Apple Music が2018年度の再生数ランキングを発表

市場を独占するヒップホップ勢の影響がより顕著な結果に

ミュージック
17,483 Hypes

「Apple(アップル)」が2018年度に自社の『Apple Music(アップルミュージック)』上で最も再生回数の多かったアルバム及び楽曲のランキングを発表。

ライバルの『Spotify(スポティファイ)』においては、Drake(ドレイク)が他アーティストの追随を許さない独走っぷりが顕著であるが、『Apple Music』でもその傾向は変わらず、アメリカ国内・グローバルに関わらず上位を占めている。その他にはPost Malone(ポスト・マローン)やCardi B(カーディ・B)といったヒップホップ勢でチャートを独占。各ランキングの詳細は下記よりご確認を。

最も再生回数の多かった楽曲(アメリカ国内)

1. Drake(ドレイク)”God’s Plan”
2. Drake(ドレイク)”Nice For What”
3. Post Malone(ポスト・マローン) “Rockstar” (feat. 21 Savage)
4. Post Malone(ポスト・マローン) “Psycho” (feat. Ty Dolla $ign)
5. Drake(ドレイク)”In My Feelings”
6. Lil Baby & Drake(リル・ベイビー & ドレイク) “Yes Indeed”
7. BlocBoy JB(ブロックボーイ・JB) “Look Alive” (feat. Drake)
8. XXXTentacion(エックス・エックス・エックス・テンタシオン) “SAD!”
9. Offset & Metro Boomin(オフセット & メトロブーミン) “Ric Flair Drip”
10. Cardi B(カーディ・B)、Bad Bunny(バッド・バニー)、J Balvin(J・バルヴィン) “I Like It”

最も再生回数の多かったアルバム(アメリカ国内)

1. Drake(ドレイク)『Scorpion』
2. Post Malone(ポスト・マローン)『Beerbongs & Bentleys』
3. Cardi B(カーディ・B)『Invasion of Privacy』
4. Migos(ミーゴス)『Culture II』
5. Travis Scott(トラヴィス・スコット)『ASTROWORLD』
6. XXXTentacion(エックス・エックス・エックス・テンタシオン)『?』
7. Post Malone(ポスト・マローン) Stoney
8. Chris Brown(クリス・ブラウン)『Heartbreak on a Full Moon』
9. J. Cole(J・コール)『KOD』
10. V.A.『Black Panther The Album Music From and Inspired』

最も再生回数の多かった楽曲(グローバル)

1.Drake(ドレイク)”God’s Plan”
2. Drake(ドレイク) “Nice for What”
3. Post Malone(ポスト・マローン) “Rockstar” (feat. 21 Savage)
4. Drake(ドレイク) “In My Feelings”
5. Post Malone(ポスト・マローン) “Psycho” (feat. Ty Dolla $ign)
6. Cardi B(カーディ・B)、Bad Bunny(バッド・バニー)、J Balvin(J・バルヴィン) “I Like It”
7. XXXTentacion(エックス・エックス・エックス・テンタシオン) “SAD!”
8. Camila Cabello(カミラ・カベロ)”Havana” (feat. Young Thug)
9. BlocBoy JB(ブロックボーイ・JB) “Look Alive” (feat. Drake)
10.Offset & Metro Boomin(オフセット & メトロブーミン) “Ric Flair Drip”

あわせて『HYPEBEAST』がお届けするその他の音楽ニュースもお見逃しなく。

Read Full Article

次の記事を読む

PALACE SKATEBOARDS が Apple Music にて独占 DJ ミックスを公開
ミュージック

PALACE SKATEBOARDS が Apple Music にて独占 DJ ミックスを公開

オマーS、ロバート・フッド、ローリー・ミラネスが参加

Apple がサブスプリクションサービスの月額料金をついに値上げ
テック

Apple がサブスプリクションサービスの月額料金をついに値上げ

『Apple Music』をはじめとする3つのサブスク価格が100〜300円ほど引き上げられる

Apple が HomePod の第2世代を発表
テック

Apple が HomePod の第2世代を発表

1部屋に2台置くことで、ステレオでの活用も可能


Apple が第10世代となる新型 iPad を発表
テック

Apple が第10世代となる新型 iPad を発表

10.9インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載

イタリアの名門サッカークラブ・パレルモがわずか1,300円で売却される
スポーツ

イタリアの名門サッカークラブ・パレルモがわずか1,300円で売却される

カバーニやディバラを輩出した歴史あるクラブが破格の値段で売却に至った理由とは?

