Raf Simons

ベルギー人ファッションデザイナーのRaf Simons(ラフ・シモンズ)は、1995年に自身の名を冠したブランドをスタート。Manic Street Preachers(マニック・ストリート・プリーチャーズ)やJoy Division(ジョイ・ディヴィジョン)を引き合いに出すなど、ブランド初期のコレクションからはサブカルチャーやアンダーグラウンドミュージックの強い影響を見ることができる。初めてのランウェイショーは1997年秋冬シーズンのパリだったが、長期休暇のため2000年にブランドを一旦休止。その後、2001年秋冬シーズンに再ローンチする。2005年には、より身近なものを提供するためのサブラインRaf by Raf Simons(ラフ バイ ラフ シモンズ)を始動。メインラインと異なり、破壊的なユースカルチャーから距離を置いたコレクションは、ブランドのターニングポイントになる。2016年にCalvin Klein(カルバン・クライン)のチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任する以前には、Jil Sander(ジル・サンダー)やChristian Dior(クリスチャン ディオール)でもクリエイティブ・ディレクターを務めていたSimons。現在はFred Perry(フレッドペリー)やadidas(アディダス)、Eastpak(イーストパック)などとのプロジェクトを進行

Raf Simons の貴重なアーカイブがオンラインで販売中
ファッション

Raf Simons の貴重なアーカイブがオンラインで販売中

伝説の2001年秋冬“Riot! Riot! Riot!”コレクションなどのアイテムがラインアップ

今夏の注目セールアイテム:シューズ編
フットウエア 

今夏の注目セールアイテム:シューズ編

マイサイズが残っていればラッキー

Kanye West や Drake も着用した Raf Simons の激レア ボマージャケット が販売中
ファッション

Kanye West や Drake も着用した Raf Simons の激レア ボマージャケット が販売中

伝説の2001年秋冬“Riot! Riot! Riot!”コレクション期の逸品

1970〜80年代の UK サブカルチャーにインスパイアされた Raf Simons × Fred Perry 2020年春夏コレクションが到着
ファッション

1970〜80年代の UK サブカルチャーにインスパイアされた Raf Simons × Fred Perry 2020年春夏コレクションが到着

UKのカウンターカルチャーの象徴である若者を写した Gavin Watson の写真を大胆に使用したプロダクト

2020年春夏シーズンの注目アイテム:フーディ編
ファッション 

2020年春夏シーズンの注目アイテム:フーディ編

定番ブランドから新鋭ブランドまで春夏シーズンのキーピースを見つけよう


押さえておきたい先週の必読記事 5 選
ファッション 

押さえておきたい先週の必読記事 5 選

年に一度のアナログレコードの祭典の注目リリースタイトルから、遂にお披露目されたLV²のルックブック、NBAが今シーズンの中断を発表したニュースまで先週の注目トピックをおさらい

ラフ・シモンズは Prada にとって本当に必要な存在なのか?
ファッション 

ラフ・シモンズは Prada にとって本当に必要な存在なのか?

経営は順調で十分過ぎる地位もあるブランドが、ラフの起用で狙うさらなる高みとは?

押さえておきたい先週の必読記事 5 選
エンターテインメント 

押さえておきたい先週の必読記事 5 選

ラフ・シモンズの〈Prada〉共同クリエティブディレクター就任から、コービーとジアナ・ブライアントの告別式、遂に解禁された『スター・ウォーズ』新シリーズの情報まで先週の注目トピックをおさらい

ラフ・シモンズが Prada の共同クリエティブディレクターに就任
ファッション

ラフ・シモンズが Prada の共同クリエティブディレクターに就任

ラフのデビューコレクションは2021年春夏シーズン

Raf Simons × Dr. Martens のコラボによる8ホールブーツが発売
フットウエア

Raf Simons × Dr. Martens のコラボによる8ホールブーツが発売

永遠の定番1460をラフ・シモンズらしいパンクテイストにアレンジした1足は2月22日(土)よりリリース

Load More
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

アドブロックが検出されました

読者ではなく広告主が請求対象となります。我々のコンテンツにご満足いただいている場合は、アドブロッカーのホワイトリストに追加をお願いいたします