Interviews: Keith Hufnagel が語る日本と現代のスケートカルチャー

日本初の『HUF TOKYO』をオープンしたブランドの創設者「Keith Hufnagel」が来日

2,970 Hypes

レジェンドスケーターとして名高い「Keith Hufnagel」が2002年にスタートしたブランド〈HUF〉。7月にはロサンゼルスのフェアファックスにオンリーショップがオープンしたばかりだが、続いて東京・渋谷に待望の直営店が、2015年8月1日(土)に登場した。今回、そのオープンに合わせて来日していたKeithに、日本初出店についてのほか、日本、そして現代のスケートカルチャーについての考えを特別に伺った。

—今回の東京オープンに関して。どうしてこのタイミングだったのでしょうか?

2016年に出店する予定だったのですが、運良く、この時期に良いロケーションが見つかったので、このタイミングになりました。

—日本にはどのくらい来ているのですか?

1992年の初来日以来、スケートツアーを含めて20回以上来ていますね。今年はインスピレーションをふくらませるために、2月に来ました。最初に東京に来たときは、全く新しい世界でしたね。インターネットも発達していない時代でしたし、何もかもが新しかったです。

—日本のスケートカルチャーについて聞かせてください。

スケートカルチャーは、深く根付いていますよね。日本のスケートボーダーとも、昔はよく交流しました。「T19」のYOPPYたちとはよくハングアウトしていて、スケートを一緒にしていましたね。

—アメリカの東海岸と西海岸で過ごしたことがあると思いますが、カルチャーの大きな違いとは何だと思いますか?

インターネットが発達する前は、とても大きな違いがあったと思います。それぞれに分かりやすい文化がありましたよね、東は東、西は西。でも、インターネットのおかげで、なんでも見たり聞いたりできるようになりました。全部、カルチャーが混ざってきています。でも、まだその地に行くと違いが見られる。例えば、ニューヨークに行くとスポーティかつモダンなのですが、ロサンゼルスだともっとリラックスでカジュアルな雰囲気がありますよね。

—スケート文化はどうですか?

基本的には一緒ですね。昔はスケボーしている人を見たら、スタイルを見たらどこの出身かが分かったのですが……ニューヨークやフィラデルフィアでスケボーしている男の子たちはストリートや駐車場ですることが多く、スタイルが全く違ったのですが、今はスケートパークがどこにでもあるので 基本的にはスタイルが変わりません。1日中、スケートパークでスケボーできるようになったのは素晴らしい変化だと思います。

—ところで、どうして〈HUF〉をスタートしたのですか?

2000年頃、東京、ニューヨーク、ロサンゼルスなどいろいろな場所を旅していて、拠点としていたサンフランシスコに戻った時にお店を開きたいなと思い、自分の名前から〈HUF〉と名付け、スタートしました。ショップではなかなか見つけられないもの、出回ってないもの、東京、ロンドン、ニューヨークのスケボーカルチャーに関連したものを取り扱うようにしました。スケボーを売ったり、Tシャツや帽子を作ったり、特に将来の計画を立てていたわけではなく、自然に好きなことをやってきた感じです。ただ、ブランドをスタートしたり続けることは、決して簡単なことではないですね。

—ショップをオープンする際に、一人のアーティストとコラボレーションするということで、東京では「Cali Thornhill DeWitt」とタッグを組んでいますが、二人の関係性を教えてください。

2年くらい前に、友達を通じて知り合いましたが、〈HUF〉の事務所にもよく遊びに来てくれていて、仕事を手伝ってくれたりしていました。ロサンゼルスのショップオープンの際には、日本人アーティストの「Haroshi」を起用していたので、日本ではアメリカのアーティストを起用しようと思ったのです。それで、Caliにお願いしました。日本限定のコラボレーションTシャツは、Caliのアイコニックなヴィンテージフラッグと〈HUF〉のクラシックなスタイルをミックスしました。

—今後のプランについて教えてください。

今は〈HUF〉に専念しています。ニューヨークに新しくショップをオープンする予定なので、それの準備もありますし。あとは、スケートチームとフットウエアラインにも力を入れたいと思っています。スケボーには常にエネルギーを注ぎたいですね。それと、アーティストの「Patrick Nagel」とコラボレーションもする予定。もう亡くなっているのですが、ずっと彼のファンだったので。年内にリリースする予定なので、楽しみにしていてください。

Read Full Article

次の記事を読む

Interviews: Awich が語る最新アルバム『Queendom』に込めた想い
ミュージック 

Interviews: Awich が語る最新アルバム『Queendom』に込めた想い

Awich自身が築き上げてきた彼女の中の“Queendom(女王国)”や、キャリア初となる『日本武道館』公演への心境、VERDYおよび〈BlackEyePatch〉によるマーチの背景とは

