Levi’s® による“究極”のデニム・ビスポークサービス LOT No.1 にトラッカージャケットが登場

TYPE IとTYPE IIをベースにした“世界にひとつ”のトラッカージャケットがオーダー可能に

ファッション
13,892 Hypes

Levi’s®(リーバイス)〉は同社が東京・原宿『リーバイス® 原宿 フラッグシップ ストア』で展開しているデニム・ビスポーク “LOT No.1(ロット・ナンバーワン)”のサービスを2024年2月2日(金)より拡大し、提供メニューに“トラッカージャケット”を新たに追加する。

“LOT No.1”は、〈Levi’s®〉のクラフトマンシップの真骨頂と言えるビスポーク・ジーンズを提供するサービスであり、ロンドン、パリのほか、アジアでは東京のみで実施している。このサービスでは、デニム生地や糸、レザーパッチ、リベット、ボタン、ポケットといった〈Levi’s®〉ならではのディティールを細部まで指定することが可能で、マスターテーラーがお客一人ひとりの体型とニーズに合わせてパターンを起こし、生地選びから裁断、縫製、仕上げにいたるまで全工程を一貫して手作業で行う。〈Levi’s®〉では1890年以来、製品の種類を識別するためにロットナンバーを採用しており、世界初のブルージーンズである501®は最も有名だ。“LOT No.1”の名前の由来である“ロットナンバー1番”の称号を与えられた本サービスは、究極のナンバーワン、そしてオンリーワンのジーンズをつくることが出来る最高峰のサービスと言えるだろう。

2019年夏に初めて日本で開始した“LOT No.1”は、当初ジーンズのオーダーからスタート。そして今年2月2日を機にトラッカージャケットが公式メニューに追加される。トラッカージャケットのモデルとなる型は、フロントポケット一つとシンチバックを持つTYPE Iと、サイドにアジャスターベルトを施したTYPE IIをベースにつくられた本サービスのオリジナルスタイル。オーダー時には、着丈や身幅、袖丈、袖幅に加え、ポケットやシンチの位置も好みに合わせて微調整が可能に。フィット感はもちろん、自分だけの特別な一着に仕上げるのに欠かせないデニム生地や糸、レザーパッチ、リベットやボタンといったディテールも、ジーンズ同様カスタマーの希望を随所に反映することができるという。

まずは依頼者とマスターテーラーの一対一のカウンセリングから始まり、どのように体型にフィットさせるか、どのようなシルエットが理想か、どんなイメージの一着に仕上げるか、といったヒアリングを実施。次に基本のパターンでつくられたマスターサンプルを試着し、フィットの調整やシルエットの確認を行い、カスタマーのニーズがマスターテーラーに全て伝われば、カウンセリングは終了。担当のマスターテイラーは複数のアイテムを同時に製作するのではなく、オーダーを受けたら一着ごとに全ての工程を自身で行い、カスタマーの希望に沿うよう最初から最後まで徹底して形にしていく。“LOT No.1”の予約は電話もしくは店頭で受け付ける。オーダー価格はジーンズが11万円〜、トラッカージャケットが16万5,000円〜(共に税込)で、納期は前者が1カ月以上、後者が1.5カ月以上となる(*納期はオーダー状況によって変動)。〈Levi’s®〉の誇る最上級のサービスで、自分だけの究極の1本(1着)をオーダーしてみてはいかがだろうか。

リーバイス® 原宿 フラッグシップ ストア
住所:東京都渋谷区神宮前6-16-12
営業時間:11:00-19:00
TEL:03-6427-6107
“LOT No.1” 特設ページ

