューズを振り返る Nike Running 50 Year History Archive Air Max 1 Tailwind Pegasus Moon Shoe Free Run 5.0 V1 Flyknit Racer Zoom Alphafly NEXT% Blue Ribbon Sports Bill Bowerman Phil Knight World Athletics Championships

もうひとつのマイルストーンとなるシューズは、〈Nike〉の最も象徴的で特徴的なテクノロジーのひとつである“AIR”の導入だった。この画期的な開発は、Marion Franklin Rudy(マリオン・フランク・ルディ)の革新的なコンセプトである“AIR”を初めて搭載したTailwind(テイルウィンド)まで遡ることができる。NASAで技術開発を行なっていたMarionはポリエチレンプラスチックに不活性ガスを封入しカプセル化した”Air”システムを1978年に完成させる。同年のホノルルマラソンでAir Tailwindデビューさせ、今日の“Nike AIR”シリーズの原点となった。

Nike Pegasus 1983

ナイキ・ランニング50周年を祝い歴史に名を残した名作シューズを振り返る Nike Running 50 Year History Archive Air Max 1 Tailwind Pegasus Moon Shoe Free Run 5.0 V1 Flyknit Racer Zoom Alphafly NEXT% Blue Ribbon Sports Bill Bowerman Phil Knight World Athletics Championships

〈Nike〉のアクティブランニングモデルの中で最もよく知られているのが、1983年に発売された“ベガサス(Pegasus)”であろう。ソールユニットにウェッジデザインを採用し、この画期的な技術 “AIR”をさまざまな型やサイズに対応させた最初の製品で、ユーザーを広げるために多用途性と手頃な価格のバランスを追求した。

Nike Air Max 1 1987

ナイキ・ランニング50周年を祝い歴史に名を残した名作シューズを振り返る Nike Running 50 Year History Archive Air Max 1 Tailwind Pegasus Moon Shoe Free Run 5.0 V1 Flyknit Racer Zoom Alphafly NEXT% Blue Ribbon Sports Bill Bowerman Phil Knight World Athletics Championships

1987年に登場した象徴的なAir Max(エアマックス)1は、“AIR”ユニットを可視化した最初のシューズとなり、テクノロジーの転機となった。しかし、当初この決断は〈Nike〉ランニング部門のマーケティング責任者を大いに悩ませた。側面に穴のあいたシューズをどうやって売るというのか理解できなかったという。しかし当時のデザイナー、Tinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)の才能はこの成功によって証明され、その後数十年にわたる優れたデザインの先駆けとなっている。現在ではこのシューズをコレクター視点で見ることは簡単だが、ランニングシューズとしての本来の目的に注目すると、今日のアスレチック・フットウェアに〈Nike〉が果たしてきた存在意義がわかるというものだ。

Nike Free 5.0 V1 2004

ナイキ・ランニング50周年を祝い歴史に名を残した名作シューズを振り返る Nike Running 50 Year History Archive Air Max 1 Tailwind Pegasus Moon Shoe Free Run 5.0 V1 Flyknit Racer Zoom Alphafly NEXT% Blue Ribbon Sports Bill Bowerman Phil Knight World Athletics Championships

2000年代に入り、〈Nike〉のデザイナーはゴルフコースを裸足で走るスタンフォード大学のアスリートに対応するため、“Free(フリー)”を開発した。この頃から〈Nike〉は従来型のカテゴリー分けをやめ、裸足に近い履き心地を“0”、一般的向けのランニングシューズを“10”と数値化することで靴のスペックを表すようになっていった。その中で2004年に開発されたのが、こちらの〈Nike〉Free 5.0 V1だ。レスポンスの良いクッショニングと自然なフォルムが特徴で、ナイキが考える“裸足で走ること”と“通常のランニングシューズを履いて走る”ことの間の完璧なバランスを実現し、アスリートに対するコミットメントを象徴する製品となった。

