ランボルギーニ初の HPEV、レヴエルトの実力は?

HPEV(ハイパフォーマンスEV)ハイブリッド・スーパースポーツカーである「Lamborghini 」のレヴエルトに、モータージャーナリストの大谷達也が乗った。そのリポートをお届け

オート
2,923 Hypes

「ランボルギーニ(Lamborghini)」がものすごいクルマを作った

その名もレヴエルトは、実に9500rpm(!)まで回る超高回転型V12エンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせ、最高1015psものパワーを炸裂させるモンスターマシン。ちなみにBMW 3シリーズのベーシックモデルは最高出力が156psなので、そのざっと6.5台分もの出力をレヴエルト1台で生み出せることになる。

私はこのレヴエルトに、イタリアのヴァレルンガ・サーキットで試乗してきたのだけれども、それはもう、すさまじい体験だった。

最終コーナーを立ち上がってから1コーナーにたどり着くまでの間に、スピードメーターはあっさりと270km/hオーバーに到達。このとき、もしも1コーナーに向けてブレーキペダルを踏み込まなかったら、簡単に300km/hに達していただろう。

それもそのはず、レヴエルトの最高速度は350km/hと発表されているけれど、これは電子制御で350km/hに抑えているだけの話で、ハイブリッドシステムのモーターが壊れてしまうリスクさえ気にしなければ、それ以上の最高速度を簡単に記録できるほどの実力を備えているのだ。

レヴエルトがすごかったのは、ストレートの速さだけではない

例によって、めちゃくちゃ速い「ランボルギーニ」のインストラクターが操る先導車を追いかけるようにしてレヴエルトを走らせれば、自然とペースが上がっていくのだけれど、そのときのコーナーリングスピードは、両足で踏ん張っていなければ上半身を支えきれないほどの速さ。それでもレヴエルトはまるで姿勢を乱すことなく、ハンドルを切った方向に向けてグイグイと曲がっていく。恐ろしいほどのコーナリング性能と安定感だ。

でも、そうしたコーナリング性能や安定感は、私の“腕”ではなく、レヴエルトのハイテク装備によって生み出されたモノであることが、ステアリング上のツマミを少しひねっただけで明らかになった。

このツマミはANIMA(アニマ。イタリア語で魂の意味)と呼ばれるドライビングモード切り替え用のスイッチで、具体的にはエンジン、4WDシステム、サスペンションなどの設定をガラリと変化させることができるもの。走り始めたとき、私はこのANIMAをサーキット走行用のコルサにしていたのだけれど、これをスポルトに切り替えると、コーナーの出口でアクセルペダルを踏み込んだ瞬間、ズルッと後輪がアウトに流れ始めてドリフト状態になり、ドライバーはカウンターステア(いわゆる逆ハンドル)をあてる楽しさを味わえるようになるのだ。

まさか自分が1000psオーバーのクルマでカウンターステを切るとは思わなかったけれど、そんな走りが簡単にできてしまうのが、ハイブリッドシステムを活用した電子制御式4WD、同じく電子制御で後輪を操舵する4WSといったハイテク装備の威力。こういったテクノロジーを得たことで、初めて、リアヘビーのV12ミッドシップカーであるレヴエルトでも、軽快なオーバーステアが存分に楽しめるようになったのである。

なぜ「ランボルギーニ」はV12エンジンにハイブリッドを組み合わせた?

V12こそは、「ランボルギーニ」の歴史そのものといって構わないエンジンである。

なにしろ「ランボルギーニ」が創業して最初に作ったモデル“350GT”からしてV12エンジンを積んでいた。それ以来、「ランボルギーニ」のフラッグシップモデルは、必ずV12エンジンを積んできた。どちらかといえば、創業者のフェルッチオ・ランボルギーニ(Ferruccio Lamborghini)は、V12エンジンが作りたくて「ランボルギーニ」社を興したんじゃないかと思えるくらい、両者は切っても切れない関係にあるのだ。

けれども、CO2を大量に排出する恐れのあるV12エンジンは、ひとつ間違えれば社会の敵にもされかねない存在。そこでレヴエルトでは、CO2削減に貢献できる可能性を秘めたプラグインハイブリッドシステムと組み合わせることで、V12エンジンが社会的に受け入れてもらえる道筋を探ったのである。

ちなみに、V12エンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせたカタログモデルは、「ランボルギーニ」レヴエルトが史上初めて。その斬新なコンセプトが世界的に高い評価を受け、いま発注しても納車まで2年以上もかかるほどたくさんの受注が舞い込んだという。

この刺激と興奮を、是非、味わってほしいものだ。

Read Full Article

次の記事を読む

空力性能抜群のフェラーリ SF90XX ストラダーレの実力は?
オート

空力性能抜群のフェラーリ SF90XX ストラダーレの実力は?

