en-US HYPEBEAST Latest articles https://hbx.com/bundles/hypebeasteditorial/images/hypebeast-logo.svg?1493172514 HYPEBEAST https://hypebeast.com/jp Wed, 26 Apr 2017 04:45:55 +0000 Zend_Feed_Writer 2 (http://framework.zend.com) https://hypebeast.com/jp 今週末発売の見逃せないスニーカーリスト

かつて、〈Nike〉や〈adidas〉をはじめとするスニーカーブランドたちは、月に1回〜2回ペースで人気商品をリリースしスニーカヘッズたちの高まる鼓動を煽っていたが、最近では、1週間に何足もの新作をリリースするのが定番となっている。もうどのモデルを買っていいのかわからない、実は欲しかったモデルの発売を見落としていたという経験がある皆さんも多いはず。ということで、『HYPEBEAST』は今週木曜日から土曜日にかけて発売される注目スニーカーをリストアップ。手に入れるべき一足を見つけてみてほしい(日本での発売情報未確認のアイテムも含まれるので悪しからず)。 Supreme x Nike Air More Uptempo "Suptempo" Pack 発売日: 4月29日(土)(ヨーロッパ、アメリカでは4月27日) 発売価格: 未発表 ・Supreme店頭およびオンラインストア にて 〈Supreme(シュプリーム)〉と〈Nike〉による2017年春夏の大注目コラボレーション。インパクトの強いAir More Uptempoが3つのカラーウェイで登場する。混乱と転売業者対策のため、ヨーロッパ、アメリカでは異例のオンラインのみでの発売で、店頭リリースはナシ。間違いなく今季一番の人気シルエットとなりそうだ。日本の皆さんはいつもどおりキャンプアウトのご準備を。 wings+horns x adidas Originals Pack 発売日: 4月27日(北米時間) 発売価格: Campus 80:150ドル、NMD_R2:190ドル ・adidas.comにて カナダのブランド〈wings+horns(ウィングスアンドホーンズ)〉と〈adidas Originals(アディダスオリジナルス)〉によるコラボレーションパックはNMD_R2とCampus 80で登場。NMD_R2はライトグレーとユニークなブラック、Campus 80はネイビーとグレーで展開される。こちらの日本での発売情報は残念ながら現在未確認だ。 Nike Air VaporMax "Asphalt" 発売日: 4月27日(木)9:00 発売価格: 21,600円 ・SNKRS にて 〈Nike〉の最新エアシステム搭載のAir VaporMaxの新たなカラーウェイ“Asphalt”。アスファルトカラーにホワイトのスウッシュが合わさったアッパーが、青みがかったクリアなソールに合わせられた涼しげな次世代モデル。 Nike Air Sock Racer Ultra Flyknit 発売日: 4月27日(木)9:00 発売価格: 14,040円 ・SNKRSにて こちらも〈Nike〉よりリリースのAir Sock Racer。Flyknitを使用したシルエットは、“Bright Melon”、“Weirdly Original”、“Black & Grey”、“Anthracite”の4色(ウィメンズは“RACER PINK”も登場。U.S.は“Anthracite”ではなく“Olive Flak”)が展開される。ソック仕様のランニングモデルが軽量のUltraソールにアップデートされたシルエットだ。 adidas EQT Support "Black Pack" 発売日: 4月28日(北米時間) 発売価格: 110〜160ドル ・U.S.adidas.com と一部取扱店にて EQT Supportファミリーの4つのモデルが、2トーンの“Black Pack”として登場。93/17 BOOST、ADV、Ultra、そして’93はすべて、ブラックを基調に白いミッドソールと組み合わさりリリースされるのだが、こちらも日本での発売情報は明らかになっていない。 Nike KD9 Elite "Multicolor" 発売日:4月28日(北米時間) 発売価格: 150ドル ・U.S.nike.comにて NBAプレーヤーKevin Durant(ケヴィン・デュラント)のシグネチャーモデルがマルチカラーで登場。トゥボックスが明るいFlyknitで覆われ、その他のパーツはマットブラックの仕上がり。コートの上でも目立ちそうな新色だ。(国内リリース情報未確認) Nike Air Shake NDestrukt "Wild Style" Pack 発売日: 4月28日(北米時間) 発売価格: 140ドル ・U.S.SNKRSにて 往年のバスケットボール選手Dennis Rodman(デニス・ロッドマン)が、シカゴブルズの2度目のスリーピート時に履いていたことでその名が知られるようになった〈Nike〉のAir Shake NDestrukt。OGブルズカラーウェイでカムバックとなる。(国内リリース情報未確認) Kanye West x adidas Originals YEEZY BOOST 350 V2 "Cream White" 発売日: 4月29日(北米時間) 発売価格: 220ドル ・adidas.comまたは一部取扱店にて。『HBX』ではこちらより購入抽選を開催予定 YEEZY BOOST 350 V2 の新色も、とうとう今週末に発売となりそうだ。このうえなくクリーンな"Cream White”カラーウェイは、履いたら白く保つのがものすごく難しいこと間違いなしだが、手に入れたいファンは多いはず。今回も各国同時発売が予想されるが、国内での詳細な発売情報にも引き続きアンテナを張っておこう。 Nike Air Jordan 7 "University Blue" 発売日: 4月29日(土)9:00 R発売価格: 22,680円 ・SNKRS にて 別名”Pantone”とも呼ばれるというこのカラーウェイ。Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)の母校である、ノースカロライナ大学のスポーツチームの総称TarHeels(ターヒールズ)の共通カラーであるブルーは、一般でも広くターヒールブルーとして知られている。そのターヒールブルーを彷彿とさせるデザインで登場するレトロシルエットをお見逃しなく。 Nike Air Jordan 31 "Why Not?" 発売日: 4月29日(北米時間) 発売価格: 185ドル ・U.S.SNKRSにて プレーオフのファーストラウンドでは揮わなかったオクラホマシティ・サンダーだが、Russell Westbrook(ラッセル・ウェストブルック)のトリプルダブル快進撃はNBAファンをしびれさせたに違いない。そんなOKCカラーを取り入れたAJ31も、全米では今週末発売。Jordanのセメントプリントと組み合わさった一足だ。(国内リリース情報未確認)

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Wed, 26 Apr 2017 04:35:58 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/sneaker-release-4-28-weekend http://jp.hypebeast.com/?post=156570 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

かつて、〈Nike〉や〈adidas〉をはじめとするスニーカーブランドたちは、月に1回〜2回ペースで人気商品をリリースしスニーカヘッズたちの高まる鼓動を煽っていたが、最近では、1週間に何足もの新作をリリースするのが定番となっている。もうどのモデルを買っていいのかわからない、実は欲しかったモデルの発売を見落としていたという経験がある皆さんも多いはず。ということで、『HYPEBEAST』は今週木曜日から土曜日にかけて発売される注目スニーカーをリストアップ。手に入れるべき一足を見つけてみてほしい(日本での発売情報未確認のアイテムも含まれるので悪しからず)。

Supreme x Nike Air More Uptempo "Suptempo" Pack



発売日: 4月29日(土)(ヨーロッパ、アメリカでは4月27日)
発売価格: 未発表 ・Supreme店頭およびオンラインストア にて

〈Supreme(シュプリーム)〉と〈Nike〉による2017年春夏の大注目コラボレーション。インパクトの強いAir More Uptempoが3つのカラーウェイで登場する。混乱と転売業者対策のため、ヨーロッパ、アメリカでは異例のオンラインのみでの発売で、店頭リリースはナシ。間違いなく今季一番の人気シルエットとなりそうだ。日本の皆さんはいつもどおりキャンプアウトのご準備を。

wings+horns x adidas Originals Pack




発売日: 4月27日(北米時間)
発売価格: Campus 80:150ドル、NMD_R2:190ドル ・adidas.comにて

カナダのブランド〈wings+horns(ウィングスアンドホーンズ)〉と〈adidas Originals(アディダスオリジナルス)〉によるコラボレーションパックはNMD_R2とCampus 80で登場。NMD_R2はライトグレーとユニークなブラック、Campus 80はネイビーとグレーで展開される。こちらの日本での発売情報は残念ながら現在未確認だ。

Nike Air VaporMax "Asphalt"

発売日: 4月27日(木)9:00
発売価格: 21,600円 ・SNKRS にて

〈Nike〉の最新エアシステム搭載のAir VaporMaxの新たなカラーウェイ“Asphalt”。アスファルトカラーにホワイトのスウッシュが合わさったアッパーが、青みがかったクリアなソールに合わせられた涼しげな次世代モデル。

