KITH

ニューヨークを拠点とするKITH(キス)は、スニーカーデザイナーのRonnie Fieg(ロニー・ファイグ)が2010年にオープンしたセレクトショップ。現在、ニューヨークにはマンハッタンとブルックリンの2店舗、さらにマイアミにも店舗を構えている。2012年からオリジナルアパレルも製作するKITHだが、多くのフットウェアやストリートブランドとのコラボレーションでも有名。オーナーのFieg自身が手掛けてきたスニーカーコラボレーションによってKITHの人気も高まり、引き続きPUMA(プーマ)やASICS(アシックス)、New Balance(ニュー バランス)などとのコレボレーションを展開。無論、ショップも言わずと知れた名所であり、多くの限定スニーカーを取り扱っている。ちなみに、KITHという名前はスコットランドの古い言葉、“友人や家族”という意味を持つ“kith”や“kin”に由来しているそう。KITHのモットーは“Just Us(俺たちだけ)”で、NFLプレイヤーのVictor Cruz.(ビクター・クルーズ)などを含めたFiegの仲間たちを意味するフレーズでもある。2015年にはKITHから派生したシリアルバー、KITH Treatsをスタート。先日、日本にもKITH Treats Tokyoがオープン。

KITH 2021年 Spring 2 コレクション
ファッション

KITH 2021年 Spring 2 コレクション

春の終わりから夏への移行期のメンズウェアコレクション “Spring 2”では、花柄のアートワークに3Dの『KITH』スクリプトロゴを刻印したパターンやモロッコのタイルをモチーフにした新柄を採用したピースなどがラインアップ

ロニー・ファイグによる Clarks Originals の新ライン “8th St” の発売情報が解禁
フットウエア

ロニー・ファイグによる Clarks Originals の新ライン “8th St” の発売情報が解禁

初回リリースでは2モデルがラインアップ

KITH 率いるロニー・ファイグが Clarks ORIGINALS と共にフットウェアライン “8th Street” をローンチ
フットウエア

KITH 率いるロニー・ファイグが Clarks ORIGINALS と共にフットウェアライン “8th Street” をローンチ

LockhillとSandfordという2つの新作モデルが来月リリースされるとのこと

見逃したくない今週のリリースアイテム 6 選
ファッション 

見逃したくない今週のリリースアイテム 6 選

〈Supreme〉x〈THE NORTH FACE〉や〈Maison Margiela〉x〈Reebok〉Club Cなど今週の注目ドロップをおさらい

KITH がブランド創立10周年を記念した G-SHOCK とのコラボウォッチを発売
ファッション

KITH がブランド創立10周年を記念した G-SHOCK とのコラボウォッチを発売

虹色に輝くメタル製フレームを採用した10周年を祝すスペシャル仕様


KITH がパリに6番目となる旗艦店をオープン
ファッション

KITH がパリに6番目となる旗艦店をオープン

シグネチャーのカスタムアートにはAir Max 1をチョイス

見逃したくない今週のリリースアイテム 6 選
ファッション 

見逃したくない今週のリリースアイテム 6 選

〈READYMADE〉x〈Nike〉Blazer Midから〈AURALEE〉初となるサングラスまで今週の注目ドロップをおさらい

待望の KITH x Nike Air Force 1 Low “Paris” のリリース情報が解禁
フットウエア

待望の KITH x Nike Air Force 1 Low “Paris” のリリース情報が解禁

日本在住の方が手に入れるのは困難を極める……

KITH 2021年春コレクション
ファッション

KITH 2021年春コレクション

ペイズリー、フローラル、モロッカンの3つの柄を軸としたアパレル、〈BIRKENSTOCK〉とのコラボフットウェアなどが登場する最新コレクションは、2月19日(金)よりデリバリーがスタート

KITH x Nike Air Force 1 Low “Paris” のオフィシャルイメージが解禁
フットウエア

KITH x Nike Air Force 1 Low “Paris” のオフィシャルイメージが解禁

2021年内のオープンが噂される『KITH PARIS』にあわせてリリース?

Load More
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

広告ブロックツールを使用されているようです

読者に無料で提供する代わりに広告収入を得ています。このサイトをホワイトリストに追加していただけると幸いです

ホワイトリストに追加

ホワイトリストへの追加方法

screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlockのアイコンをクリック
  2. Pause on this site”の下にある“Always”をクリック.
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlock Plusのアイコンをクリック
  2. Block ads on – This website”のスイッチをオフにするとブルーからグレーに切り替わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlocker Ultimateのアイコンをクリック
  2. スイッチをオフにして“Enabled on this site”から“Disabled on this site”に切り替える
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるGhosteryのアイコンをクリック
  2. 下の“Ad-Blocking”ボタンをクリックすると、色がグレーに変化して上のテキストが“ON”から“OFF”に変わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるUBlock Originのアイコンをクリック
  2. トップにあるブルーの電源アイコンをクリック
  3. 色がグレーに変わったら、横に出る更新アイコンをクリックするか下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにある広告ブロックツールのアイコンをクリック
  2. 閲覧中のサイトで広告ブロックツールを無効にするための手順に従ってください
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続