Nike Flyknit Racer 2012

ナイキ・ランニング50周年を祝い歴史に名を残した名作シューズを振り返る Nike Running 50 Year History Archive Air Max 1 Tailwind Pegasus Moon Shoe Free Run 5.0 V1 Flyknit Racer Zoom Alphafly NEXT% Blue Ribbon Sports Bill Bowerman Phil Knight World Athletics Championships

2012年にはFlyknit Racer(フライニット・レーサー)が登場した。マラソン用にデザインされたこのモデルは、軽量でフィット感を重視したアッパーを導入している。ランナーとスニーカーヘッズを繋いだこのモデルはその後バスケットボール、フットボール、ライフスタイルモデルなどにもこのテクノロジーが広がり、10年の時を経てFlyknit Racerのインパクトが実感されているといえよう。

Nike Air Zoom Alphafly NEXT% 2019

ナイキ・ランニング50周年を祝い歴史に名を残した名作シューズを振り返る Nike Running 50 Year History Archive Air Max 1 Tailwind Pegasus Moon Shoe Free Run 5.0 V1 Flyknit Racer Zoom Alphafly NEXT% Blue Ribbon Sports Bill Bowerman Phil Knight World Athletics Championships

〈Nike〉ランニング部門のイノベーション精神は、Air Zoom Alphafly NEXT%(エアズーム・アルファフライ・ネクスト)へと受け継がれていく。2019年、ケニア人ランナーの Eliud Kipchoge(エリウド・キプチョゲ)がこのシューズを着用して非公式レースでマラソン2時間切りを記録、たちまちそのテクノロジーと性能に何百万人もの目が向けられることになる。その結果、ルール変更により“レースの4カ月前からシューズの市販する”ことが義務づけられるなど、多くの議論を呼んだことは記憶に新しい。その性能の鍵を握るのが“technological doping(テクノロジー・ドーピング)”と評された“ZoomX(ズームエックス)”フォームのソールユニットであろう。航空宇宙分野で伝統的に使用されてきた素材に由来する“ZoomX”は、より大きなエネルギーリターンを実現することでスピードを最大化することでこれまで成し得なかった革新を推し進めることに成功した。

〈Nike〉の未来へのフォーカスは多岐にわたるが、ランニング部門は常にブランドの中核をなすものとなる。革新的な新技術の導入であれ、ユニークなシルエットの実験であれ、イノベーションは常に〈Nike〉を前進させる原動力となっている。その結果の表れとして、2022年世界陸上競技選手権大会に参加した選手のうち、表彰台の58%の選手が〈Nike〉のフットウェアを履いていたことで実証されたと言えるだろう。

現代のユーザーにとって、〈Nike〉ランニング部門のDNAはかつてほど認知されていないかもしれないが、このスウッシュのシューズは、あらゆるレベルのアスリートへのサービスを視野に入れながら進化している。その使命は50年前と同じように大切なことであり続けるに違いない。