Nike Air Sock Racer Ultra Flyknit




発売日: 4月27日(木)9:00
発売価格: 14,040円 ・SNKRSにて

こちらも〈Nike〉よりリリースのAir Sock Racer。Flyknitを使用したシルエットは、“Bright Melon”、“Weirdly Original”、“Black & Grey”、“Anthracite”の4色(ウィメンズは“RACER PINK”も登場。U.S.は“Anthracite”ではなく“Olive Flak”)が展開される。ソック仕様のランニングモデルが軽量のUltraソールにアップデートされたシルエットだ。

adidas EQT Support "Black Pack"




発売日: 4月28日(北米時間)
発売価格: 110〜160ドル ・U.S.adidas.com と一部取扱店にて

EQT Supportファミリーの4つのモデルが、2トーンの“Black Pack”として登場。93/17 BOOST、ADV、Ultra、そして’93はすべて、ブラックを基調に白いミッドソールと組み合わさりリリースされるのだが、こちらも日本での発売情報は明らかになっていない。

Nike KD9 Elite "Multicolor"

発売日:4月28日(北米時間)
発売価格: 150ドル ・U.S.nike.comにて

NBAプレーヤーKevin Durant(ケヴィン・デュラント)のシグネチャーモデルがマルチカラーで登場。トゥボックスが明るいFlyknitで覆われ、その他のパーツはマットブラックの仕上がり。コートの上でも目立ちそうな新色だ。(国内リリース情報未確認)

Nike Air Shake NDestrukt "Wild Style" Pack


発売日: 4月28日(北米時間)
発売価格: 140ドル ・U.S.SNKRSにて

往年のバスケットボール選手Dennis Rodman(デニス・ロッドマン)が、シカゴブルズの2度目のスリーピート時に履いていたことでその名が知られるようになった〈Nike〉のAir Shake NDestrukt。OGブルズカラーウェイでカムバックとなる。(国内リリース情報未確認)

Kanye West x adidas Originals YEEZY BOOST 350 V2 "Cream White"

発売日: 4月29日(北米時間)
発売価格: 220ドル ・adidas.comまたは一部取扱店にて。『HBX』ではこちらより購入抽選を開催予定

YEEZY BOOST 350 V2 の新色も、とうとう今週末に発売となりそうだ。このうえなくクリーンな"Cream White”カラーウェイは、履いたら白く保つのがものすごく難しいこと間違いなしだが、手に入れたいファンは多いはず。今回も各国同時発売が予想されるが、国内での詳細な発売情報にも引き続きアンテナを張っておこう。

Nike Air Jordan 7 "University Blue"

発売日: 4月29日(土)9:00
R発売価格: 22,680円 ・SNKRS にて

別名”Pantone”とも呼ばれるというこのカラーウェイ。Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)の母校である、ノースカロライナ大学のスポーツチームの総称TarHeels(ターヒールズ)の共通カラーであるブルーは、一般でも広くターヒールブルーとして知られている。そのターヒールブルーを彷彿とさせるデザインで登場するレトロシルエットをお見逃しなく。

Nike Air Jordan 31 "Why Not?"

発売日: 4月29日(北米時間)
発売価格: 185ドル ・U.S.SNKRSにて

プレーオフのファーストラウンドでは揮わなかったオクラホマシティ・サンダーだが、Russell Westbrook(ラッセル・ウェストブルック)のトリプルダブル快進撃はNBAファンをしびれさせたに違いない。そんなOKCカラーを取り入れたAJ31も、全米では今週末発売。Jordanのセメントプリントと組み合わさった一足だ。(国内リリース情報未確認)

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
KAWS x Peanuts x Uniqlo UT がパリの名店『colette』でも発売

〈Uniqlo(ユニクロ)〉よりリリースが待望されているKAWS(カウズ)x『Peanuts(ピーナッツ)』x〈UT〉のコラボレーションが明後日、遂にローンチを迎える。そのトリプルネームのアイテムはなんと、〈Uniqlo〉やブランドのオンラインストアのみならず、パリを代表するセレクトショップ『colette』でも発売されるとのこと。コレクションの一部のみの販売なのか、全てを販売するのかは定かでないが、〈Uniqlo〉のアイテムが〈Uniqlo〉以外のアカウントで取り扱われるのはかなり特例と言えるだろう。 そんなKAWS(カウズ)x『Peanuts(ピーナッツ)』x〈UT〉は、4月28日(金)より発売開始。ラインアップや国内での販売店舗などについては、〈Uniqlo〉のオフィシャルサイトをチェック。 With the help of #Kaws, Joe Cool just got cooler. @uniqlo_fr x @kaws #UTxKAWSandPeanuts collection from Friday at #colette #uniqlo_fr A post shared by colette (@colette) on Apr 25, 2017 at 7:44am PDT

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Wed, 26 Apr 2017 03:47:04 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/kaws-peanuts-uniqlo-ut-colette http://jp.hypebeast.com/?post=156644 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

Uniqlo(ユニクロ)〉よりリリースが待望されているKAWS(カウズ)x『Peanuts(ピーナッツ)』x〈UT〉のコラボレーションが明後日、遂にローンチを迎える。そのトリプルネームのアイテムはなんと、〈Uniqlo〉やブランドのオンラインストアのみならず、パリを代表するセレクトショップ『colette』でも発売されるとのこと。コレクションの一部のみの販売なのか、全てを販売するのかは定かでないが、〈Uniqlo〉のアイテムが〈Uniqlo〉以外のアカウントで取り扱われるのはかなり特例と言えるだろう。

そんなKAWS(カウズ)x『Peanuts(ピーナッツ)』x〈UT〉は、4月28日(金)より発売開始。ラインアップや国内での販売店舗などについては、〈Uniqlo〉のオフィシャルサイトをチェック。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
PALACE が2017年夏コレクションのティーザー画像&ビデオを公開

イギリス・ロンドン発のスケートカンパニー〈PALACE(パレス)〉が、Instagramにて2017年夏コレクションのティーザー画像&ビデオを公開。1つ目の画像にはまるでマフィア映画に登場してきそうな雰囲気の重厚なゴールドのシグネットリングが写され、二つ目の画像からはデニムジャケットやキャッチーなパターンが配されたシャツやジャケットをBlondey McCoy(ブロンディ・マッコイ)が身に着けたルックの一部と思われるビジュアルが確認できる。また、ティーザービデオの終盤にはそのローンチ日を示すと思われる“05.05.17”の数字が登場。 まだ詳細なアイテムのラインアップやルック画像などは明らかになっていないので、引き続きブランドからの情報のアップデートを待とう。 ? •SUMMER 17 •SAINT GEORGE •MIT DAS P •NEW SOLID GOLD COMETH •CAME UP THROUGH •THE DIRT •LIKE A PARSNIP PALACEさん(@palaceskateboards)がシェアした投稿 - 2017 4月 23 1:05午後 PDT ? •SUMMER 17 •SOON COME •CAME IN A BLACK BENZ •LEFT IN A WHITE ONE PALACEさん(@palaceskateboards)がシェアした投稿 - 2017 4月 25 4:58午前 PDT ? •05-05-17 •DAS PEA MONSTER COMETH •BE READY •ICH BIN A MWAD ONE PALACEさん(@palaceskateboards)がシェアした投稿 - 2017 4月 25 9:02午前 PDT

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Wed, 26 Apr 2017 03:38:46 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/palace-2017-summer-collection-release-date-teaser http://jp.hypebeast.com/?post=156640 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

イギリス・ロンドン発のスケートカンパニー〈PALACE(パレス)〉が、Instagramにて2017年夏コレクションのティーザー画像&ビデオを公開。1つ目の画像にはまるでマフィア映画に登場してきそうな雰囲気の重厚なゴールドのシグネットリングが写され、二つ目の画像からはデニムジャケットやキャッチーなパターンが配されたシャツやジャケットをBlondey McCoy(ブロンディ・マッコイ)が身に着けたルックの一部と思われるビジュアルが確認できる。また、ティーザービデオの終盤にはそのローンチ日を示すと思われる“05.05.17”の数字が登場。

