Supreme 2024年春夏コレクション - アイテム一覧

2月17日(土)に立ち上げを迎える〈Supreme〉の最新コレクションのアイテムをご紹介

ファッション
22,762 Hypes

ついに2024年春夏コレクションのルックブックが公開された〈Supreme(シュプリーム)〉。本稿では、今シーズンに展開されるアイテムをカテゴリーごとにご紹介。

春夏コレクションの立ち上がりは、日本以外の海外旗艦店で2月15日(現地時間)、日本国内の旗艦店においては同月17日(土)より〈Supreme〉の旗艦店および公式オンラインストアにてリリース予定。ローンチに備えて、下記から各カテゴリー毎の一部アイテムを予習しておこう。

ジャケット

春夏シーズンのメインとなるジャケット類は、アイコニックなボックスロゴを大胆にフィーチャーしたヴァーシティジャケットを筆頭に、スタッズで装飾を施したレザージャケット、〈Schott(ショット)〉製のフーテッドレザーボンバージャケット、波をモチーフにしたファニーなキャラクターのワッペンが印象的なヴァーシティジャケット、00sのUSラッパーのスタイルを彷彿とさせるフェイクファージャケット、ベストとしても着用可能な2WAY仕様のMA-1ボンバージャケット、背面にフューチュラ(Futura)のアートワークをプリントしたカモフラ柄のフィッシュテールパーカ、Sロゴパターンを施したデニムセットアップ、3シーズン着用可能なコーチジャケット、リバーシブル仕様のダウンジャケット、カーミット(Kermit the Frog)のプリントがユニークなGORE-TEX®(ゴアテックス)ジャケット、〈葵産業〉による刺繍がインパクト大のフーデットワークジャケット、スポーティなトラックジャケットなど、多様なアウターが揃う。

ニット

ニット類は、フューチュラのアートワークや写真家 バーニー・アイメス(Birney Imes)の作品をフィーチャーしたアイテムのほか、目を引く星柄のラインやカラフルなペイズリーパターンなど、春夏らしい柄/色使いが印象的なピースを多数展開。また、アーガイル柄のジップアップベストやクラシックな佇まいのカーディガンなど、パンクやグランジを彷彿とさせる個性的なアイテムもラインアップする。

シャツ

今季のシャツ類は、爽やかなカラーのストライプが目を引く半袖シャツをはじめ、背面に“GOD BLESS SUPREME”のメッセージとワートワークを施した長袖シャツ、パープルトーンのマドラスチェックが美しいフード付きシャツ、ウォッシュ加工を施したコーデュロイ素材のジップアップシャツ、コーディネイトのアクセントになるパイソン柄の半袖シャツ、2022年に逝去したアメリカの画家 マーガレット・キーン(Margaret Keane)の代表作をバックにプリントした半袖シャツ、“The Mosaic Man”の愛称で知られるニューヨークのアーティスト ジム・パワー(Jim Power)の作品を総柄でプリントした半袖シャツなど、さまざまな色や柄、素材のアイテムが充実。

スウェット

今季はアートプロジェクト “Fuck This Life”で知られるアーティスト ウィアード・デイヴ(Weirdo Dave)のアートワークをバックから両袖にかけてプリントしたジップアップフーディをはじめ、ジャガード織でカモフラパターンを表現したフーディ、タギング風のロゴを散りばめたフーディ、フロントのエンブレムとナンバリングが目を引くハーフジップスウェット、スープ缶のイラストが印象的なフーディ、オーバーダイ加工を施したジップアップフーディ、ワシントンDCに位置する『国立女性美術館(National Women’s History Museum)』の所蔵作品を全面にプリントしたジップアップフーディなどがラインアップする。

Tシャツ

数あるアイテムの中でもとりわけ注目度の高いTシャツは、フューチュラのデザインしたボックスロゴを筆頭に、アルゼンチンが産んだサッカー界のレジェンド ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)の現役時代のポートレイト、Miho Kuroyanagiのアートワーク、米ニューヨークを拠点とする写真家/映像作家 シェイディ・ペレス(Shadi Perez)の撮影した1996年の〈Supreme〉クルー、米テレビ番組『マペット・ショー』に登場するロルフ(Rowlf the Dog)といった幅広いモチーフが採用された。