Interviews: 平野歩夢が語る OMEGA の魅力と新たな挑戦について
スポーツ 

Interviews: 平野歩夢が語る OMEGA の魅力と新たな挑戦について

皆が気になっていたであろうTHA BLUE HERBの楽曲についても伺った

Interviews: 藤原ヒロシと L/UNIFORM のデザイナーが語るコラボレーションへの想い
ファッション 

Interviews: 藤原ヒロシと L/UNIFORM のデザイナーが語るコラボレーションへの想い

両者の出会いから約8年ぶりとなるコラボレーションの経緯やアイテムの背景を深掘り


Interviews : 藤原ヒロシが語る Loro Piana の新たな魅力を引き出した珠玉のコラボコレクションの裏側
ファッション 

Interviews : 藤原ヒロシが語る Loro Piana の新たな魅力を引き出した珠玉のコラボコレクションの裏側

長いキャリアにおいて個人名を単体で冠した初のコレクションに

Chance The Rapper featuring NoName Gypsy – Israel (Sparring)
ミュージック

Chance The Rapper featuring NoName Gypsy – Israel (Sparring)

ツアー開催やフェスへの出演を控える「Chance The Rapper」が新曲をフリー配信

Dime MTL x Vans "Glory Challenge" ビデオ
スポーツ

Dime MTL x Vans "Glory Challenge" ビデオ

観衆を唸らせる「Aaron Herrington」や「Brian Delatorre」らのクレイジーなトリックを収録

the POOL aoyama 2015 Summer “CMYK” コレクション
ファッション

the POOL aoyama 2015 Summer “CMYK” コレクション

シアン、マゼタン、イエロー、ブラックを使用した絶妙なカラーバランスに注目

Y-3 LT Mid "Black"
フットウエア

Y-3 LT Mid "Black"

〈adidas〉のテニススニーカー「Rod Laver」をハイカットにリアレンジし、ミリタリーのエッセンスをプラス

CONVERSE TOKYO 2015 Fall/Winter ルックブック
ファッション

CONVERSE TOKYO 2015 Fall/Winter ルックブック

2015年9月5日(土)に、南青山の旗艦店がオープン


HYPEBEAST Forums July Photo Contest: “Portraits Against Landscape”
アート

HYPEBEAST Forums July Photo Contest: “Portraits Against Landscape”

先月のマンスリーフォトコンテストのノミネート作品を紹介

カリフォルニアの壮大な山火事を美しく捉えたフォトシリーズ
アート

カリフォルニアの壮大な山火事を美しく捉えたフォトシリーズ

森や山を焼き尽くす自然災害を美しく捉えた「Stuart Palley」の作品集

NBA 2014-15 シーズンのベストダンク
スポーツ

NBA 2014-15 シーズンのベストダンク

観衆を沸かせるパワフルなダンク集には、「Russell Westbrook」や「Blake Griffin」らが登場

Made in Paradise 2015 Summer トランクスコレクション
ファッション

Made in Paradise 2015 Summer トランクスコレクション

ルックブックにはAV女優「まりか」とアメリカのポルノ女優「Skin Diamond」を起用

Adrianne Ho が新ブランド“Sweat Crew”をローンチ
ファッション

Adrianne Ho が新ブランド“Sweat Crew”をローンチ

ファッショナブルなトレーニングウエアを、『PacSun』で限定販売

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

広告ブロックツールを使用されているようです

読者に無料で提供する代わりに広告収入を得ています。このサイトをホワイトリストに追加していただけると幸いです

ホワイトリストに追加

ホワイトリストへの追加方法

screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlockのアイコンをクリック
  2. Pause on this site”の下にある“Always”をクリック.
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlock Plusのアイコンをクリック
  2. Block ads on – This website”のスイッチをオフにするとブルーからグレーに切り替わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlocker Ultimateのアイコンをクリック
  2. スイッチをオフにして“Enabled on this site”から“Disabled on this site”に切り替える
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるGhosteryのアイコンをクリック
  2. 下の“Ad-Blocking”ボタンをクリックすると、色がグレーに変化して上のテキストが“ON”から“OFF”に変わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるUBlock Originのアイコンをクリック
  2. トップにあるブルーの電源アイコンをクリック
  3. 色がグレーに変わったら、横に出る更新アイコンをクリックするか下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにある広告ブロックツールのアイコンをクリック
  2. 閲覧中のサイトで広告ブロックツールを無効にするための手順に従ってください
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続