まだ詳細なアイテムのラインアップやルック画像などは明らかになっていないので、引き続きブランドからの情報のアップデートを待とう。

? •SUMMER 17 •SAINT GEORGE •MIT DAS P •NEW SOLID GOLD COMETH •CAME UP THROUGH •THE DIRT •LIKE A PARSNIP

PALACEさん(@palaceskateboards)がシェアした投稿 -

? •SUMMER 17 •SOON COME •CAME IN A BLACK BENZ •LEFT IN A WHITE ONE

PALACEさん(@palaceskateboards)がシェアした投稿 -

? •05-05-17 •DAS PEA MONSTER COMETH •BE READY •ICH BIN A MWAD ONE

PALACEさん(@palaceskateboards)がシェアした投稿 -

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
G-DRAGON 2017年ワールドツアーを発表

KPOPスターであり、スタイルアイコンとしても世界から注目されるBIGBANG(ビッグバン)のリーダー、G-DRAGON(ジードラゴン)が2017年にワールドツアーを開催すると発表した。4年ぶりとなるソロツアーは6月の韓国を皮切りに北米、中国、オーストラリア、シンガポール、タイ、ニュージーランド、そして日本の8カ国で行われる。シカゴの『United Center』、ブルックリンの『Barclays Center』、そして『東京ドーム』など、世界的に有名なアーティストたちが使用する会場で開催されるということで、大いに期待されていることが分かる。日本は8月19日(土)に福岡の『福岡ヤフオクドーム』、8月22日(火)と23日(水)に大阪の『京セラドーム』、9月19日(火)と20日(水)に東京の『東京ドーム』にて開催予定だ。 G-DRAGONによる2017年ワールドツアーの日程は下記からチェックしよう。 G-Dragon – 2017 World Tour 06-10 ソウル、韓国 – World Cup Stadium 06-17 マカオ、中国 – Cotai Arena 06-24 シンガポール、シンガポール – Singapore Indoor Stadium 06-25 シンガポール、シンガポール – Singapore Indoor Stadium 07-07 バンコク、タイ – Impact Arena 07-08 バンコク、タイ – Impact Arena 07-11 シアトル、WA – Key Arena 07-14 サンホセ、CA – SAP Center 07-16 ロサンゼルス、CA – The Forum 07-19 ヒューストン、TX – Toyota Center 07-21 シカゴ、IL – United Center 07-25 マイアミ、FL – American Airlines Arena 07-27 ブルックリン、NY – Barclays Center 07-30 トロント、オンタリオ – Air Canada Centre 08-05 シドニー、オーストラリア – Qudos Bank Arena 08-08 ブリスベン、オーストラリア – Entertainment Centre 08-12 メルボルン、オーストラリア – Hisense Arena 08-16 オークランド、ニュージーランド – Spark Arena 08-19 福岡、日本 – 福岡ヤフオクドーム 08-22 大阪、日本 – 京セラドーム 08-23 大阪、日本 – 京セラドーム 09-19 東京、日本 – 東京ドーム 09-20 東京、日本 – 東京ドーム

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Wed, 26 Apr 2017 03:33:55 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/g-dragon-2017-world-tour-dates http://jp.hypebeast.com/?post=156634 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

KPOPスターであり、スタイルアイコンとしても世界から注目されるBIGBANG(ビッグバン)のリーダー、G-DRAGON(ジードラゴン)が2017年にワールドツアーを開催すると発表した。4年ぶりとなるソロツアーは6月の韓国を皮切りに北米、中国、オーストラリア、シンガポール、タイ、ニュージーランド、そして日本の8カ国で行われる。シカゴの『United Center』、ブルックリンの『Barclays Center』、そして『東京ドーム』など、世界的に有名なアーティストたちが使用する会場で開催されるということで、大いに期待されていることが分かる。日本は8月19日(土)に福岡の『福岡ヤフオクドーム』、8月22日(火)と23日(水)に大阪の『京セラドーム』、9月19日(火)と20日(水)に東京の『東京ドーム』にて開催予定だ。

G-DRAGONによる2017年ワールドツアーの日程は下記からチェックしよう。

G-Dragon – 2017 World Tour
06-10 ソウル、韓国 – World Cup Stadium
06-17 マカオ、中国 – Cotai Arena
06-24 シンガポール、シンガポール – Singapore Indoor Stadium
06-25 シンガポール、シンガポール – Singapore Indoor Stadium
07-07 バンコク、タイ – Impact Arena
07-08 バンコク、タイ – Impact Arena
07-11 シアトル、WA – Key Arena
07-14 サンホセ、CA – SAP Center
07-16 ロサンゼルス、CA – The Forum
07-19 ヒューストン、TX – Toyota Center
07-21 シカゴ、IL – United Center
07-25 マイアミ、FL – American Airlines Arena
07-27 ブルックリン、NY – Barclays Center
07-30 トロント、オンタリオ – Air Canada Centre
08-05 シドニー、オーストラリア – Qudos Bank Arena
08-08 ブリスベン、オーストラリア – Entertainment Centre
08-12 メルボルン、オーストラリア – Hisense Arena
08-16 オークランド、ニュージーランド – Spark Arena
08-19 福岡、日本 – 福岡ヤフオクドーム
08-22 大阪、日本 – 京セラドーム
08-23 大阪、日本 – 京セラドーム
09-19 東京、日本 – 東京ドーム
09-20 東京、日本 – 東京ドーム

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
『スターウォーズ:エピソード9』や『インディアナ・ジョーンズ 5』など、Disney による注目作品の公開日が発表に

本日、「Disney」と「Lucasfilm」による注目作品の劇場公開予定日が発表された。まずは「Lucasfilm」による大人気シリーズの続編『スターウォーズ:エピソード9』は2019年5月24日、また『インディアナ・ジョーンズ』の第5弾は約12年ぶりとなる2020年7月10日に公開予定となる。『スターウォーズ』の公式サイトによると、今作もSteven Speilberg(スティーブン・スピルバーグ)が監督を務め、Harrison Ford(ハリソン・フォード)が再び主演を務めるという。また社会現象を起こしたアニメーション作品『Frozen』の第2弾は2019年11月27日と発表され、John Favreau(ジョン・ファヴロー)監督がフルCGIでリメイクする『ライオンキング』は2019年7月19日に劇場公開される。上記の日にちを早速メモしておいたほうがよさそうだ。 #StarWars: #EpisodeIX and Next #IndianaJones Get Release Dates. More details via link in bio. A post shared by Star Wars (@starwars) on Apr 25, 2017 at 11:08am PDT @DisneyAnimation's Frozen 2 is coming to theatres November 27, 2019! ❄️ A post shared by Disney (@disney) on Apr 25, 2017 at 11:19am PDT ??! A post shared by Jon Favreau (@jonfavreau) on Apr 25, 2017 at 10:59am PDT

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Wed, 26 Apr 2017 02:59:40 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/star-wars-episode-9-indiana-jones-5-official-release-dates http://jp.hypebeast.com/?post=156623 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

本日、「Disney」と「Lucasfilm」による注目作品の劇場公開予定日が発表された。まずは「Lucasfilm」による大人気シリーズの続編『スターウォーズ:エピソード9』は2019年5月24日、また『インディアナ・ジョーンズ』の第5弾は約12年ぶりとなる2020年7月10日に公開予定となる。『スターウォーズ』の公式サイトによると、今作もSteven Speilberg(スティーブン・スピルバーグ)が監督を務め、Harrison Ford(ハリソン・フォード)が再び主演を務めるという。また社会現象を起こしたアニメーション作品『Frozen』の第2弾は2019年11月27日と発表され、John Favreau(ジョン・ファヴロー)監督がフルCGIでリメイクする『ライオンキング』は2019年7月19日に劇場公開される。上記の日にちを早速メモしておいたほうがよさそうだ。

#StarWars: #EpisodeIX and Next #IndianaJones Get Release Dates. More details via link in bio.

A post shared by Star Wars (@starwars) on

@DisneyAnimation's Frozen 2 is coming to theatres November 27, 2019! ❄️

A post shared by Disney (@disney) on

??!

A post shared by Jon Favreau (@jonfavreau) on

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
Dime MTL の2017年春夏コレクションが遂にローンチ

ティーザーの公開、オンラインのオープンアナウンスに続き、遂に世界が注目するモントリオールのインディペンデントスケートカンパニー〈Dime(ダイム)〉の2017年春夏コレクションがローンチした。今季はティーザーに登場したフーディと同じく、ポップなグラフィックを配したアイテムが多数ラインアップ。また、フーディ、スウェットシャツ、ハーフジップのプルオーバー、ポロシャツ、Tシャツなど、某ラグジュアリーハウスをオマージュした〈Dime〉のブランドロゴ入りのアイテムは無駄のないシンプルな仕上がりとなっている。ラインアップは上のフォトギャラリーにあるとおり。すでにソールドアウトしたものもあり、最新コレクションも言わずもがな完売必至なので、気になる方は今すぐ『dimemtl.com』へアクセスしよう。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Wed, 26 Apr 2017 02:58:47 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/dime-mtl-2017-spring-summer-collection http://jp.hypebeast.com/?post=156571 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

