新時代の到来を予感させる Rolls-Royce のラグジュアリーな EV スーパークーペ Spectre

超高級車メーカーとして名高い「Rolls-Royce」が初の本格EV車をリリース

オート 

一般的にラグジュアリーという言葉から連想されるのは、〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉や〈Rolex(ロレックス)〉、〈Hermès(エルメス)〉など、ハイファションを取り扱う、いわゆるコレクションブランドではないだろうか。しかし、これらのブランドと同じくクラフトマンシップ、不朽の名作、そして細部への妥協なきこだわりを、100年以上も前から実践している自動車メーカーが存在するという。その名は、誰もが一度は耳にしたことがあるであろう、あの「Rolls-Royce(ロールス・ロイス)」。“Rolls-Royce is bespoke, Bespoke is Rolls-Royce(ロールス・ロイスとはビスポーク、ビスポークとはロールス・ロイスである)”というキャッチフレーズが存在するほど、「Rolls-Royce」は工業化された昨今の自動車業界においてもビスポーク=オーダーメイドにこだわり続ける孤高のメーカーであり、常に高みを目指しラグジュアリーを追求する企業なのだ。

また、カルチャーシーンにおいても「Rolls-Royce」は常に存在感を発揮してきた自動車メーカーであり、世界規模のイベントから映画、音楽などの中に度々「Rolls-Royce」の車が登場する。例えば、2002年に公開された『スパイダーマン』や2008年『アイアンマン』、2017年『ワンダーウーマン』、2020年『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』など、さまざまな大ヒット映画で車が使用され、音楽ではカニエ・ウェスト(Kanye West)やミーク・ミル(Meek Mill)、ドレイク(Drake)、プレイボーイ・カルティ(Playboi Carti)などのラッパーがこぞってリリックに取り入れている。

そんな「Rolls-Royce」は、このたびブランド初の完全EVとなる超高級スーパークーペ Spectre(スペクター)を発表した。このアナウンスは自動車業界のみならず、世界中で大きな話題となり、まさに車の新時代到来を予感させるような革新的なニュースとして各所に轟いた。

スーパークーペ Spectreは「Rolls-Royce」らしいラグジュアリーなカーデザインが踏襲され、滑らかなボディライン、また象徴的なマスコット “Spirit of Ecstasy(スピリット・オブ・エクスタシー)”がフロントに配されている。昔からのファンはもちろん、最近「Rolls-Royce」を知った若い世代をも惹きつけるこだわりのディテールが散りばめられているのだ。

電動ドライブトレインや自動車本体のスペックに関しては後述のとおりで、1回の充電で約530km)を走行し、430Kwのパワートレインから生み出される900Nmのトルクが4.5秒で時速100km/hに到達する超高水準を実現。さらに、車体の全長は約5.5メートルで幅は約2メートル、車両重量約3トン、2ドア4シーターの仕様である。そしてこの Spectreを皮切りに「Rolls-Royce」は、2030年までに同社が販売するすべての製品のEV化を正式に決定した。

ラグジュアリーなデザインと最新の技術が詰め込まれたEVスーパークーペ Spectreは、買う人それぞれの趣向に合わせて、44,000色の中からエクステリアのカラーや、ヘッドレストや車内ライトなどのインテリアも自由に選ぶことができる。また、これまでヘッドライナーに採用されてきた、光ファイバーによる輝く星々をちりばめた“Starlight(スターライト)”仕上げが、スペクターでは初めてコーチ・ドアで選択可能となった。

地球の環境のことを考慮したライフスタイルが求められるこれからの時代に、EVは必要不可欠であろう。しかし、車本来の個性が失われるのはあまりにも寂しい。だからこそ「Rolls-Royce」が手掛けるSpectreは、ラグジュアリーで本質的な高級車でありながら、さらなる快適さを先進性を実現しているのだ。

本稿を読んで、スーパークーペ Spectreの詳細が気になった方は、まず上記のギャラリーからキャンペーンビジュアルをチェック。さらなる情報に関しては「Rolls-Royce」の公式ウェブサイトを訪れてみよう。

Read Full Article
Presented by Rolls-Royce
翻訳
Atsutaro Ito
この記事を共有する

次の記事を読む

フューオフで作られた Rolls-Royce のアルカディア・ドロップテールって?
オート

フューオフで作られた Rolls-Royce のアルカディア・ドロップテールって?