Read Full Article

次の記事を読む

Nike から筆で描いたスウッシュが印象的な Air Force 1 Low の新作が登場
フットウエア

Nike から筆で描いたスウッシュが印象的な Air Force 1 Low の新作が登場

“Brushstroke Swoosh”のシリーズの新作

HUF x Nike SB の最新コラボレーションが登場か
フットウエア

HUF x Nike SB の最新コラボレーションが登場か

〈HUF〉の20周年企画の一部

フォトグラファー RK が台北で3年ぶりとなる個展 FROM DUSK TILL DAWN を開催
アート

フォトグラファー RK が台北で3年ぶりとなる個展 FROM DUSK TILL DAWN を開催

個展開催を記念して東京・新宿発のストリートブランド 〈NQUIRING(インクワイアリング)〉とのコラボアイテムとNFTアートも販売


Nike がフランチャイズ契約を延長せずロシア市場から撤退へ
ファッション

Nike がフランチャイズ契約を延長せずロシア市場から撤退へ

「McDonald’s」『STARBUCKS』同様、恒久的に撤退

Nike から Gucci お馴染みのカラーパターンを連想させる新作 Air Force 1 が登場
フットウエア

Nike から Gucci お馴染みのカラーパターンを連想させる新作 Air Force 1 が登場

ゴールドのデュブレとシューレースが上品な印象をプラス

YEEZY GAP の新アイテム YR 3022 YZYGAP SHDZ をチェック
ファッション

YEEZY GAP の新アイテム YR 3022 YZYGAP SHDZ をチェック

キム・カーダシアンやLil Uzi Vertなどさまざまなセレブリティが着用写真を次々に投稿

BLACKPINK が約2年ぶりとなるアルバム『Born Pink』をリリース
ミュージック 

BLACKPINK が約2年ぶりとなるアルバム『Born Pink』をリリース

同アルバムを引っ提げてワールドツアーの開催も予定

PALACE SKATEBOARDS 2022年秋コレクション発売アイテム一覧 - Week 2
ファッション

PALACE SKATEBOARDS 2022年秋コレクション発売アイテム一覧 - Week 2

8月13日(土)発売となる〈PALACE SKATEBOARDS〉の新作アイテムを1足早くチェック

Porsche x TAG Heuerのタッグによるラグジュアリースマートウォッチがリリース
ウォッチ

Porsche x TAG Heuerのタッグによるラグジュアリースマートウォッチがリリース

「Porsche」のドライバーが時計を通じて車のエアコン操作も可能


Nike から柔らかな雰囲気漂う Air Max Scorpion “Wheat” が登場
フットウエア

Nike から柔らかな雰囲気漂う Air Max Scorpion “Wheat” が登場

アッパーの大半にライトベージュを採用したソフトな印象の1足

DJ KEKKE が3年振りとなるワンマン DJ を渋谷 SOUND MUSEUM VISION にて開催
ミュージック

DJ KEKKE が3年振りとなるワンマン DJ を渋谷 SOUND MUSEUM VISION にて開催

今開催されるワンマンでは360分を1人でDJする予定

STÜSSY x Nike の最新コラボとなる Air Penny 2 の公式画像が浮上
フットウエア

STÜSSY x Nike の最新コラボとなる Air Penny 2 の公式画像が浮上

9月リリースか

PALACE SKATEBOARDS が誕生50周年を迎えた Starter とのコラボコレクションをリリース
ファッション

PALACE SKATEBOARDS が誕生50周年を迎えた Starter とのコラボコレクションをリリース

NFLに着想したユニフォーム風デザインのアイテムが多数登場

CreativeDrugStore と Diaspora skateboards がコラボアイテムをリリース
ファッション

CreativeDrugStore と Diaspora skateboards がコラボアイテムをリリース

ルックにはモデルのmiuが登場するなどスペシャルなコラボ企画に

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

広告ブロックツールを使用されているようです

読者に無料で提供する代わりに広告収入を得ています。このサイトをホワイトリストに追加していただけると幸いです

ホワイトリストに追加

ホワイトリストへの追加方法

screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlockのアイコンをクリック
  2. Pause on this site”の下にある“Always”をクリック.
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlock Plusのアイコンをクリック
  2. Block ads on – This website”のスイッチをオフにするとブルーからグレーに切り替わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlocker Ultimateのアイコンをクリック
  2. スイッチをオフにして“Enabled on this site”から“Disabled on this site”に切り替える
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるGhosteryのアイコンをクリック
  2. 下の“Ad-Blocking”ボタンをクリックすると、色がグレーに変化して上のテキストが“ON”から“OFF”に変わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるUBlock Originのアイコンをクリック
  2. トップにあるブルーの電源アイコンをクリック
  3. 色がグレーに変わったら、横に出る更新アイコンをクリックするか下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにある広告ブロックツールのアイコンをクリック
  2. 閲覧中のサイトで広告ブロックツールを無効にするための手順に従ってください
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続