ティーザーの公開オンラインのオープンアナウンスに続き、遂に世界が注目するモントリオールのインディペンデントスケートカンパニー〈Dime(ダイム)〉の2017年春夏コレクションがローンチした。今季はティーザーに登場したフーディと同じく、ポップなグラフィックを配したアイテムが多数ラインアップ。また、フーディ、スウェットシャツ、ハーフジップのプルオーバー、ポロシャツ、Tシャツなど、某ラグジュアリーハウスをオマージュした〈Dime〉のブランドロゴ入りのアイテムは無駄のないシンプルな仕上がりとなっている。ラインアップは上のフォトギャラリーにあるとおり。すでにソールドアウトしたものもあり、最新コレクションも言わずもがな完売必至なので、気になる方は今すぐ『dimemtl.com』へアクセスしよう。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
ケープタウンの森を一望できる Malan Vorster のツリーハウス

ケープタウンを拠点とする「Malan Vorster」がデザインしたツリーハウスは、4本の円柱で構成された隠れ家のような空間だ。この住居は、ワインが有名でナポレオンも愛した南アフリカの都市・コンスタンシアから少し離れて暮らしたいというオーナーの要望のもと誕生し、周囲は高い木々で覆わているが、背の高い窓の先には大自然が広がっている。一見複雑な構造に見えるが、室内は中央に螺旋階段を配置して各タワー/フロアにアクセスできるような仕組みに。1階はメインリビング、そして階段をあがると絶景を一望できる寝室やバスルーム、テラスへと続いていく。遊び心がありながらも、空間を巧みに活かした建築好き垂涎のツリーハウスの内観/外観は、上のフォトギャラリーをチェック。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Wed, 26 Apr 2017 02:38:20 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/malan-vorster-treehouse http://jp.hypebeast.com/?post=156533 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

ケープタウンを拠点とする「Malan Vorster」がデザインしたツリーハウスは、4本の円柱で構成された隠れ家のような空間だ。この住居は、ワインが有名でナポレオンも愛した南アフリカの都市・コンスタンシアから少し離れて暮らしたいというオーナーの要望のもと誕生し、周囲は高い木々で覆わているが、背の高い窓の先には大自然が広がっている。一見複雑な構造に見えるが、室内は中央に螺旋階段を配置して各タワー/フロアにアクセスできるような仕組みに。1階はメインリビング、そして階段をあがると絶景を一望できる寝室やバスルーム、テラスへと続いていく。遊び心がありながらも、空間を巧みに活かした建築好き垂涎のツリーハウスの内観/外観は、上のフォトギャラリーをチェック。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
Maison Margiela モダニティあふれる高級ランニングシューズに新色登場

今年はじめに発売を開始した〈Maison Margiela(メゾン マルジェラ)〉による高級ランニングシューズに新色が2種類登場した。前回はクールなブラックと色鮮やかなネオンイエローが登場したが、今回展開されたのは爽やかなホワイトと大胆なレッド。シルエットは前回と同様、ソックスタイプの履き口であったり、〈Nike(ナイキ)〉によるFreeソールのようなアウトソールが用いられランニングシューズとしての機能性は兼ね備えつつも、アッパー部分をペイントのひび割れのようなクラッキング加工で仕上げるなど〈Maison Margiela〉らしいコンテンポラリーなテイストを落とし込んだモダニティあふれる逸足となる。 現在、『Très Bien』や『Farfetch』などのリテーラーにて発売中だ。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Wed, 26 Apr 2017 02:41:38 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/maison-margiela-painted-sneakers-red-and-white http://jp.hypebeast.com/?post=156512 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

今年はじめに発売を開始した〈Maison Margiela(メゾン マルジェラ)〉による高級ランニングシューズに新色が2種類登場した。前回はクールなブラック色鮮やかなネオンイエローが登場したが、今回展開されたのは爽やかなホワイトと大胆なレッド。シルエットは前回と同様、ソックスタイプの履き口であったり、〈Nike(ナイキ)〉によるFreeソールのようなアウトソールが用いられランニングシューズとしての機能性は兼ね備えつつも、アッパー部分をペイントのひび割れのようなクラッキング加工で仕上げるなど〈Maison Margiela〉らしいコンテンポラリーなテイストを落とし込んだモダニティあふれる逸足となる。

現在、『Très Bien』や『Farfetch』などのリテーラーにて発売中だ。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
LVMH グループが Dior を買収、完全子会社化へ

数多くのラグジュアリーブランドをその傘下に抱えるファション界最大手企業「LVMH」グループが、〈Dior(ディオール)〉を展開する「Christian Dior Couture(クリスチャン ディオール クチュール)」を買収、完全子会社化してその傘下に迎える計画を発表した。 「LVMH」グループを実質的に支配するArnault(アルノー)一族は、これまでも「Christian Dior Couture」の74%を出資していたが、今回未保有株であった残り分を約121億ユーロ(約1兆4500億円)で取得。これによって〈Dior〉の服飾部門が「LVMH」グループのファッション&皮革製品事業部門に属することになり、「LVMH」グループは既に〈Dior〉の香水やコスメを展開する「Parfums Christian Dior」をその傘下にかかえていたため、今回の完全子会社化で「LVMH」は〈Dior〉の製品をまとめて扱えるようになった。 「LVMH」グループを率いるBernard Arnault(ベルナール・アルノー)は、今回の〈Dior〉の完全子会社化について「今回のDiorと我々との取引は、長らくマーケットが望んでいた組織の簡略化を実現するものであり、我々のファッション&皮革製品事業部門をより確固たるものにするものとなる。」とのコメントを残している。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Wed, 26 Apr 2017 01:19:35 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/lvmh-buys-christian-dior-13-billion-usd http://jp.hypebeast.com/?post=156562 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

数多くのラグジュアリーブランドをその傘下に抱えるファション界最大手企業「LVMH」グループが、〈Dior(ディオール)〉を展開する「Christian Dior Couture(クリスチャン ディオール クチュール)」を買収、完全子会社化してその傘下に迎える計画を発表した。

「LVMH」グループを実質的に支配するArnault(アルノー)一族は、これまでも「Christian Dior Couture」の74%を出資していたが、今回未保有株であった残り分を約121億ユーロ(約1兆4500億円)で取得。これによって〈Dior〉の服飾部門が「LVMH」グループのファッション&皮革製品事業部門に属することになり、「LVMH」グループは既に〈Dior〉の香水やコスメを展開する「Parfums Christian Dior」をその傘下にかかえていたため、今回の完全子会社化で「LVMH」は〈Dior〉の製品をまとめて扱えるようになった。

「LVMH」グループを率いるBernard Arnault(ベルナール・アルノー)は、今回の〈Dior〉の完全子会社化について「今回のDiorと我々との取引は、長らくマーケットが望んでいた組織の簡略化を実現するものであり、我々のファッション&皮革製品事業部門をより確固たるものにするものとなる。」とのコメントを残している。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
実は Gucci Mane のために作られていた Kendrick Lamar のヒット曲

Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)が3月にリリースした“HUMBLE.”は、Billboard Hot 100で彼の初ナンバー1リードシングルとして記録され、アルバム『DAMN.』のリードシングルとしても収録されているトラックだ。しかしこの曲のプロデューサーMike WiLL Made It(マイク・ウィル・メイド・イット)は『NPR』のインタビューにて、このK-Dotのヒット曲はもともとGucci Mane(グッチ・メイン)のために作ったものだということを明かした。プロダクションカンパニー「Ear Drummers」を率いるMike WiLLは『NPR』のRodney Carmichael(ロドニー・カーマイケル)に、「俺がこのビートを作ったのは(去年)Gucci Maneが刑務所から出てくるときだ。あいつを思い浮かべて作ったんだ。- あるときふと、やべえな、Gucciが帰ってくる。ラジオにあいつの曲が流れ続けるはずだ。それに相応しいにはこのビートじゃないかって思ったんだ」と話した。 しかし何らかの理由で“HUMBLE.”のビートはGuwopの元に届くことはなく、Kendrickがエクスクルーシヴに試聴することとなったようだ。「Dotにとって、この曲は今まで聞いたことのないものになると思ったよ。- NWAやDr. DreのバイブスとEminemみたいな雰囲気も持ち合わせてる曲だ。だからDotに聴かせてみようと思った。あいつはすごく気に入ってたけど、一時はこの完成した“HUMBLE.”を俺のアルバム『Ransom 2』に入れようかって話してたんだ」 結果的にKendrick Lamarのアルバムヒットを支える1曲となった“HUMBLE.”。現在『DAMN.』の全収録曲が、Billboard Hot 100の中にランクインしている(1位〜63位の中に全曲がランクイン)。『NPR』のインタビュー全文(英語)はこちらからチェック可能だ。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Wed, 26 Apr 2017 00:46:00 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/kendrick-lamar-humble-beat-mike-will-made-it-gucci-mane-npr-interview http://jp.hypebeast.com/?post=156544 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)が3月にリリースした“HUMBLE.”は、Billboard Hot 100で彼の初ナンバー1リードシングルとして記録され、アルバム『DAMN.』のリードシングルとしても収録されているトラックだ。しかしこの曲のプロデューサーMike WiLL Made It(マイク・ウィル・メイド・イット)は『NPR』のインタビューにて、このK-Dotのヒット曲はもともとGucci Mane(グッチ・メイン)のために作ったものだということを明かした。プロダクションカンパニー「Ear Drummers」を率いるMike WiLLは『NPR』のRodney Carmichael(ロドニー・カーマイケル)に、「俺がこのビートを作ったのは(去年)Gucci Maneが刑務所から出てくるときだ。あいつを思い浮かべて作ったんだ。- あるときふと、やべえな、Gucciが帰ってくる。ラジオにあいつの曲が流れ続けるはずだ。それに相応しいにはこのビートじゃないかって思ったんだ」と話した。