The North Face よりレトロなヴァイブを醸す “92 RAGE” コレクションが登場
ファッション

The North Face よりレトロなヴァイブを醸す “92 RAGE” コレクションが登場

1990年代を彷彿とさせる配色やグラフィックをフィーチャーした最新コレクション

元 NBA ブルズのスター選手 スコッティ・ピッペンのサイン入り Nike シューズ5足がチャリティオークションに登場
フットウエア

元 NBA ブルズのスター選手 スコッティ・ピッペンのサイン入り Nike シューズ5足がチャリティオークションに登場

Air More Uptempoなど現在でも人気の高い1990年代を代表するお宝モデルを寄付

MASTERMIND WORLD x UGG がクオリティーとデザイン性を兼備したコラボブーツをリリース
フットウエア

MASTERMIND WORLD x UGG がクオリティーとデザイン性を兼備したコラボブーツをリリース

LAの都会的な風景とダークなブーツを組み合わせた、エステバン・オリオールの撮りおろしによるキャンペーンを『HYPEBEAST』が世界初公開

老舗スケートレーベル Independent x Vans による最新コラボスニーカー Style 36 Pro が登場
フットウエア

老舗スケートレーベル Independent x Vans による最新コラボスニーカー Style 36 Pro が登場

“世界最強のトラック”で長年スケーターたちを支える老舗の創設40周年を記念して、再び志を同じくする〈Vans〉とコラボレーションを決行


Dior 2019年プレフォールコレクションの注目アイテムにクローズアップ
ファッション

Dior 2019年プレフォールコレクションの注目アイテムにクローズアップ

テクノロジーと美を追求する空山氏と〈Dior〉の世界観が融合し斬新なハイブリッドを生み出した最新コレクション

Chanel が爬虫類などのエキゾチックレザーと毛皮の使用廃止を発表
ファッション

Chanel が爬虫類などのエキゾチックレザーと毛皮の使用廃止を発表

ラグジュアリーブランドの相次ぐ毛皮の使用中止に続く動き

遂に一般発売を迎える PUMA CELL VENOM の公式ビジュアルおよび取扱店舗が解禁
フットウエア 

遂に一般発売を迎える PUMA CELL VENOM の公式ビジュアルおよび取扱店舗が解禁

Presented by Puma
2019年にローンチ予定とされるCELL VENOMのコラボパートナーも判明

MCM が心躍る豪華絢爛な2018年ホリデーキャンペーン “A Feast for Your Eyes” を始動
ファッション 

MCM が心躍る豪華絢爛な2018年ホリデーキャンペーン “A Feast for Your Eyes” を始動

Presented by MCM
Young EgyptとMigosのコラボ楽曲スペシャルバージョンに乗せ、セレブの末裔たちが新作アイテムと晩餐会を楽しむ

MADE IN GM JAPAN より新定番モデル Lace Up Boots が Ron Herman 別注としてローンチ
フットウエア

MADE IN GM JAPAN より新定番モデル Lace Up Boots が Ron Herman 別注としてローンチ

デザイナーの村上久典と俳優の村上淳のコンビが仕掛ける最新作をチェック

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

広告ブロックツールを使用されているようです

読者に無料で提供する代わりに広告収入を得ています。このサイトをホワイトリストに追加していただけると幸いです

ホワイトリストに追加

ホワイトリストへの追加方法

screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlockのアイコンをクリック
  2. Pause on this site”の下にある“Always”をクリック.
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlock Plusのアイコンをクリック
  2. Block ads on – This website”のスイッチをオフにするとブルーからグレーに切り替わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlocker Ultimateのアイコンをクリック
  2. スイッチをオフにして“Enabled on this site”から“Disabled on this site”に切り替える
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるGhosteryのアイコンをクリック
  2. 下の“Ad-Blocking”ボタンをクリックすると、色がグレーに変化して上のテキストが“ON”から“OFF”に変わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるUBlock Originのアイコンをクリック
  2. トップにあるブルーの電源アイコンをクリック
  3. 色がグレーに変わったら、横に出る更新アイコンをクリックするか下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにある広告ブロックツールのアイコンをクリック
  2. 閲覧中のサイトで広告ブロックツールを無効にするための手順に従ってください
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続