Nike が改めて AIR にスポットライトを当てた新モデルを一挙発表

今夏に開催されるスポーツの祭典でアスリートの足元を支えるシューズ

フットウエア
33,176 Hypes

来たる7月にフランスの地で開催される「パリ2024夏季オリンピック」。このたび〈Nike(ナイキ)〉は、同大会でアスリートの足元を支える新モデルを一挙発表した。“ブループリント パック”と呼ばれるこれらのシューズは、同社の誇る“Air(エア)”に改めてスポットライトを当てたラインアップとなっている。

〈Nike〉独自のクッショニング プラットフォームであるAirは、1978年にリリースされたTailwind(テイルウインド)のミッドソールに初採用。『Hypebeast』読者には説明不要かもしれないが、バスケットボールシューズからキッズ用モデルまで、あらゆるカテゴリーのスニーカーに搭載され、スポーツ界を飛び越え、カルチャー的な側面でも欠かすことのできないテクノロジーに。

今回の“ブループリント パック”には、先日発売されたAir Max(エア マックス)Dnの新色、Alphafly 3(アルファフライ 3)、Dragonfly 2(ドラゴンフライ 2)、GT Cut 3(G.T.カット 3)、GT Hustl(G.T.ハッスル 3)、InfinityRN 4(インフィニティ ラン 4)、Invincible 3(インビンシブル 3)、Maxfly 2(マックスフライ 2)、2024 Mercuria(2024 マーキュリアル)、Pegasus 41(ペガサス 41)、Victory 2(ヴィクトリー 2)が名を連ねる。モデル数が多いので、本稿では『Hypebeast』的視点から注目シューズをご紹介したい。

まずは、アルファフライ 3だ。シリーズ最軽量となる3代目モデル。最も軽く、柔らかく、反発力に優れたZoomXフォーム+前足部のZoom Airポッドは前モデルから共通となるが、後ろと前を連結させたフラットソールに変更したことで、安定性の向上し、スムーズな体重移動をサポート。アッパーにはフライニットに熱加工を加え、強度を高めたアトムニットを採用している。続いては、G.T.ハッスル 3。多くの女性プレーヤーからの意見から「エネルギーリターンを高め、適切な重量を実現し、全体的な快適性を高めること」を目指した同モデルの最大の特徴は、バスケットボールのニーズに合わせて設計された前足部のAir Zoomユニットだ。ビジブルZoom air + Zoom Air ストロベルのダブル構造によって、エネルギーの蓄積とリターンを高めている。アッパーには、柔らかく軽量で通気性に優れたNikeラジアルニットを採用し、重量を増やすことなく必要な部分をしっかりと包み込む構造に。そして、2024 マーキュリアル。同モデルでは、Air Zoom ストロベルユニットから屈曲溝を取り除き、ブーツの前足部にスピードフィンを追加することでプレートの屈曲性を最適化している。前モデルと比べて、エネルギーリターンは10%向上。また本モデルでも、アスリートの意見を反映し、フライニットアッパーの素材を5層から3層に。より足なじみの良いフィットかつ、フライニットを全面に使用したフットボールモデルの中では、最も軽く薄いアッパーに仕上がっているという。

Pegasus 41およびPegasus Premiumついては、別記事でご紹介しているので、気になる方はこちらから。

〈Nike〉ブループリント パックは、今夏リリース予定。

Read Full Article
テキスト
この記事を共有する
この記事内

次の記事を読む

Nike Air Max 1 から新色モデル “Baroque Brown” が登場
フットウエア

Nike Air Max 1 から新色モデル “Baroque Brown” が登場

クリーンなホワイトと深みあるブラウンのコントラストが際立つ

Nike から軽やかな麻素材で構成した Air Footscape Woven の新色モデルが登場
フットウエア

Nike から軽やかな麻素材で構成した Air Footscape Woven の新色モデルが登場

ライトベージュとホワイトの2色が今春中にリリース?