しかし何らかの理由で“HUMBLE.”のビートはGuwopの元に届くことはなく、Kendrickがエクスクルーシヴに試聴することとなったようだ。「Dotにとって、この曲は今まで聞いたことのないものになると思ったよ。- NWAやDr. DreのバイブスとEminemみたいな雰囲気も持ち合わせてる曲だ。だからDotに聴かせてみようと思った。あいつはすごく気に入ってたけど、一時はこの完成した“HUMBLE.”を俺のアルバム『Ransom 2』に入れようかって話してたんだ」

結果的にKendrick Lamarのアルバムヒットを支える1曲となった“HUMBLE.”。現在『DAMN.』の全収録曲が、Billboard Hot 100の中にランクインしている(1位〜63位の中に全曲がランクイン)。『NPR』のインタビュー全文(英語)はこちらからチェック可能だ。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
Girl Skateboards よりアーティストのクレイグ・アベル・チャンピオンとのコラボデッキが登場

プロスケーターのMike Carroll(マイク・キャロル)や映画監督としても名を馳せるSpike Jonze(スパイク・ジョーンズ)らが1993年に設立したスケートカンパニー「Girl Skateboards」より、プロスノーボーダー/フォトグラファー/アーティストとして活躍するCraig Abell-Champion(クレイグ・アベル・チャンピオン)とチームアップして制作されたスケートデッキやTシャツが登場。まずは上のフォトロールからその木製のオモチャのような質感で再現された「Girl」ロゴグラフィックが落とし込まれたデッキ3種類のビジュアルをチェックしてみよう。併せてCraig Abell-Champion自らが手掛けたストップモーションムービー『The Devil Hates Funambulists』もチェック。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Wed, 26 Apr 2017 00:40:02 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/craig-abell-custom-girl-skateboards http://jp.hypebeast.com/?post=156545 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

プロスケーターのMike Carroll(マイク・キャロル)や映画監督としても名を馳せるSpike Jonze(スパイク・ジョーンズ)らが1993年に設立したスケートカンパニー「Girl Skateboards」より、プロスノーボーダー/フォトグラファー/アーティストとして活躍するCraig Abell-Champion(クレイグ・アベル・チャンピオン)とチームアップして制作されたスケートデッキやTシャツが登場。まずは上のフォトロールからその木製のオモチャのような質感で再現された「Girl」ロゴグラフィックが落とし込まれたデッキ3種類のビジュアルをチェックしてみよう。併せてCraig Abell-Champion自らが手掛けたストップモーションムービー『The Devil Hates Funambulists』もチェック。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
黒澤映画にインスパイアされたウェス・アンダーソンの最新作が来春公開

昨年12月、『ダージリン急行』、『ムーンライズ・キングダム』、『グランド・ブダペスト・ホテル』などの作品で知られる人気映画監督Wes Anderson(ウェス・アンダーソン)が、『Isle of Dogs』と題した新たなストップモーション映画の製作を発表。邦題が『犬ヶ島』となったこの作品は映画ポスター(以下)からもわかるように日本のエッセンスが盛り込まれており、豪華キャスト陣もBill Murray(ビル・マーレイ)、Edward Norton(エドワード・ノートン)、Scarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)、Tilda Swinton(ティルダ・スウィントン)といったハリウッドスターに並び、オノ・ヨーコ、夏木マリ、野村訓市、野田洋次郎ら日本人キャストも登場。Wes Andersonは、『Variety』に「黒澤明監督の映画作品と、Ray Harryhausen(レイ・ハリーハウゼン)のストップモーションクリスマススペシャルに多大な影響を受けた作品です」と語っている。映画は、いなくなった犬を探す旅に出た少年の物語とのこと。全米での公開日は2018年4月20日と発表された。日本でも同年春に公開される予定。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Tue, 25 Apr 2017 23:33:41 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/wes-anderson-isle-of-dogs-release-date http://jp.hypebeast.com/?post=156537 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

昨年12月、『ダージリン急行』、『ムーンライズ・キングダム』、『グランド・ブダペスト・ホテル』などの作品で知られる人気映画監督Wes Anderson(ウェス・アンダーソン)が、『Isle of Dogs』と題した新たなストップモーション映画の製作を発表。邦題が『犬ヶ島』となったこの作品は映画ポスター(以下)からもわかるように日本のエッセンスが盛り込まれており、豪華キャスト陣もBill Murray(ビル・マーレイ)、Edward Norton(エドワード・ノートン)、Scarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)、Tilda Swinton(ティルダ・スウィントン)といったハリウッドスターに並び、オノ・ヨーコ、夏木マリ、野村訓市、野田洋次郎ら日本人キャストも登場。Wes Andersonは、『Variety』に「黒澤明監督の映画作品と、Ray Harryhausen(レイ・ハリーハウゼン)のストップモーションクリスマススペシャルに多大な影響を受けた作品です」と語っている。映画は、いなくなった犬を探す旅に出た少年の物語とのこと。全米での公開日は2018年4月20日と発表された。日本でも同年春に公開される予定。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
“Suptempo” 発売前に知っておきたい Nike Air More Uptempo のざっくりとした歴史