15〜20人程度のエンジニアや職人たちが4年近い歳月をかけてようやく作り上げたという

新たなる魔法の絨毯 Rolls-Royce Spectre を都内で駆る
オート 

新たなる魔法の絨毯 Rolls-Royce Spectre を都内で駆る

超高級電動スーパークーペで、首都高速道路と都内を90分ほど走った感想

カニエ・ウェストがローリング・ラウド・カリフォルニアのヘッドライナーでライブをせず批判を受ける
ミュージック

カニエ・ウェストがローリング・ラウド・カリフォルニアのヘッドライナーでライブをせず批判を受ける

マイクを1本も持たずに最新アルバム『VULTURES』を1時間流し続けた模様


Air Jordan 1 High にラグジュアリーな雰囲気纏った新色 “Metallic Gold” が登場
フットウエア

Air Jordan 1 High にラグジュアリーな雰囲気纏った新色 “Metallic Gold” が登場

シボ感のあるレザーで構成したアッパーをブラック/メタリックゴールドで配色

G-SHOCK が DOVER STREET MARKET GINZA にてインスタレーションを展開
ウォッチ

G-SHOCK が DOVER STREET MARKET GINZA にてインスタレーションを展開

〈G-SHOCK〉のベーシックなモデルを再解釈し、ブランドの多様性を表現する内容に

ヴァネッサ・ブライアントがバレンタインデーカラーの Nike Kobe 8 Protro をお披露目
フットウエア

ヴァネッサ・ブライアントがバレンタインデーカラーの Nike Kobe 8 Protro をお披露目

レッドカラーを基調としたハート柄のアッパーが特徴的

NEIGHBORHOOD から LORDZ OF BROOKLYN との初コラボコレクションが登場
ファッション

NEIGHBORHOOD から LORDZ OF BROOKLYN との初コラボコレクションが登場

“The Lordz of Brooklyn”のロゴやモチーフを多用したアパレル/アクセサリーのほか、Tシャツと12インチレコードがセットになった“PIZZA BOX”仕様のスペシャルパッケージもラインアップ

マーティン・ローズ x Clarks による “Coming Up Roses” コレクションの発売情報が解禁
フットウエア 

マーティン・ローズ x Clarks による “Coming Up Roses” コレクションの発売情報が解禁

サンダル/オックスフォードシューズ/ローファーといったクラシックなシルエットを独自の解釈でアップデートした3型のシューズを展開

A.P.C. がブランド史上初となるボディケアライン “SELF-CARE” を発表
ファッション 

A.P.C. がブランド史上初となるボディケアライン “SELF-CARE” を発表

シグネチャーであるオレンジブロッサムの香りを持つ6つのプロダクトがお目見え


Levi’s® による“究極”のデニム・ビスポークサービス LOT No.1 にトラッカージャケットが登場
ファッション

Levi’s® による“究極”のデニム・ビスポークサービス LOT No.1 にトラッカージャケットが登場

TYPE IとTYPE IIをベースにした“世界にひとつ”のトラッカージャケットがオーダー可能に

JOHN LAWRENCE SULLIVAN と Lunetta BADA がコラボアイウェアをリリース
ファッション

JOHN LAWRENCE SULLIVAN と Lunetta BADA がコラボアイウェアをリリース

『あぶない刑事』の柴田恭兵や吉川晃司が当時着用していたサングラス2型の限定カラーが登場

Nike SB Dunk Low よりユニークな素材を組み合わせた新作 “Big Money Savings” が登場
フットウエア

Nike SB Dunk Low よりユニークな素材を組み合わせた新作 “Big Money Savings” が登場

シュータンの裏側には“Big Money Savings”と書かれたレシート風のタグをオン

Air Jordan 1 High “Black Toe Reimagined” のデザインに新たな噂が浮上
フットウエア

Air Jordan 1 High “Black Toe Reimagined” のデザインに新たな噂が浮上

〈Jordan Brand〉による2024年ホリデーシーズンの“Retro Collection”の一部として展開(UPDATE:80年代に展開された〈Nike〉のキャンペーン時のデザインを再現した仕様に?)

Jordan Brand が気軽なスリッポン「ジョーダン・ローム」を発表
フットウエア

Jordan Brand が気軽なスリッポン「ジョーダン・ローム」を発表

“セイル”という名のカラーでデビューする白いつっかけ

More ▾
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。