今後 Banksy は自身の作品の商標権を得るために正体を明かす?

国家機密レベルの匿名性が仇となり、いくつかの作品の商標権が剥奪される事態に

アート
4,179 Hypes

一時期、Massive Attackのメンバーなのではないか?という噂も流れたが、未だに30年近いキャリアながら約78億人が正体を知らない覆面アーティスト Banksy(バンクシー)。誰も彼(もしくは彼女)の素顔を知らないからこそ神出鬼没に作品をストリートに残すことができ、その匿名性がゆえに作品の市場価値も上がっているが、今後作品の商標権を得るために正体を明かす必要があるかもしれない。

これはイングランドのグリーティングカード会社「Full Color Black」がBanksyの作品を使用したカードを販売するにあたり(この時点でどうかと思うが)、「European Union Intellectual Property Office(EUIPO:欧州連合知的財産庁)」に対して商標権の取り消しを求める申請を行ったことに端を発する。というのもBanksyの会社「Pest Control」は数年前にいくつかの作品の商標登録を「EUIPO」に出願しているのだが、同機関では登録から5年以内に商業利用が確認できなかった場合は商標権が剥奪されることになっており、案の定彼は期間中に作品を商業利用しなかったことから審査の対象に。その結果、彼に商業利用の意図がなかったことに加えて身元が法的に確認できず、彼自身も身元の開示を拒否していることから「EUIPO」はカード会社の申請を受理し、作品2点の商標権を剥奪してしまったのだ。

今回の一件で商標権が剥奪されたのは、昨年ヴァンダライズの被害に遭った“Umbrella Girl”とおなじみのネズミをモチーフとした“Radar Rat”で、実は同様の理由で代表作 “Flower Thrower”と“Laugh Now”なども商標権を失っている。

「Pest Control」は今回の「EUIPO」の判断について、「Banksyの作品は、非営利の個人的な娯楽のためにご利用いただけます。カーテンに合わせた色でプリントアウトしたり、おばあちゃんのためにカードを作ったり、自分の宿題として提出したり、何でも構いません」という個人利用を認めるコメントと共に以下の声明を発表している。「しかし、BanksyもPest Controlも、作品の画像を第三者にライセンスすることはありません。Banksyの作品を商業目的で利用しないでください。実際にBanksyが関わっていない商品を発売することは、アーティストが保証した商品だと人々を騙すことになります。『Banksyが著作権は負け犬のものだ』と本に書いていましたが、それはアーティストを不当に表現したり、詐欺を働いたりする自由が与えられるわけではありません」

日本でもBanksy非公認イベント「バンクシー展 天才か反逆者か」が大々的に開催されてしまっているが、彼に限らずアーティストのアンオフィシャルなイベントに足を運ぶ際やブートアイテムの購入時には、彼らの生活と作品の価値を守る意味でも常にリスペクトの気持ちだけは忘れないでほしい。

Read Full Article

次の記事を読む

押さえておきたい先週の必読記事 5 選
アート 

押さえておきたい先週の必読記事 5 選

Futura vs〈THE NORTH FACE〉の訴訟問題や「Subway」のツナからツナのDNAが検出されないニュースなど先週の注目トピックをおさらい

Banksy が自身の作品 “Dream Boat” を景品としたチャリティーキャンペーンを開催
アート

Banksy が自身の作品 “Dream Boat” を景品としたチャリティーキャンペーンを開催

作品の重量を最も近い数字で推測した人にプレゼント、というユニークな企画に参加してみよう

NBA 21-22シーズンの開幕戦はバックスとウォリアーズが勝利
スポーツ

NBA 21-22シーズンの開幕戦はバックスとウォリアーズが勝利

レイカーズとネッツは課題の残るスタートに


HYPEBEAST x『ポケモンカードゲーム』発売アイテム一覧
ファッション

HYPEBEAST x『ポケモンカードゲーム』発売アイテム一覧

10月22日(金)に『HBX』でも販売開始

Netflix オリジナルの『全裸監督』シーズン2 と AllRightsReserved のコラボプロジェクトがスタート
デザイン

Netflix オリジナルの『全裸監督』シーズン2 と AllRightsReserved のコラボプロジェクトがスタート

第1弾として日本人アーティスト FACE Okaを招聘したビニール製フィギュアをリリース

STÜSSY x Cactus Plant Flea Market から2021年サマーコレクションが到着
ファッション

STÜSSY x Cactus Plant Flea Market から2021年サマーコレクションが到着

アメリカのストリートシーンを代表する2者が2021年の夏を乗り切るためのアパレルを発表

ビリー・アイリッシュが過去の動画内でのアジア系への差別発言について謝罪
エンターテインメント

ビリー・アイリッシュが過去の動画内でのアジア系への差別発言について謝罪

14歳頃に撮影されたTyler, The Creatorの楽曲 “Fish”のリップシンク動画が流出

シューズデザイナー界の重鎮 サレヘ・ベンバリー x New Balance 2002R “Water Be the Guide” が発売
フットウエア

シューズデザイナー界の重鎮 サレヘ・ベンバリー x New Balance 2002R “Water Be the Guide” が発売

グランドキャニオンのハバス滝に着想したターコイズブルー/グリーンが鮮やかな1足

Futura が THE NORTH FACE を相手取った訴訟の状況を報告
アート

Futura が THE NORTH FACE を相手取った訴訟の状況を報告

“Atomモチーフを時々使っている自称ストリートアーティスト”


Travis Scott x fragment design x Air Jordan 1 Low “Military Blue” の発売日が決定か
フットウエア

Travis Scott x fragment design x Air Jordan 1 Low “Military Blue” の発売日が決定か

新型コロナによって延期にならないことを願うばかり

Stone Island 2021年秋冬コレクション
ファッション

Stone Island 2021年秋冬コレクション

例年以上にミリタリーテイストのアウターが幅広く用意され、クラシックでありながら初見となる深みのある鮮やかなカラーで展開

アメリカ国内の約5人に1人が “iPhone 13” という名称に抵抗を感じるらしい
テック

アメリカ国内の約5人に1人が “iPhone 13” という名称に抵抗を感じるらしい

アメリカ国内のiPhone/iPadユーザー約3,000人を対象としたアンケート結果で判明

Balenciaga が NASA のロゴをフィーチャーしたコラボアイテムを発売
ファッション

Balenciaga が NASA のロゴをフィーチャーしたコラボアイテムを発売

宇宙服を思わせるオーバーなシルエットが特徴的

元 YSTRDY's TMRRW の管野寿哉が古着に焦点を当てたポップアップを5都市で開催
ファッション

元 YSTRDY's TMRRW の管野寿哉が古着に焦点を当てたポップアップを5都市で開催

管野氏による別注アイテム3型も限定販売

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

アドブロックが検出されました

読者ではなく広告主が請求対象となります。我々のコンテンツにご満足いただいている場合は、アドブロッカーのホワイトリストに追加をお願いいたします