Spotify が2020年に最も再生されたアーティスト & 楽曲を発表

保守的なグラミー賞と世間との間の“ズレ”がより顕著に表れる結果に

By
ミュージック
7,545 Hypes

『HYPEBEAST』編集部が贈るプレイリスト “HYPEBEAST SOUNDS”でもおなじみの音楽ストリーミングサービス『Spotify(スポティファイ)』が、2020年の音楽シーンを振り返るさまざまなランキングを発表。

栄えある“世界で最も再生されたアーティスト”に輝いたのは、ラテントラップ界における最重要アーティスト Bad Bunny(バッド・バニー)。再生回数は83億回以上となっており、昨年1位のPost Malone(ポスト・マローン)の65億回を18億回も上回る驚異的な数字を記録した。2位は“2010~2019年に最も再生されたアーティスト”だったDrake(ドレイク)で、それにレゲトンアーティスト J Balvin(J.バルヴィン)、昨年12月に急逝したラッパーの故 Juice WRLD(ジュース・ワールド)、“Blinding Lights”が大ヒットしたThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)、K-POPアーティストのBTSが続き、上位6位を男性アーティストが独占。去年の同ランキングで2位だったBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)は順位を5つ下げ7位、Post Maloneは8つ下げ9位となった。

“世界で最も再生された楽曲”はThe Weekndが3月にリリースしたアルバム『After Hours』収録曲の“Blinding Lights”で、『TikTok』で大流行したミーム“Blinding Lights Challenge(エアロビチャレンジ)”の影響もあり、この曲だけで約17億回というとんでもない再生回数を見せつけた。続いてオーストラリアの新人シンガーソングライター Tones and I(トーンズ・アンド・アイ)の“Dance Monkey”、Roddy Ricch(ロディ・リッチ)の“The Box”、Imanbek(イマンベク)がリミックスを手がけたSAINt JHN(セイント・ジョン)の“Roses”、Dua Lipa(デュア・リパ)の“Don’t Start Now”となっており、10位まで見ても“世界で最も再生されたアーティスト”でランクインしたアーティストの楽曲が1曲しか登場しないという興味深い結果に。

そして“世界で最も再生されたアルバム”では先述のアーティストたちに加え、Pop Smoke(ポップ・スモーク)、Harry Styles(ハリー・スタイルズ)、Lewis Capaldi(ルイス・キャパルディ)、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)の作品がランクイン。この中でグラミー賞の“最優秀アルバム賞”にノミネートされているのはPost Maloneの『Hollywood’s Bleeding』とDua Lipaの『Future Nostalgia』だけとなっており、審査員の音楽的趣向が優先される保守的なグラミー賞と世間との間の“ズレ”がより顕著に表れた。

日本国内では、Official髭男dismが“最も再生されたアーティスト”、“最も再生された楽曲”、“最も再生されたアルバム”の3冠を達成。全ランキングの詳細は下記よりご確認を。また、昨年の結果はこちらから。

Most Streamed Artists 2020(世界で最も再生されたアーティスト)
1.Bad Bunny
2.Drake
3.J Balvin
4.Juice WRLD
5.The Weeknd
6.BTS
7.Billie Eilish
8.Taylor Swift
9.Post Malone
10.Travis Scott

Most Streamed Female Artists 2020(世界で最も再生された女性アーティスト)
1. Billie Eilish
2. Taylor Swift
3. Ariana Grande
4. Dua Lipa
5. Halsey
6.Lady Gaga
7.Nicki Minaj
8.Rihanna
9.Camila Cabello
10.Selena Gomez

Most Streamed Tracks 2020(世界で最も再生された楽曲)
1.Blinding Lights – The Weeknd
2.Dance Monkey – Tones and I
3.The Box – Roddy Ricch
4.Roses(Imanbek Remix) – SAINt JHN
5.Don’t Start Now – Due Lipa
6.ROCKSTAR feat. Roddy Ricch – DaBaby
7.Watermelon Sugar – Harry Styles
8.death bed(coffee for your head) – Powfu x beabadoobee
9.Falling – Trevor Daniel
10.Someone You Loved – Lewis Capaldi

Most Streamed Albums 2020(世界で最も再生されたアルバム)
1.YHLQMDLG – Bad Bunny
2.After Hours – The Weeknd
3.Hollywood’s Bleeding – Post Malone
4.Fine Line – Harry Styles
5.Future Nostalgia – Dua Lipa
6.Shoot for the Stars, Aim for the Moon – Pop Smoke
7.When We All Fall Asleep, Where Do We Go? – Billie Eilish
8.Legends Never Die – Juice WRLD
9.Divinely Uninspired to a Hellish Extent – Lewis Capaldi
10.Changes – Justin Bieber

国内で最も再生されたアーティスト 2020
1.Official髭男dism
2.BTS
3.King Gnu
4.あいみょん
5.Mrs. GREEN APPLE

国内で最も再生された楽曲 2020
1.Pretender – Official髭男dism
2.夜に駆ける – YOASOBI
3.I LOVE… – Official髭男dism
4.白日 – King Gnu
5.香水 – 瑛人

国内で最も再生されたアルバム2020
1.Traveler – Official髭男dism
2.CEREMONY – King Gnu
3.Attitude – Mrs. GREEN APPLE
4.エスカパレード – Official髭男dism
5.STRAY SHEEP – 米津玄師

Barack Obamaが大統領在任中に大切に聴いていた20曲からなるプレイリストもあわせて聴いてみては?

Read Full Article

What to Read Next

adidas と Prada の最新コラボモデル A+P Luna Rossa 21 の発売情報が解禁
フットウエア

adidas と Prada の最新コラボモデル A+P Luna Rossa 21 の発売情報が解禁

セーリングスポーツ用に作られた特別モデル

PLEASURES x ASICS がアウトドアシーンから着想を得た GEL-Nandi OG を発売
フットウエア

PLEASURES x ASICS がアウトドアシーンから着想を得た GEL-Nandi OG を発売

アースカラーを基調とした細部までこだわり抜いた1足

巨匠 フランク・ロイド・ライトによる幻の建築が3D設計技術で具現化される
デザイン

巨匠 フランク・ロイド・ライトによる幻の建築が3D設計技術で具現化される

実現に至らなかったアリゾナ州の州会議事堂


Under Armour とステフィン・カリーが新ブランド Curry Brand を設立
フットウエア

Under Armour とステフィン・カリーが新ブランド Curry Brand を設立

すべての若者が平等にスポーツを楽しむことをミッションに掲げるパフォーマンスブランド

F1 でマシンが真っ二つとなる大炎上事故が発生するも奇跡的にドライバーが生還する
スポーツ

F1 でマシンが真っ二つとなる大炎上事故が発生するも奇跡的にドライバーが生還する

他車との接触から時速221kmという高速でガードレールへと激突

HYPEBEAST 編集部が贈るプレイリスト企画 “HYPEBEAST SOUNDS” vol.9
ミュージック 

HYPEBEAST 編集部が贈るプレイリスト企画 “HYPEBEAST SOUNDS” vol.9

11月17〜30日にリリースされた新譜から『HYPEBEAST』編集部が30曲をセレクト

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。