Nike の定番 Air Force 1 Low から韓国・ソウルをテーマとした新色モデルが登場
フットウエア

Nike の定番 Air Force 1 Low から韓国・ソウルをテーマとした新色モデルが登場

おそらく韓国のほぼ全域で夜間通行禁止令が解除された年を指す、シュータン裏の“1982”の刺繍がポイント


Nike からブランドのルーツに焦点を当てた新作 Air Force 1 Low “1972” が登場
フットウエア

Nike からブランドのルーツに焦点を当てた新作 Air Force 1 Low “1972” が登場

ヒールサイドにはブランド名の由来となった勝利の女神 ニケの刻印も

ヴァージル・アブロー の手掛けた Off-White™️ x Nike “The Ten” のコンプリートセットがオークションに再登場
フットウエア

ヴァージル・アブロー の手掛けた Off-White™️ x Nike “The Ten” のコンプリートセットがオークションに再登場

落札予想価格は約230万〜380万円

Supreme が Nike との2024年春夏コラボコレクションを予告
ファッション

Supreme が Nike との2024年春夏コラボコレクションを予告

コラボフットウェア Air Max DNに続きアパレルコレクションが登場

ダイバーズウォッチの定義、知ってます?──機械式時計ヘッズになるための蘊蓄コラム
ウォッチ

ダイバーズウォッチの定義、知ってます?──機械式時計ヘッズになるための蘊蓄コラム

日本は雨が多く、最近はゲリラ豪雨にも頻繁に見舞われる。だから仕事に遊びにと気兼ねなく使える時計が欲しいなら、防水性が高い時計を狙うのが賢い。となると多くの人がダイバーズウォッチを思い浮かべると思うが、そもそもどんな時計のことをダイバーズと呼ぶかご存知だろうか

Patek Philippe の2024年新作コレクションをチェック
ウォッチ

Patek Philippe の2024年新作コレクションをチェック

アイコニックなNautilus Flyback Chronographのホワイトゴールド・バージョンや究極のトラベルウォッチ Alarm Travel Time 5520モデルの2トーン・バージョンなど、テクノロジーとデザインの統合を体現したニューモデル全10点がラインアップ

京都の新門前通り祇園白川に位置するラグジュアリーブティックホテル The Shinmonzen
トラベル

京都の新門前通り祇園白川に位置するラグジュアリーブティックホテル The Shinmonzen

世界的に有名な建築家の安藤忠雄が手がけたモダンでエレガントな話題の宿泊施設を紐解く


押さえておきたい今週の必読記事5選
ファッション

押さえておきたい今週の必読記事5選

〈ARC’TERYX(アークテリクス)〉の初となるブランド・エクスペリエンスイベント “ARC’TERYX MUSEUM”や〈Rolex(ロレックス)〉の2024年の新作コレクションなど押さえておきたい今週の必読記事5選

快進撃を続けるヒップホップ界のクイーン Awich が米ロサンゼルスで初パフォーマンスを披露
ミュージック 

快進撃を続けるヒップホップ界のクイーン Awich が米ロサンゼルスで初パフォーマンスを披露

世界最大の音楽フェス「Coachella 2024」への出演を目前に控え、本格的にアメリカ進出を開始

Crocs™︎ が世界中で愛されるポテトチップス プリングルズとのコラボレーションを予告
フットウエア

Crocs™︎ が世界中で愛されるポテトチップス プリングルズとのコラボレーションを予告

プリングルズを携えて移動できるクラッシュブーツをはじめ、全4型のコラボフットウェアが登場

トラヴィス・スコット初のシグネチャーモデル Jumpman Jack TR “University Red” の公式ビジュアルが浮上
フットウエア

トラヴィス・スコット初のシグネチャーモデル Jumpman Jack TR “University Red” の公式ビジュアルが浮上

ブラック/ホワイトのアッパーにレッドカラーのスウッシュが映える1足が登場

ドレイクとケンドリック・ラマーが互いのディスソングを準備中?
ミュージック

ドレイクとケンドリック・ラマーが互いのディスソングを準備中?

ジョー・バドゥンが自身のポッドキャスト番組で現在のビーフについて言及

More ▾
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。