Read Full Article

次の記事を読む

STÜSSY が Levi’s® との最新コラボレーションを予告
ファッション

STÜSSY が Levi’s® との最新コラボレーションを予告

2024年4月26日(現地時間)にローンチ予定

Levi’s® Vintage Clothing から手描きのディテールを備えた 1955 Hand-Drawn 501® が登場
ファッション

Levi’s® Vintage Clothing から手描きのディテールを備えた 1955 Hand-Drawn 501® が登場

1955年モデルから着想したレトロなデザインを採用

Levi’s® の “Made in Japan” コレクションから2024年春夏シーズンの新作が登場
ファッション 

Levi’s® の “Made in Japan” コレクションから2024年春夏シーズンの新作が登場

独特なパッチワークを施して現代的にアレンジした1980年代の501®︎をはじめ、名作アイテムが揃う


Levi’s® のキーマン、ポール・オニールに聞いたLVCの行方
ファッション 

Levi’s® のキーマン、ポール・オニールに聞いたLVCの行方

Levi’s® Vintage Clothingや、Levi’s® SKATEBOARDING、Levi’s® Made in Japan コレクションのデザインディレクターを務めるポール・オニールが来日。世界一有名なブランドのキーパーソンに、今後の戦略や日本のレプリカ・ジーンズをどう思うか……などあれこれ話を伺った

JOHN LAWRENCE SULLIVAN と Lunetta BADA がコラボアイウェアをリリース
ファッション

JOHN LAWRENCE SULLIVAN と Lunetta BADA がコラボアイウェアをリリース

『あぶない刑事』の柴田恭兵や吉川晃司が当時着用していたサングラス2型の限定カラーが登場

Nike SB Dunk Low よりユニークな素材を組み合わせた新作 “Big Money Savings” が登場
フットウエア

Nike SB Dunk Low よりユニークな素材を組み合わせた新作 “Big Money Savings” が登場

シュータンの裏側には“Big Money Savings”と書かれたレシート風のタグをオン

Air Jordan 1 High “Black Toe Reimagined” のデザインに新たな噂が浮上
フットウエア

Air Jordan 1 High “Black Toe Reimagined” のデザインに新たな噂が浮上

〈Jordan Brand〉による2024年ホリデーシーズンの“Retro Collection”の一部として展開(UPDATE:80年代に展開された〈Nike〉のキャンペーン時のデザインを再現した仕様に?)

Jordan Brand が気軽なスリッポン「ジョーダン・ローム」を発表
フットウエア

Jordan Brand が気軽なスリッポン「ジョーダン・ローム」を発表

“セイル”という名のカラーでデビューする白いつっかけ

FILA が大阪発のヒップホップグループ Tha Jointz とタッグを組んだコラボモデルを発売
フットウエア

FILA が大阪発のヒップホップグループ Tha Jointz とタッグを組んだコラボモデルを発売

アフリカンカラーを加えてカルチャーへの敬愛を込めたTha Jointz らしい要素が満載となったWEATHERTECモデルは〈CarService〉のディレクター Kei Hashimotoがデザインを担当


alexanderwang が辰年を祝したカプセルコレクション “The Year of the Dragon” を発表
ファッション 

alexanderwang が辰年を祝したカプセルコレクション “The Year of the Dragon” を発表

アイコニックなドラゴン型バッグは『伊勢丹新宿店』で行われるポップアップストアにて発売

Nike Air Force 1 Low より中国の旧正月を祝った新作 “喜喜” が登場
フットウエア

Nike Air Force 1 Low より中国の旧正月を祝った新作 “喜喜” が登場

金のドラゴンの刺繍が目を引くゴージャスな1足に

T-HOUSE New Balance の期間限定スペースが DOVER STREET MARKET GINZA にオープン
ファッション

T-HOUSE New Balance の期間限定スペースが DOVER STREET MARKET GINZA にオープン

“MADE in USA”モデルのフットウェアのグレーカラーの販売や『DSMG』x〈TDS New Balance〉のコラボTシャツなどのスペシャルアイテムを週替わりでリリース

CITY COUNTRY CITY が浅草の名店 餃子の王さまとのコラボレーションを発表
ファッション

CITY COUNTRY CITY が浅草の名店 餃子の王さまとのコラボレーションを発表

『餃子の王さま』のテイクアウト用の包み紙にあしらわれているモノグラムを〈CITY COUNTRY CITY〉仕様にアレンジ

thisisneverthat 2024年春夏コレクション
ファッション 

thisisneverthat 2024年春夏コレクション

2023年秋冬シーズンに続き、熱狂的なサッカーサポーターを指す“Ultras”がテーマに

More ▾
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。