90年代のNBAを見て育った人々なら、『チエコスポーツ』の店長のように当時の輝かしい選手陣と彼らの履いていたモデルを把握している人も少なくないだろう。レジェンドMichael Jordan(マイケル・ジョーダン)のシグネチャーモデルはもちろんだが、Charles Barkley(チャールズ・バークレー)のAir Max2 CB ’94やAir Max CB34、Penny Hardaway(アンファニー・“ペニー”・ハーダウェイ)のAir PennysとAir Foamposite One、Gary Payton(ゲイリー・ペイトン)のAir Zoom Flight ’98 “The Glove”、そして多くの選手の足元に見られた〈Nike(ナイキ)〉 Air Flightposite 1など、当時の選手同様に人気を博したバッシュたちは数多く存在するが、今回は203cmのスモールフォワード、Scottie Pippen(スコッティ・ピッペン)が、’96年のシカゴ・ブルズのチャンピオンシップゲームと、同年のオリンピックで履いていた〈Nike〉Air More Uptempoにまつわるストーリーにクローズアップしてみよう。 Photo Via: Nike Pippenは既に〈Nike〉と契約し、Air Pippen からAir Pippen Vまでのシグネチャーラインを展開していたのだが、MJのパートナーである彼がAir More Uptempoを履いたその時から、このモデルは彼の代名詞的なシューズとして認知されるようになった。そのインパクトのあるサイドのアイコニックな“AIR”の文字は、コート上での彼の活躍を支えただけでなく、〈Nike〉が『Foot Locker』と展開した広告キャンペーンの顔としてPipに着用され瞬く間に注目モデルとして知られることとなった。そしてバスケットボール以外でも忘れてはいけないAir More Uptempoの活躍は、全米で’97年に公開された映画『ジャングル・ジョージ』への“出演”。主役の俳優Brendan Fraser(ブレンダン・フレイザー)が着用し、力強くプルタブとタンを引きアフリカの大地に走っていくシーンも当時話題となった(そのシーンだけ見ると謎ばかり)。 このユニークなモデルをデザインしたWilson Smith(ウィルソン・スミス)は以前、「90年代半ばという時代は、様々なことに対してより大きく誇張するという風潮があったと思う」と話しており、確かにポップアートやグラフィティにインスピレーションを受けてデザインされたアッパーの“AIR”の文字の大胆さ、そしてヒールからトゥにかけてはしる大きな窓から見えるビジブルエアなどは、まさにAir More Uptempoがこの時代を体現するモデルであることを物語っている。またSmith氏は、「Nike Air More Uptempoは必要とされる環境の延長線上に存在するモデル。バーチカルな動きを求められるプレーヤーに、優れたクッショニングやトラクションを提供するモデルなんだ」とも話している。 Photo Via: Scottie Pippen, Nike そんな時代を反映したオリジナルのAir More Uptempo同様、現在発売が待たれる〈Supreme(シュプリーム)〉とのコラボレーションも、今のストリートシーンを反映させたデザインとなっている様子。既に“Suptempo”なるニックネームがついたこのコラボレーションモデルは、ブラックとレッドでブルズへの敬意を表すだけでなく、昨今のストリートシーンへの注目度と勢いを反映させたゴールドという絢爛豪華なカラーウェイを展開。さらに時代を反映させている興味深い事実は、転売業者の買い占め対策という異例の販売方法。アメリカとヨーロッパではこれまでのように店頭販売を行わず、オンラインでの販売のみという点だ(日本では店頭・オンライン両方で発売)。 アイコニックなカラーウェイ Photo Via: Original Sole 前述のように〈Nike〉Air More Uptempoのデザイン自体が拡大、誇張といったコンセプトのもと行われているため、これまで登場したカラーウェイも必然的に印象的なものばかり。しかし忠実なファンの皆さんにとって、最もクラシックでアイコニックなのは1996年のオリンピックカラーウェイと言っていいだろう。タイムレスなネイビーとホワイトで仕上げられたこのAir More Uptempoは、アメリカのドリームチームに参加したScottie Pippenが着用し、全米の世界制覇とともに〈Nike〉の存在感を世界中に知らしめた。 Photo Via: Sneaker Politics Black-on-blackも’96年のオリジナルカラーウェイ。当初はヒールのスウッシュもブラックだったが、上の写真でわかるとおり、のちに白いスウッシュへと変更されている。このカラーウェイもレトロなバスケットシューズのアイコン的デザインだ。自分のシグネチャーモデルではないものの、これをScottie Pippenが着用している印象はとても強く、彼のイメージと切り離すことのできないカラーウェイだ。今でもこのモデルを街で目にして振り向く人々も多いはず。 Photo Via: Packer Shoes 2016年はAir More Uptempoの20周年を記念する年であった。そしてそのアニバーサリーイヤーを飾るカラーウェイとして、ホワイト、ブラックと並び登場したのが“Gym Red” - 別名“Bulls Home”と呼ばれるカラーウェイだ。ホワイトのベースに鮮やかなレッドを組み合わせた配色は、“Suptempo”の色合いを反転させたようなイメージ。アイキャッチングな赤が主張する一足だ。 Photo Via: Renarts そしてスウッシュファンの記憶に新しいのが2017年3月に登場した“Bulls”。言うまでもなく90年代のNBAを大いに盛り上げたあのチームを彷彿とさせるカラーウェイは、オンラインでのリリース後数分で完売。もしPipが現役だったら、迷わずこのモデルを履いてコートに出てくれそうな象徴的なカラーウェイだ。 Supreme x Nike Air More Uptempo Photo Via: Supreme 発売前のモデルをクラシックと呼ぶには早すぎるが、今後このコラボモデルもアイコニックと称されるはず。レッド&ホワイト、ゴールド&ホワイト、そしてオールブラックで発売される〈Supreme〉との“Suptempo” の代名詞として、どのカラーが人気を博すのか? 以前から著名人たちの着用画像が話題のインパクトのあるゴールドか、ブルズカラーであると共に〈Supreme〉のブランドカラーを体現しているレッドか、それとも鉄板で人気のブラックか? 実際に履くファンと、保管、鑑賞するコレクターたちの間でも意見が割れそうなカラーウェイたちだが、Air More Uptempo史上に残る人気モデルとなることは間違いないさそうだ。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Tue, 25 Apr 2017 12:09:07 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/nike-air-more-uptempo-history http://jp.hypebeast.com/?post=156528 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

90年代のNBAを見て育った人々なら、『チエコスポーツ』の店長のように当時の輝かしい選手陣と彼らの履いていたモデルを把握している人も少なくないだろう。レジェンドMichael Jordan(マイケル・ジョーダン)のシグネチャーモデルはもちろんだが、Charles Barkley(チャールズ・バークレー)のAir Max2 CB ’94やAir Max CB34、Penny Hardaway(アンファニー・“ペニー”・ハーダウェイ)のAir PennysとAir Foamposite One、Gary Payton(ゲイリー・ペイトン)のAir Zoom Flight ’98 “The Glove”、そして多くの選手の足元に見られた〈Nike(ナイキ)〉 Air Flightposite 1など、当時の選手同様に人気を博したバッシュたちは数多く存在するが、今回は203cmのスモールフォワード、Scottie Pippen(スコッティ・ピッペン)が、’96年のシカゴ・ブルズのチャンピオンシップゲームと、同年のオリンピックで履いていた〈Nike〉Air More Uptempoにまつわるストーリーにクローズアップしてみよう。

Photo Via: Nike

Pippenは既に〈Nike〉と契約し、Air Pippen からAir Pippen Vまでのシグネチャーラインを展開していたのだが、MJのパートナーである彼がAir More Uptempoを履いたその時から、このモデルは彼の代名詞的なシューズとして認知されるようになった。そのインパクトのあるサイドのアイコニックな“AIR”の文字は、コート上での彼の活躍を支えただけでなく、〈Nike〉が『Foot Locker』と展開した広告キャンペーンの顔としてPipに着用され瞬く間に注目モデルとして知られることとなった。そしてバスケットボール以外でも忘れてはいけないAir More Uptempoの活躍は、全米で’97年に公開された映画『ジャングル・ジョージ』への“出演”。主役の俳優Brendan Fraser(ブレンダン・フレイザー)が着用し、力強くプルタブとタンを引きアフリカの大地に走っていくシーンも当時話題となった(そのシーンだけ見ると謎ばかり)。

このユニークなモデルをデザインしたWilson Smith(ウィルソン・スミス)は以前、「90年代半ばという時代は、様々なことに対してより大きく誇張するという風潮があったと思う」と話しており、確かにポップアートやグラフィティにインスピレーションを受けてデザインされたアッパーの“AIR”の文字の大胆さ、そしてヒールからトゥにかけてはしる大きな窓から見えるビジブルエアなどは、まさにAir More Uptempoがこの時代を体現するモデルであることを物語っている。またSmith氏は、「Nike Air More Uptempoは必要とされる環境の延長線上に存在するモデル。バーチカルな動きを求められるプレーヤーに、優れたクッショニングやトラクションを提供するモデルなんだ」とも話している。

Photo Via: Scottie Pippen, Nike

そんな時代を反映したオリジナルのAir More Uptempo同様、現在発売が待たれる〈Supreme(シュプリーム)〉とのコラボレーションも、今のストリートシーンを反映させたデザインとなっている様子。既に“Suptempo”なるニックネームがついたこのコラボレーションモデルは、ブラックとレッドでブルズへの敬意を表すだけでなく、昨今のストリートシーンへの注目度と勢いを反映させたゴールドという絢爛豪華なカラーウェイを展開。さらに時代を反映させている興味深い事実は、転売業者の買い占め対策という異例の販売方法。アメリカとヨーロッパではこれまでのように店頭販売を行わず、オンラインでの販売のみという点だ(日本では店頭・オンライン両方で発売)。

アイコニックなカラーウェイ

Photo Via: Original Sole

前述のように〈Nike〉Air More Uptempoのデザイン自体が拡大、誇張といったコンセプトのもと行われているため、これまで登場したカラーウェイも必然的に印象的なものばかり。しかし忠実なファンの皆さんにとって、最もクラシックでアイコニックなのは1996年のオリンピックカラーウェイと言っていいだろう。タイムレスなネイビーとホワイトで仕上げられたこのAir More Uptempoは、アメリカのドリームチームに参加したScottie Pippenが着用し、全米の世界制覇とともに〈Nike〉の存在感を世界中に知らしめた。

Photo Via: Sneaker Politics

Black-on-blackも’96年のオリジナルカラーウェイ。当初はヒールのスウッシュもブラックだったが、上の写真でわかるとおり、のちに白いスウッシュへと変更されている。このカラーウェイもレトロなバスケットシューズのアイコン的デザインだ。自分のシグネチャーモデルではないものの、これをScottie Pippenが着用している印象はとても強く、彼のイメージと切り離すことのできないカラーウェイだ。今でもこのモデルを街で目にして振り向く人々も多いはず。

Photo Via: Packer Shoes

2016年はAir More Uptempoの20周年を記念する年であった。そしてそのアニバーサリーイヤーを飾るカラーウェイとして、ホワイト、ブラックと並び登場したのが“Gym Red” - 別名“Bulls Home”と呼ばれるカラーウェイだ。ホワイトのベースに鮮やかなレッドを組み合わせた配色は、“Suptempo”の色合いを反転させたようなイメージ。アイキャッチングな赤が主張する一足だ。