1030psのシステム出力を達成したモンスターマシンに、モータージャーナリストの大谷達也が乗った

トラヴィス・スコット初のシグネチャーモデル Jumpman Jack Trainer に初見カラーが浮上
ファッション

トラヴィス・スコット初のシグネチャーモデル Jumpman Jack Trainer に初見カラーが浮上

クリーンな“Sailstorm”がスタンバイ?

アストンマーティン・ヴァルハラのプロトタイプが初公開
オート

アストンマーティン・ヴァルハラのプロトタイプが初公開

1012馬力!


NIGO® が Nike との初コラボモデルをお披露目?
フットウエア

NIGO® が Nike との初コラボモデルをお披露目?

Air Force 3 High “Escape”のローカットモデルが登場か

Jacquemus x Nike の J Force 1 から新たにオレンジカラーが登場
フットウエア

Jacquemus x Nike の J Force 1 から新たにオレンジカラーが登場

アパレルアイテムも登場

東京・原宿の古着屋 What'z Up が YEEZY GAP の未発表アイテムをドロップ
ファッション

東京・原宿の古着屋 What'z Up が YEEZY GAP の未発表アイテムをドロップ

本日13:00より開催のポップアップストアにて販売予定

WACKO MARIA x WOLF’S HEAD から2023年秋シーズンの最新コラボアイテムが発売
ファッション

WACKO MARIA x WOLF’S HEAD から2023年秋シーズンの最新コラボアイテムが発売

ジャケットやシャツ、パンツに加えオリジナルのバックルが特徴のパイソンレザーベルトが登場

Levi’s® が Vitra のユーズドチェアを再考した展覧会を開催
デザイン

Levi’s® が Vitra のユーズドチェアを再考した展覧会を開催

オランダで開催中の「ダッチ・デザイン・ウィーク 2023」にて展示

MAKAVELIC と CHROME INDUSTRIES が異色のコラボレーションを発表
ファッション

MAKAVELIC と CHROME INDUSTRIES が異色のコラボレーションを発表

バッグと自転車という共通項を持つライバルブランドが〈MAKAVELIC〉の設立10周年を記念すべくチームアップ


PALACE SKATEBOARDS 2023年冬コレクション発売アイテム一覧 - Week 5
ファッション

PALACE SKATEBOARDS 2023年冬コレクション発売アイテム一覧 - Week 5

10月28日(土)発売となる〈PALACE SKATEBOARDS〉の新作アイテムを一足早くチェック

LA 発の No Free Coffee が日本上陸
フード & ドリンク

LA 発の No Free Coffee が日本上陸

世界2店舗目となる原宿店がオープンし、大阪の『Henry’s PIZZA OSAKA』ではポップアップも開催

Land Rover Defender の走破性能と世界観を体感できる都市型イベントが開催
オート 

Land Rover Defender の走破性能と世界観を体感できる都市型イベントが開催

Presented by Land Rover
歴代および現行モデルを展示する他、プロボクサーの那須川天心によるトークショーも

Nike から近未来的な雰囲気漂う新作モデル Air Max DN がスタンバイ
フットウエア

Nike から近未来的な雰囲気漂う新作モデル Air Max DN がスタンバイ

2024年の“Air Max Day”に市場に投下?

Jordan Brand から新たにブーツ型の Air Jordan 1 が登場
フットウエア

Jordan Brand から新たにブーツ型の Air Jordan 1 が登場

超厚底のソールユニットが特徴的

More ▾
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

広告ブロックツールを使用されているようです

読者に無料で提供する代わりに広告収入を得ています。このサイトをホワイトリストに追加していただけると幸いです

ホワイトリストに追加

ホワイトリストへの追加方法

screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlockのアイコンをクリック
  2. Pause on this site”の下にある“Always”をクリック.
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlock Plusのアイコンをクリック
  2. Block ads on – This website”のスイッチをオフにするとブルーからグレーに切り替わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlocker Ultimateのアイコンをクリック
  2. スイッチをオフにして“Enabled on this site”から“Disabled on this site”に切り替える
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるGhosteryのアイコンをクリック
  2. 下の“Ad-Blocking”ボタンをクリックすると、色がグレーに変化して上のテキストが“ON”から“OFF”に変わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるUBlock Originのアイコンをクリック
  2. トップにあるブルーの電源アイコンをクリック
  3. 色がグレーに変わったら、横に出る更新アイコンをクリックするか下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにある広告ブロックツールのアイコンをクリック
  2. 閲覧中のサイトで広告ブロックツールを無効にするための手順に従ってください
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続