トップス

トップス類は99のナンバリングを施したフットボールシャツをはじめ、映画『ビッグ・アイズ』のモデルにもなった画家 マーガレット・キーンの代表作を全面にプリントしたTシャツ、チェック柄のコットンポロ、マラドーナのイラストがインパクト大のサッカージャージ、クラシックな配色のラグビーシャツ、ボーダーポロ、黒猫モチーフの総柄がキュートなTシャツ、さまざまなグラフィックのワッペンを多用したベースボールシャツ、ジョシュ・スミス(Josh Smith)のアートワークをプリントしたカットソー、タイガーストライプカモのTシャツ、インターシャ編みでグラフィックを表現したTシャツなど、豊富なバリエーションを展開する。

パンツ

今季はSロゴパターンのデニムパンツを筆頭に、ゼブラ柄をジャガード織りで表現したペインターパンツ、程よい色落ちが絶妙なセルビッジジーンズ、GORE-TEX®やサテンなどさまざまな素材パターンで展開されるトラックパンツ、タギング風のロゴを配したスウェットパンツなど、あらゆるスタイルに対応可能なボトムスが揃う。

ショーツ

春から夏にかけて活躍するショーツ類は、プレイドパターンやカモフラ柄、オーバーダイ加工、ミリタリー、サッカー、バスケといった多様なモチーフを、コットンやハードなレザー、デニム、軽量なナイロンなどの素材に落とし込んだアイテムを展開。アウターやトップスと同柄/同素材のアイテムが多いため、セットアップで着用するのもアリだろう。

キャップ/ビーニー/ハット

今季のヘッドウェアは、特にキャップ類が充実。中でも注目したいのは、〈New Era®(ニューエラ)〉製のボディにフューチュラのアートワークを施したトリプルコラボやMLB所属の球団をフィーチャーしたアイテム。その他にも、アメリカの油性マーカー Sharpie(シャーピー)のペンが付属したキャップや、SUMMER SEASON 2024のパッチが印象的なメッシュキャップ、ウィアード・デイヴのアートワークをプリントしたコーデュロイキャップ、ブリーチ加工を施したキャンプキャップ、「3M」社のリフレクティブ・リップストップ生地を採用したキャンプキャップなど、レオパード柄のベルベット素材を用いたキャンプキャップなど、豊富なバリエーションが揃う。ハットはウォッシュ加工のカモフラ柄キャンバス地やブリーチ加工を施したチノ、洗いをかけたデニムといったさまざまな素材/加工で展開。また、GORE-TEX®素材のサンシールドハットも登場。ビーニーは〈New Era®〉とのコラボ2種、グラデーションを網で表現したニットキャップ、オーバーダイ加工のタイプを用意。さらに、フューチュラのアートワークをプリントしたバラクラバもラインアップする。

バッグ

今季は、まず「3M」社の防水仕様リップストップ生地を使用したバックパック/ダッフルバッグ/トートバッグ/ミニダッフルバッグ/ウエストバッグ/ショルダーバッグ/クラッチバッグに注目。機能性もさることながら、豊富なカラーバリエーションで展開されるため、用途に合わせて複数揃えたい。また、某メゾンのイントレチャートを想起させるトートバッグ/ショルダーバッグ/ユーティリティバッグも登場。さらに、ドイツ発の鞄メーカー〈ORTLIEB(オルトリーブ)〉とのコラボレーションでは、同社の誇る完全防水素材を用いた筒型のバックパックや大容量のダッフルバッグ、小型のメッセンジャーバッグを制作。そのほかには、シンプルなキャンバス地のバックパックやトートバッグなど、通勤/通学やちょっとしたお出かけに最適なアイテムがラインアップする。

アクセサリー