Photo Via: Renarts

そしてスウッシュファンの記憶に新しいのが2017年3月に登場した“Bulls”。言うまでもなく90年代のNBAを大いに盛り上げたあのチームを彷彿とさせるカラーウェイは、オンラインでのリリース後数分で完売。もしPipが現役だったら、迷わずこのモデルを履いてコートに出てくれそうな象徴的なカラーウェイだ。

Supreme x Nike Air More Uptempo

Photo Via: Supreme

発売前のモデルをクラシックと呼ぶには早すぎるが、今後このコラボモデルもアイコニックと称されるはず。レッド&ホワイト、ゴールド&ホワイト、そしてオールブラックで発売される〈Supreme〉との“Suptempo” の代名詞として、どのカラーが人気を博すのか? 以前から著名人たちの着用画像が話題のインパクトのあるゴールドか、ブルズカラーであると共に〈Supreme〉のブランドカラーを体現しているレッドか、それとも鉄板で人気のブラックか? 実際に履くファンと、保管、鑑賞するコレクターたちの間でも意見が割れそうなカラーウェイたちだが、Air More Uptempo史上に残る人気モデルとなることは間違いないさそうだ。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
アレックス・オルソンが手がける Call Me 917 より新たなスケートデッキが登場

スケートシーンの中でも異彩を放つカリスマプロスケーターのAlex Olson(アレックス・オルソン)が手がけるスケートブランド〈Call Me 917〉より最新スケートデッキが登場。そのデッキのデッキ面とボトム面の両方にクルーザーデッキの模った切り取り線のようなデザインが落とし込まれ、ブラックカラーのボトム面には映画『ロード・オブ・ドッグタウン』でもお馴染みの伝説のスケーターTony Alva(トニー・アルバ)が設立したスケートカンパニー〈Alva Skateboards〉のロゴをモチーフにしたであろう“917”のグラフィックがセットされたクールな1枚に仕上がっている。これらのデッキは現在オーストラリアの『SUPPLY』などの取り扱い店にて約90ドルで発売中。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Tue, 25 Apr 2017 08:58:43 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/call-me-917-godfather-skateboard-decks http://jp.hypebeast.com/?post=156522 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

スケートシーンの中でも異彩を放つカリスマプロスケーターのAlex Olson(アレックス・オルソン)が手がけるスケートブランド〈Call Me 917〉より最新スケートデッキが登場。そのデッキのデッキ面とボトム面の両方にクルーザーデッキの模った切り取り線のようなデザインが落とし込まれ、ブラックカラーのボトム面には映画『ロード・オブ・ドッグタウン』でもお馴染みの伝説のスケーターTony Alva(トニー・アルバ)が設立したスケートカンパニー〈Alva Skateboards〉のロゴをモチーフにしたであろう“917”のグラフィックがセットされたクールな1枚に仕上がっている。これらのデッキは現在オーストラリアの『SUPPLY』などの取り扱い店にて約90ドルで発売中。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
..AIN’T NO FUN !! by Mark Drew

アーティストMark Drew(マーク・ドリュー)によるアートエキシビジョン“..AIN’T NO FUN!!”の様子をレポート。東京・六本木の『CLEAR EDITION & GALLERY』で5月20日(土)まで開催されている彼の展示は、『Peanuts』のキャラクターたちが彼ららしからぬ発言をしているMarkのシグネチャーとも言える作品や、往年のユースカルチャーを象徴するミュージックタイトルを描いたものなど計11点。さらに壁際にはMarkの幼少期からのオモチャや音楽カセットのコレクションほか彼が収集するアイテムなどが積み上げられているので、作品とともにそちらをじっくり観察するのも面白い。 90年代のラップミュージックはさらに古い音楽(多くの場合他のジャンル)から抽出した幾重ものサンプルの上に成り立っている。-中略- ぼくは幼少の頃からピーナッツのキャラクターが近くにあったし、これと初期のヒップホップカルチャーがぼくという人間のコアを構成していると思う。 上のMarkのメッセージに見られるように、『Peanuts』とヒップホップという一見関連性のないものが、Markという個人を媒介として繋がり混ざり合い、ユニークなアートピースとなっている。また、展示スペースに足を踏み入れ入り口を振り返ると、そこにはスヌーピーの家が。会場を“出る”時にはスヌーピーの家に“入っていく”ことになるという仕掛けが施されている。遊び心とアイロニー、そしてノスタルジックな雰囲気が全て詰め込まれた展示空間。六本木に訪れる際は是非会場まで足を運んでみよう。Markの最新情報は彼のInstagramをフォローしよう。 ..AIN’T NO FUN !! by Mark Drew @ CLEAR EDITION & GALLERY 住所:東京都港区六本木7-18-8 2F Tel:03-3405-8438 会期:4月14日(金)〜5月20日(土) 時間:火〜土 11:00 - 19:00 (日・月・祝日 閉廊)

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Tue, 25 Apr 2017 08:26:04 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/aint-no-fun-by-mark-drew http://jp.hypebeast.com/?post=156331 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

アーティストMark Drew(マーク・ドリュー)によるアートエキシビジョン“..AIN’T NO FUN!!”の様子をレポート。東京・六本木の『CLEAR EDITION & GALLERY』で5月20日(土)まで開催されている彼の展示は、『Peanuts』のキャラクターたちが彼ららしからぬ発言をしているMarkのシグネチャーとも言える作品や、往年のユースカルチャーを象徴するミュージックタイトルを描いたものなど計11点。さらに壁際にはMarkの幼少期からのオモチャや音楽カセットのコレクションほか彼が収集するアイテムなどが積み上げられているので、作品とともにそちらをじっくり観察するのも面白い。

90年代のラップミュージックはさらに古い音楽(多くの場合他のジャンル)から抽出した幾重ものサンプルの上に成り立っている。-中略- ぼくは幼少の頃からピーナッツのキャラクターが近くにあったし、これと初期のヒップホップカルチャーがぼくという人間のコアを構成していると思う。

上のMarkのメッセージに見られるように、『Peanuts』とヒップホップという一見関連性のないものが、Markという個人を媒介として繋がり混ざり合い、ユニークなアートピースとなっている。また、展示スペースに足を踏み入れ入り口を振り返ると、そこにはスヌーピーの家が。会場を“出る”時にはスヌーピーの家に“入っていく”ことになるという仕掛けが施されている。遊び心とアイロニー、そしてノスタルジックな雰囲気が全て詰め込まれた展示空間。六本木に訪れる際は是非会場まで足を運んでみよう。Markの最新情報は彼のInstagramをフォローしよう。

..AIN’T NO FUN !! by Mark Drew @ CLEAR EDITION & GALLERY
住所:東京都港区六本木7-18-8 2F
Tel:03-3405-8438
会期:4月14日(金)〜5月20日(土)
時間:火〜土 11:00 - 19:00 (日・月・祝日 閉廊)

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
Snoop Dogg が最新作『Neva Left』のアルバムジャケットを公開

先日2Pacが「The Rock & Roll Hall of Fame(ロックの殿堂)」入りを果たす際に彼の代役を務め、その際に行った感慨深いスピーチでも注目を集めたSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が、自身通算15作目となる最新スタジオアルバム『Neva Left』のアルバムカバージャケットをInstagramにて公開。そこに写るのは、ヒップホップシーンにおける数々の名写真を残してきた写真家Chi Moduによってかつて撮影した若かりしSnoop Doggの姿。その画像と共に投稿されたキャプションには「Doggの進化。ニューアルバムの#NevaLeftは5月19日発売だぜ」とのコメントが添えられている。 現在『Apple Music』にてその最新アルバムの13曲目に収録されている“Mount Kushmore”が先行リリース曲として配信されているので、会員の方はぜひ自身のデバイスからチェックしてみよう。 the evolution of the dogg. new album #NevaLeft comin May 19 !! preorder now (link in bio) snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 - 2017 4月 24 1:29午後 PDT

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Tue, 25 Apr 2017 08:22:30 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/snoop-dogg-neva-left-cover-art http://jp.hypebeast.com/?post=156513 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

先日2Pacが「The Rock & Roll Hall of Fame(ロックの殿堂)」入りを果たす際に彼の代役を務め、その際に行った感慨深いスピーチでも注目を集めたSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が、自身通算15作目となる最新スタジオアルバム『Neva Left』のアルバムカバージャケットをInstagramにて公開。そこに写るのは、ヒップホップシーンにおける数々の名写真を残してきた写真家Chi Moduによってかつて撮影した若かりしSnoop Doggの姿。その画像と共に投稿されたキャプションには「Doggの進化。ニューアルバムの#NevaLeftは5月19日発売だぜ」とのコメントが添えられている。

