Facebook に1兆円以上の脱税の疑い

アイルランドの子会社と共謀か?

By
テック

Reuters(ロイター)』の報道によると、「Facebook(フェイスブック)」が、アメリカ国内の連邦税に関する執行、徴収を司る「Internal Revenue Service(アメリカ合衆国内国歳入庁:以下、IRS)」から、90億ドル(約1兆64億円)にも及ぶ脱税の疑いをかけられていることが判明した。

「IRS」は、Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)率いる「Facebook」が、2010年から2016年にかけて脱税を行ってきたと主張。同社は2010年に、法人税が比較的低いアイルランドに子会社を設立。子会社はロイヤリティーを支払うことで、「Facebook」が所有する商標や特許技術を使用できるという契約を締結していたが、本社はそのロイヤリティーを低く見積もって販売し、アメリカでの高額な法人税を逃れていたという。裁判所への提出書類では、アイルランドの子会社は2010年から2016年までの6年間で、ロイヤリティーとして140億ドル(約1兆5,650億円)以上を支払ったことが示されている。

3〜4週間ほどの期間を要すると見られる今回の訴訟に対して、「Facebook」側は、「Facebook IrelandとFacebookの外国関連会社(※Facebook USを除く)が、ハイリスクで、最終的には成功した、“Facebookの広告を販売する”という国際的な取り組みを主導した」と主張。さらに、同社の広報担当者であるBertie Thomson(バーティ・トムソン)は「2010年時点で、モバイル広告収入はなく、国際ビジネスが始まったばかりで、デジタル広告製品は明確なものではなかった」とコメントしている。

裁判所が「Facebook」に脱税の責任があると判断した場合、同社は最大90億ドルとその利息、さらに裁判所が課した罰金を支払わなければならない。果たしてどうなるのか、今後の動向に注目していきたい。

『Instagram(インスタグラム)』の2019年における広告収入は2兆円を超えと目されているのはご存知?

Read Full Article

What to Read Next

河村康輔の個展 “KOSUKE KAWAMURA SOLO EXHIBITION 2020” が開催
アート

河村康輔の個展 “KOSUKE KAWAMURA SOLO EXHIBITION 2020” が開催

過去最大サイズのシュレッダー・コラージュ作品をお披露目

巷を騒がすベビーヨーダのアニマトロニック・フィギュアが発売
デザイン

巷を騒がすベビーヨーダのアニマトロニック・フィギュアが発売

可愛すぎてキュン死確実

押さえておきたい今週の必読記事 5 選
ミュージック 

押さえておきたい今週の必読記事 5 選

待望の〈Supreme〉2020年春夏コレクションのルックブックから、 Pop Smokeの訃報、ミラノで行われた“Moncler Genius”の2020年秋冬シーズンのプレゼンテーションまで今週の注目トピックをおさらい


UPDATE:Art Basel 香港の開催中止が決定
アート

UPDATE:Art Basel 香港の開催中止が決定

新型コロナウイルスの発生が大きく影響(UPDATE:オンライン・ビューイング・ルームを開設し、作品の購入が可能に)

Moncler Genius 2020年秋冬シーズンのプレゼンテーションをレポート
ファッション

Moncler Genius 2020年秋冬シーズンのプレゼンテーションをレポート

展示は2月23日(現地時間)より一般公開予定

WACKO MARIA が90年代の伝説的ミクスチャーバンド Sublime とのコラボアイテムを発売
ファッション

WACKO MARIA が90年代の伝説的ミクスチャーバンド Sublime とのコラボアイテムを発売

Sublimeのアルバムジャケット、ロゴ、アートワークを使用したアパレルアイテムが登場

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

AdBlockが有効になっているのを検出しました

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。