ラッパー Logic がニューアルバムのリリースと同時に引退を宣言

引退宣言詐欺が横行するヒップホップシーンだが……

By
ミュージック
5,037 Hypes

卓越したスキルと真摯なリリック(とナーディーなルックス)で人気のラッパー Logic(ロジック)が自身の『Twitter』でラッパーとしてのキャリアを終えることを発表した。

ツイートによると、ラッパー Common(コモン)の幼馴染で彼の『Resurrection』やLogicのデビューアルバム『Under Pressure』でプロデューサーを務めたNo I.D.(ノー・アイディー)がプロデュースしたニューアルバム『No Pressure』を7月24日(現地時間)にリリースし、それを最後に引退するという。続けて「素晴らしい10年間だった。偉大なる父親になるときがきた」と締めている。

ラッパーの引退宣言といえば、Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)やLil Pump(リル・パンプ)をはじめとする“引退宣言詐欺”が頭をよぎるが、思慮深いLogicだけに今回の宣言は確かだろう。しかし彼は2019年3月、本名のBobby Hall(ボビー・ホール)名義で小説『SUPERMARKET』を出版し、米『Amazon』の書籍売上ランキングで1位を獲得するほどの実力を持っていることから、今後は物書きとして活動していくのかもしれない。

『HYPEBEAST』がお届けするその他最新のミュージック情報もお見逃しなく。

Read Full Article

次の記事を読む

Logic がラストアルバム『No Pressure』でヒップホップシーンに別れを告げる
ミュージック

Logic がラストアルバム『No Pressure』でヒップホップシーンに別れを告げる

涙ながらにKendrick LamarやDrakeに感謝を伝える

村上隆のアートワークをフィーチャーした End of the World 初のフルアルバム『Chameleon』がリリース
ミュージック

村上隆のアートワークをフィーチャーした End of the World 初のフルアルバム『Chameleon』がリリース

デジタルとクラシカルの融合を形にしたジャンルレスな全13曲

押さえておきたい先週の必読記事 5 選
アート

押さえておきたい先週の必読記事 5 選

覆面アーティスト Banksyの最新作からラッパー Logicの引退宣言まで先週の注目トピックをおさらい


Kanye West のニューアルバム 『God’s Country』がリリース間近との噂が浮上
ミュージック

Kanye West のニューアルバム 『God’s Country』がリリース間近との噂が浮上

ビデオアーティスト Arthur Jafaがビデオを制作

Stone Island 2020年秋冬コレクション
ファッション

Stone Island 2020年秋冬コレクション

今シーズンのテーマは“現代におけるメンズ・ラグジュアリーの追求”

iPhone 12 のバッテリーに関する気になる噂
テック

iPhone 12 のバッテリーに関する気になる噂

韓国などの認証機関のデータベースにiPhone用の新たなバッテリーモデルが浮上

The Weeknd x READYMADE のカプセルコレクションが HBX 限定で発売
ファッション

The Weeknd x READYMADE のカプセルコレクションが HBX 限定で発売

〈READYMADE〉のグラフィックがバックに追加され、よりコラボ感の増した仕上がりに


UNDERCOVER がブランド初の ZINE を発売
ファッション

UNDERCOVER がブランド初の ZINE を発売

「UNDERCOVER PRODUCTION」の手がける第1号にはトム・ヨークやレッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーも参加

Nike 史上最もサステナブルなシューズのひとつとなる Air VaporMax 2020 Flyknit が登場
フットウエア

Nike 史上最もサステナブルなシューズのひとつとなる Air VaporMax 2020 Flyknit が登場

最低50%以上の再生素材を含んだ〈Nike〉の意欲作

F1のトップチームも認めたフェイスマスクとは?
デザイン

F1のトップチームも認めたフェイスマスクとは?

「Ferrari」や「McLaren」のレーシングチームが着用

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

アドブロックが検出されました

読者ではなく広告主が請求対象となります。我々のコンテンツにご満足いただいている場合は、アドブロッカーのホワイトリストに追加をお願いいたします