Ferrari 12Cilindri には12気筒エンジンとフェラーリのプライドがのっている

きっと前期型のデイトナからインスピレーションを得たであろう、830馬力の2シーター

オート
2,961 Hypes

Ferrari 12 Cilindriとはナニモノ?

Ferrari(フェラーリ)」が先ごろ発表したニューモデルは、その名を12 Cilindriという。どうやら日本では「ドーディチ・チリンドリ」と発音するようだけれど、すでに皆さんうすうすお気づきのとおり、これはイタリア語で12気筒を意味している。つまり12気筒エンジンを積んでいることが、このモデルの最大の特徴なのである。そう説明すると、「いやいや、12気筒エンジンを積んだスポーツカーこそがフェラーリでしょ?」と突っ込まれそうだけれど、いまどき、12気筒エンジン搭載のスポーツカーを作るのはそうそう簡単ではないのだ。

実は、ヨーロッパでは昨年の秋にも排ガス規制が強化されていて、ハイブリッド・システムを持たない自然吸気12気筒エンジンが生き延びるのはますます困難になっている。そして、この難しい排ガス規制を大排気量の12気筒エンジンでクリアしようとすれば、かなりの額の開発コストを投じなければいければならないのである。しかも、エコに対する意識が世界的に高まっているなか、12気筒エンジンを積むウルトラ・ラグジュアリーなスポーツカーがどれだけ売れるかなんて、まさに神のみぞ知る問題。たとえ天下のフェラーリでも、おいそれと手を出すわけにはいかない難問だったのである。

しかし、その困難を乗り越えて、この2024年の現代にドーディチ・チリンドリ(ちょっとしつこいので、ここからは12チリンドリと表記させていただく)を敢えて世に送り出したのは、先ほどもご説明したとおり「12気筒こそがフェラーリ」という強い自負があったから。つまり、これは「作る・作らない」「売れる・売れない」の問題ではなく、フェラーリのプライドをかけたチャレンジだったのだ。しかも、フェラーリはただ排ガス規制をクリアしただけでなく、先代にあたる812スーパーファストよりもパワーアップしてきたのだから恐れ入る。ちなみに最高出力は812スーパーファストを30psも上回る830ps。そんなスペックにも、フェラーリの意地とプライドが込められているような気がする。

デザインも見どころが多い

 古くからのフェラーリ・ファンなら、12チリンドリのヘッドライト回りを見ただけで「あ、デイトナだ!」と思うだろう。1968年デビューのデイトナは一種のニックネームで、365GTB/4が正式なモデル名なのだけれど、ヘッドライトを透明なカバーで覆った外観はまさにデイトナとうりふたつ。そしてヘッドライトの間を黒いパネルでつないだところも前期型デイトナにそっくりだ。

いかにもスポーツカーらしい「ロングノーズ・ショートデッキ(ボンネットが長くて、リア回りがコンパクトなデザインのこと)」のプロポーションもどこか365GTB/4に似ているけれど、それ以上に目を惹くのが、12チリンドリの後姿をやや高い位置から見たときに浮かび上がってくる黒いグラフィックパターンだ。ルーフ部分とリアウィンドウ周りに設けられたこのデザイン、なんとなく凹と凸を組み合わせたような形にも見えるけれど、このうちの凸の部分を、チーフデザイナーのフラヴィオ・マンゾーニさんは「デルタウィング・コンセプト」と呼んでいた。要は超音速ジェット機の三角翼にヒントを得たデザインということだが、クルマにこんな大きなグラフィックが描かれるのは異例なこと。この辺、常に新しいデザインにチャレンジしようとするフェラーリの心意気が表れているような気がする。

もうひとつ注目したいのが、ルーフが固定されたクーペにくわえて、ボタンひとつでルーフを開閉できるコンバーティブルモデルの「12チリンドリ・スパイダー」が同時にデビューしたこと。12気筒フェラーリをオープンにしてゆったりと流すなんて、このうえなく優雅でぜいたくな感じがする。ちなみにお値段はクーペが39万5000ユーロ(約6600万円)で、スパイダーはおよそその10%増しと、こちらもかなりの“ぜいたくさ”。それでも、あっという間に売り切れてしまうのが最近のフェラーリの底力だったりするので、ピンときた方は早めに正規ディーラーを訪ねることをお勧めしておく。