現在『Apple Music』にてその最新アルバムの13曲目に収録されている“Mount Kushmore”が先行リリース曲として配信されているので、会員の方はぜひ自身のデバイスからチェックしてみよう。

the evolution of the dogg. new album #NevaLeft comin May 19 !! preorder now (link in bio)

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
日本限定のサファリ柄 Nike Air Presto が発売決定

〈Nike(ナイキ)〉の副社長でありながらデザインも手掛けるTinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)が考案し、80年代半ばからブランドの定番となったサファリプリント。今回はそんな人気シグネチャープリントをAir Prestoに用いた新モデル4種類が登場した。マスタードxブラックの“Gold Safari”、ホワイトxグレーxレッド、エメラルドグリーンxパープル、そしてレッドxブルーのカラーウェイとなっており、“Gold Safari”のみ5月3日(水)から〈Nike〉の店舗及びオンラインにて発売を開始する。他のモデルについてのリリース情報は明らかになっていないので、ブランドからのアップデートを待とう。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Tue, 25 Apr 2017 08:07:46 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/nike-air-presto-safari-japan-exclusive http://jp.hypebeast.com/?post=156481 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

Nike(ナイキ)〉の副社長でありながらデザインも手掛けるTinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)が考案し、80年代半ばからブランドの定番となったサファリプリント。今回はそんな人気シグネチャープリントをAir Prestoに用いた新モデル4種類が登場した。マスタードxブラックの“Gold Safari”、ホワイトxグレーxレッド、エメラルドグリーンxパープル、そしてレッドxブルーのカラーウェイとなっており、“Gold Safari”のみ5月3日(水)から〈Nike〉の店舗及びオンラインにて発売を開始する。他のモデルについてのリリース情報は明らかになっていないので、ブランドからのアップデートを待とう。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
少人数でのキャンピングに最適な Campervan のレンタルサービス

4月も終わりに近づき、夏の予定を考え始めても良い時期になってきた。そこで我々が今年の夏にオススメしたいのがコロラド州・デンバーを拠点にキャンプバンをレンタルしている会社「Native Campervans」。キャンピングカーに乗って、大人数でキャンプしに行くのはよく聞くと思うが、今回紹介するのは2人から4人までしか寝れることのできない小規模なキャンピングカー。2シーターの“BIGGIE”タイプか、5シーター(ベッドはルーフトップテントを含め4人分)の“SMALLS”タイプがあり、両車とも寝心地いいベッド、フル装備のキッチン、リビングルームなど、少人数でのキャンピング体験にはちょうどよいサイズとなっている。またバンは最短3日から長期間のレンタルが可能になるが、車のピックアップとドロップオフは必ずデンバーで行わないといけないのがネックだ。 バンの仕様やレンタル価格などの詳しい情報はこちらからチェックし、今年の夏はコロラド州を皮切りに#vanlifeを楽しんでみては?

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Tue, 25 Apr 2017 07:21:53 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/native-campervan-rent http://jp.hypebeast.com/?post=156444 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

4月も終わりに近づき、夏の予定を考え始めても良い時期になってきた。そこで我々が今年の夏にオススメしたいのがコロラド州・デンバーを拠点にキャンプバンをレンタルしている会社「Native Campervans」。キャンピングカーに乗って、大人数でキャンプしに行くのはよく聞くと思うが、今回紹介するのは2人から4人までしか寝れることのできない小規模なキャンピングカー。2シーターの“BIGGIE”タイプか、5シーター(ベッドはルーフトップテントを含め4人分)の“SMALLS”タイプがあり、両車とも寝心地いいベッド、フル装備のキッチン、リビングルームなど、少人数でのキャンピング体験にはちょうどよいサイズとなっている。またバンは最短3日から長期間のレンタルが可能になるが、車のピックアップとドロップオフは必ずデンバーで行わないといけないのがネックだ。

バンの仕様やレンタル価格などの詳しい情報はこちらからチェックし、今年の夏はコロラド州を皮切りに#vanlifeを楽しんでみては?

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
見た目にもクールなコーヒーフレーバーのメープルシロップ、Trees Knees Coffee Maple

ハンドメイドで作れられた高品質で美味しい調味料を展開し、そのシンプルで美しいパッケージのデザイン性の高さでも注目を集め、また世界中に多くのファンを抱えるNY・ブルックリンを拠点とする「Bushwick Kitchen(ブシュウィック キッチン)」社の新商品であるコーヒーフレーバーのメープルシロップ“Trees Knees Coffee Maple”をご紹介。 メープルシロップの名産地として知られるニューヨーク州・キャッツキル山地のメープルシロップに、アメリカ・ポートランドに本拠地を構える「Stumptown Coffee Roasters(スタンプタウン コーヒー ロースターズ)」のコーヒー豆を用いてフレーバー付けしたこの“Trees Knees Coffee Maple”は、アイスクリームやパンケーキはもちろんカクテルにもぴったりな逸品に仕上がっているとのこと。ちなみにそのクールなボトルは全てブルックリン地域内にて作られ、メープルシロップ自体もグルテンフリー仕様でパレオフレンドリーにも対応、ヴィーガンの方でも口に出来るものとなっている。現在アメリカ国内の取扱店やメーカーのオンラインストアなどにて1本約14ドルで発売中。 日本で手に入れることは少し難しいかも知れないが、NYに行く予定のある方や知人や家族が現地にいる方は是非そのゲットを試みてはいかがだろうか。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Tue, 25 Apr 2017 07:13:22 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/bushwick-kitchen-trees-knees-coffee-maple http://jp.hypebeast.com/?post=156445 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

ハンドメイドで作れられた高品質で美味しい調味料を展開し、そのシンプルで美しいパッケージのデザイン性の高さでも注目を集め、また世界中に多くのファンを抱えるNY・ブルックリンを拠点とする「Bushwick Kitchen(ブシュウィック キッチン)」社の新商品であるコーヒーフレーバーのメープルシロップ“Trees Knees Coffee Maple”をご紹介。

メープルシロップの名産地として知られるニューヨーク州・キャッツキル山地のメープルシロップに、アメリカ・ポートランドに本拠地を構える「Stumptown Coffee Roasters(スタンプタウン コーヒー ロースターズ)」のコーヒー豆を用いてフレーバー付けしたこの“Trees Knees Coffee Maple”は、アイスクリームやパンケーキはもちろんカクテルにもぴったりな逸品に仕上がっているとのこと。ちなみにそのクールなボトルは全てブルックリン地域内にて作られ、メープルシロップ自体もグルテンフリー仕様でパレオフレンドリーにも対応、ヴィーガンの方でも口に出来るものとなっている。現在アメリカ国内の取扱店やメーカーのオンラインストアなどにて1本約14ドルで発売中。

日本で手に入れることは少し難しいかも知れないが、NYに行く予定のある方や知人や家族が現地にいる方は是非そのゲットを試みてはいかがだろうか。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0
Nike が今夏に Air More Uptempo “Bordeaux” をドロップ予定

今週発売となる〈Supreme(シュプリーム)〉と〈Nike(ナイキ)〉によるコラボAir More Uptempoと5月にリリースされる“Triple White”に引き続き、〈Nike〉は同モデルの新色“Bourdeaux”を今夏にドロップすると明らかにした。今回発表されたのはオールホワイトモデルとは正反対の雰囲気を持ったボルドーカラー。アッパー部分、シューレース、ライニング、プルタブを名前と同様のボルドーカラーで仕上げ、アクセントとしてホワイトのソールを用いた。今年の夏に発売予定だが、秋冬にも十分履きこなせる逸足となっている。詳しいリリース日などはブランドからのアップデートを待とう。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
Tue, 25 Apr 2017 06:18:30 +0000 https://hypebeast.com/jp/2017/4/nike-air-more-uptempo-bordeaux http://jp.hypebeast.com/?post=156382 info@hypebeast.com (Hypebeast) Hypebeast

今週発売となる〈Supreme(シュプリーム)〉と〈Nike(ナイキ)〉によるコラボAir More Uptempoと5月にリリースされる“Triple White”に引き続き、〈Nike〉は同モデルの新色“Bourdeaux”を今夏にドロップすると明らかにした。今回発表されたのはオールホワイトモデルとは正反対の雰囲気を持ったボルドーカラー。アッパー部分、シューレース、ライニング、プルタブを名前と同様のボルドーカラーで仕上げ、アクセントとしてホワイトのソールを用いた。今年の夏に発売予定だが、秋冬にも十分履きこなせる逸足となっている。詳しいリリース日などはブランドからのアップデートを待とう。

Click here to view full gallery at Hypebeast.com

]]>
0