Interviews: 最注目若手ミュージシャン King Krule が若くしての成功やこれまでの葛藤について語る

Frank OceanやKanye Westらもオファーする若き才能が15歳からこれまでの創作活動を赤裸々に語る

By
ミュージック 

King Krule(キング・クルール)の名でもっともよく知られるであろう23歳の若きイギリス人ミュージシャン、Archy Marshall(アーチー・マーシャル)。2010年に当時15歳の彼はZoo Kid(ズー・キッド)の名義で音源をインターネット上に公開し、その天性のしゃがれたバリトンボイスで異彩を放つ新人アーティストとしてアンダーグラウンドシーンで話題に。2013年のデビューアルバム『6 Feet Beneath the Moon』ではその名を世に広く知らしめ、レーベル会社が争奪戦を繰り広げた。最近ではFrank Ocean(フランク・オーシャン)やKanye West(カニエ・ウエスト)からもオファーを受けたことを明かしていたそんな今最注目の若手アーティストを、今回『HYPEBEAST』がインタビュー。Archyの生まれ育った街であるロンドン・ペッカム近くのとあるパブにて、若くしての成功と葛藤、そして昨日10月13日(金)にリリースした最新アルバム『The Ooz』の制作過程などを語ってくれた。

最注目若手ミュージシャン King Krule が若くしての成功やこれまでの葛藤について語るインタビューをチェック キング・クルール

僕は自分の音楽を常に信じていたと思う。だからある意味なんとなく予想はしていて。だけど自分がかなりの時間を費やすそのもの全部に対して準備ができていなかった。突然たくさんの人が自分の音楽に触れて、聴いて、意見を持ったり、批評したり、分析したり、彼ら自身の経験になっていくっていう。

Beyoncé(ビヨンセ)やWillow Smith(ウィロウ・スミス)も惚れたというデビューアルバム『6 Feet Beneath the Moon』が成功を収めた後、Archyは一度スポットライトから身を引いた。自身の兄との音楽プロジェクトやEarl Sweatshirt(アール・スウェットシャツ)のプロデュースをはじめ、Frank Oceanからも声がかかるなど他アーティストのプロデュースを手がけ、King Kruleとしての活動を一時的に休止。その休止期間は彼にとって辛い時期だったという。

最注目若手ミュージシャン King Krule が若くしての成功やこれまでの葛藤について語るインタビューをチェック キング・クルール

自分自身に対して、自分が作るものに関して不満を持っていたんだ。そんな時は自分が無能に感じて、する事なす事がクソなんだ。音楽的に僕は本当に無能だと感じていたよ。良い音楽がたくさん出てきて、自分はそれに対して何者でもなかった。その一部になりたくて、何か良いものになりたかった。あの時、この界隈にいるミュージシャンと一緒に展示会をやったり、本を作ったり、レコードも作ったんだ。今でも定期的に彼らとは制作活動をするけど、あの時期は僕にとってまるで空虚だった。創作活動をしていたけど、それでもまだ自分に対して不満だったんだ。(中略)でも、その時期を通して自分が成長するのがわかった気がする。僕らは違うもの、違う結果に対して取り組んでいたんだ。クリエイティブな休止期間だったよ。

最注目若手ミュージシャン King Krule が若くしての成功やこれまでの葛藤について語るインタビューをチェック キング・クルール

そして、最後にArchyは今回リリースされたニューアルバム『The Ooz』が完成するまでの長い道のりについても触れた。

このアルバムを作る前にたくさんの曲(音)があったんだけど、それで何を作ればいいのかわからなかった。ただ悩まされて、翻弄されたよ。だけど思い立って、それを全部捨てて、「どうでもいい。こいつらについて考えるのはやめた。新しい何かをやらせろ」って感じでさ。僕はそれまでずっと型にはまっていたような気がしたんだ。そんな時、バルセロナから友達が来て、一緒に時間を過ごしたんだ。その時はまるで違う環境にいるように感じた。彼らと出会って、僕は音楽の見方が変わったよ。作業スペースに閉じこもって、サンプラーとラップトップに夢中で、スクリーンを見すぎていたことに気づいたんだ。オーガニックに誰かと音楽をやるってのは良かったよ。(中略)このアルバムは、もう既に取り掛かってる次のアルバムの為のステップになったよ。クリエイティブな意味で今は良いところにいると思う。もっと前に書いてたらなって思う曲を書いてるんだ。だから今すぐでもリリースできるよ。(中略)自分の芸術を理解する良い方法は良いもの悪いものを作る為に自分自身にプレッシャーをかけないことだね。僕は自分がすることを嫌うことに時間をかけすぎた。だけどそれが突然またうまくいったんだ。

King Krule関連のこれまでの記事は、こちらから。

Read Full Article

What to Read Next

Jordan Brand が KAWS にカスタムスニーカーをプレゼント
フットウエア

Jordan Brand が KAWS にカスタムスニーカーをプレゼント

友好な関係を築く現代ストリートアーティストに感謝の意を表して

Wu-Tang Clan が新アルバム『The Saga Continues』をリリース
ミュージック

Wu-Tang Clan が新アルバム『The Saga Continues』をリリース

若者よ、今こそWu-Tangを聴くべし

Kanye West が初見の YEEZY スニーカーを履いて外出する姿をパパラッチされる
フットウエア

Kanye West が初見の YEEZY スニーカーを履いて外出する姿をパパラッチされる

YEEZY Wave Runner 700 のハイカットモデル?


uniform experiment から Polartec を使ったアパレルシリーズが登場
ファッション

uniform experiment から Polartec を使ったアパレルシリーズが登場

フリースとストライプのPolartec素材を使ったアパレルシリーズ

SOPHNET. よりトム・ヒングストンとダッグを組んだスペシャルなカプセルコレクションが登場
ファッション

SOPHNET. よりトム・ヒングストンとダッグを組んだスペシャルなカプセルコレクションが登場

UKカルチャーを感じられる秀逸アイテムの数々がラインアップ

Interviews:東京ストリートの中心であり続ける DJ DARUMA のファッションアプローチとユース世代への想い
ファッション 

Interviews:東京ストリートの中心であり続ける DJ DARUMA のファッションアプローチとユース世代への想い

ストリートアイコンが〈FULL-BK〉と〈TEG TEG〉の棲み分けから、PKCZ®️の1stアルバム『360° ChamberZ』の制作秘話、おすすめのナイトスポットまでを赤裸々に語る

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。