Read Full Article
テキスト
Writer
Tatsuya Otani
エディター
Noriaki Moriguchi / Hypebeast
この記事を共有する

次の記事を読む

陸を制した FERRARI の次の舞台は……
オート

陸を制した FERRARI の次の舞台は……

ブレーンは伝説的ヨットレーサー

Meta x Ray-Ban より F1 チーム スクーデリア・フェラーリとのコラボスマートグラスが登場
テック&ガジェット

Meta x Ray-Ban より F1 チーム スクーデリア・フェラーリとのコラボスマートグラスが登場

マルチモーダルAI機能 Meta AI with Visionとビデオ通話機能を搭載

Ferrari 250GT SWB ベルリネッタがオークションに
オート

Ferrari 250GT SWB ベルリネッタがオークションに

フェラーリ・クラシケ認定済み! 落札価格は750万ドルの見込み


初の4ドア! フェラーリ プロサングエでニュージーランドを縦断
オート 

初の4ドア! フェラーリ プロサングエでニュージーランドを縦断

ついに登場したフェラーリの4ドア。国際試乗会の開催地、ニュージーランドで試乗した

「スター・ウォーズ」の世界観を表現した PARCO 展覧会をレポート
アート 

「スター・ウォーズ」の世界観を表現した PARCO 展覧会をレポート

Presented by PARCO
「スター・ウォーズ」に魅せられたアーティストたちの珠玉の作品が並ぶ本展について、キューレーターの『NANZUKA』代表・南塚真史にインタビューを実施

BODE x Nike 初コラボコレクションの国内発売情報が解禁
フットウエア 

BODE x Nike 初コラボコレクションの国内発売情報が解禁

初復刻となる名作フットウェア Astro Grabberに加え、スポーツの豊かな伝統を祝福するアパレルもラインアップ

WTAPS が竹ヶ原敏之介による新ブランド PPACO™︎ とのコラボフットウェアを発売
フットウエア

WTAPS が竹ヶ原敏之介による新ブランド PPACO™︎ とのコラボフットウェアを発売

ソールにスケートボードのウィールをイメージしたマーブルカラーをオン

COMME des GARÇONS のショーミュージックを手掛けるフランス人プロデューサー ADC303の来日公演が開催
ミュージック

COMME des GARÇONS のショーミュージックを手掛けるフランス人プロデューサー ADC303の来日公演が開催

パリのアンダーグラウンドシーンで活躍する気鋭のアーティストが緊急来日

マルセル・ブロイヤーによる名作ワシリーチェアに超マット仕上げの新色が登場
デザイン

マルセル・ブロイヤーによる名作ワシリーチェアに超マット仕上げの新色が登場

ワシリーチェアのイメージを覆す現代的なカラーウェイ全3色が揃う


PALACE SKATEBOARDS 2024年夏コレクション発売アイテム一覧 – Week 2
ファッション

PALACE SKATEBOARDS 2024年夏コレクション発売アイテム一覧 – Week 2

5月13日(土)発売となる〈PALACE SKATEBOARDS〉の新作アイテムを一足早くチェック

COGNOMEN 大江マイケル仁に訊く、ブラジルで撮影したフォトブックの誕生秘話
ファッション 

COGNOMEN 大江マイケル仁に訊く、ブラジルで撮影したフォトブックの誕生秘話

南米でのエピソードや〈COGNOMEN〉の将来像について

Nike より Air Vapormax 2023 Flyknit の新作 “Medium Olive/Pink Oxford” が登場
フットウエア

Nike より Air Vapormax 2023 Flyknit の新作 “Medium Olive/Pink Oxford” が登場

オリーブグリーンのFlyknit製アッパーにクリアピンクのソールをドッキング

Nike から夏の夕日を思わせる Dunk Low “Burnt Sunrise” が登場
フットウエア

Nike から夏の夕日を思わせる Dunk Low “Burnt Sunrise” が登場

ヘアリースエードで構成したアッパーに濃淡の異なるオレンジを採用

Met Gala 2024 の腕時計をスパイ
ウォッチ

Met Gala 2024 の腕時計をスパイ

いちばん人気は〈Cartier〉のヴィンテージウォッチだった

More ▾
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。