Netflix ユーザー100万人が注目の新サービス Disney+ に乗り換える

圧倒的なコンテンツ力を武器に登録者2,400万人を獲得

By

去る2019年11月12日(現地時間)に配信開始となった「Walt Disney Company(ウォルト ディズニー カンパニー/以下、Disney)」の動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」。『VARIETY』によると、同サービスの米国内登録者は11月末までに約2,400万人を突破、そのうち100万人が「Netflix」から乗り換えたユーザーだという。また、およそ1,940万人が両方のサービスに登録しており「Disney+」ユーザーの8割が同時に「Netflix」ユーザーであるとしている。

「Disney+」は配信開始後1日で100万人の登録者を獲得し、現時点ではアプリダウンロード数2,000万以上、登録者2,400万人となっている。その脅威的な躍進を支えたのは、「Disney」が誇る人気タイトルや、同社が独占配信する『スター・ウォーズ』実写ドラマシリーズ『ザ・マンダロリアン』など、圧倒的なコンテンツ力と言えるだろう。また、「Disney」が自ら動画配信サービスをスタートしたことで、「Netflix」は『デアデビル』や『ジェシカ・ジョーンズ』、MCUシリーズといった「Disney」ブランドのタイトルを失うこととなった。その代役としてか「Netflix」は『スポンジ・ボブ』や『ザ・ペンキンズ』などの人気アニメを放映する「Nickelodeon(ニコロデオン)」と複数年にわたるライセンス契約を締結し、オリジナルコンテンツの制作を計画している。

また、登録者数が順調に推移している「Disney+」だが、そのユーザーの多くが有料会員ではなく、「Verizon(ベライゾン)」が提供する1年無料プログラムを使用しているとのこと。同プログラムが終了した時に「Netflix」と「Disney+」のどちらに軍配が上がるのか注目したいところ。

あわせて、2019年に最も視聴されたストリーミング番組もチェックしておこう。

Read Full Article

What to Read Next

Nike とコリン・キャパニックによるコラボ Air Force 1 が発売
フットウエア

Nike とコリン・キャパニックによるコラボ Air Force 1 が発売

渦中の元NFL選手をフィーチャーした全米で話題の1足

2019年に最も視聴されたストリーミング番組が発表
エンターテインメント

2019年に最も視聴されたストリーミング番組が発表

「Netflix」がストリーミングサービスの覇権を握る

K-Swiss が『マトリックス』の誕生20周年を記念したフットウェアコレクションをリリース
フットウエア

K-Swiss が『マトリックス』の誕生20周年を記念したフットウェアコレクションをリリース

作中のオープニングで流れる“マトリックス・コード”をフィーチャー


kZm を擁するレーベル De-void* と VERDY によるコラボポップアップが開催
ファッション

kZm を擁するレーベル De-void* と VERDY によるコラボポップアップが開催

VERDYがアートワークを手がけたkZmのシングル『But She Cries』と「De-void*」をグラフィックを用いたアイテムを販売

THE NORTH FACE PURPLE LABEL が2020年春夏シーズンのルックビジュアルを公開
ファッション

THE NORTH FACE PURPLE LABEL が2020年春夏シーズンのルックビジュアルを公開

アースカラーを中心としたリラックスムード漂うタイムレスなコレクション

STÜSSY が Harris Tweed 生地を使用したカプセルコレクションをリリース
ファッション

STÜSSY が Harris Tweed 生地を使用したカプセルコレクションをリリース

コーチジャケット、ビーチパンツ、バケットハット、トートバッグがラインアップ

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

AdBlockが有効になっているのを検出しました

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。