Lotus が初となる電動ハイパー SUV Eletre を発表

「Lotus」の持つスポーツカーのDNAを感じさせるライフスタイルEV

オート
1,222 Hypes

イギリスのスポーツカーブランド「Lotus(ロータス)」初の電気自動車SUVとなるニューモデル Eletre(エレトレ)がついに発表された。これは同社初の5ドア市販車かつ非スポーツカー、初のライフスタイルEVと呼べるもので、「Lotus」は「グローバルパフォーマンスカーブランドへの継続的な変革は、これまでで最も重要なマイルストーンに達した」と述べている。

Eletreのボディサイズは全長5103mm、全幅2135mm(電動リアミラーディスプレイ車)/2231mm(ドアミラー車)、全高1630mm、ホイールベース3019mm。キャブフォワードかつロングホイールベースの“大胆かつドラマチックな”スタイリングとなっているが、短いノーズは「Lotus」の象徴であるミッドシップ・レイアウトのスタイリングを踏襲したものだという。このデザインの特徴的な要素は、EmiraやEvijaにも見られる“Porosity(ポロシティ)”と言われる。Porosityとは、固体物質に含まれる孔や隙間といった空隙の割合を示す言葉であり、Eletreも“車の中を空気が流れる”という思想で作られている。これはボンネットやフロントホイールアーチ前方や後方、リアホイール後方、さらにDピラー上部に空隙が設けられ、走行中の空気が流れ空力的な効果を持つように作られている。

また、正面のアクティブフロントグリルも、静止時、あるいは走行中空気抵抗を減らす必要がある時は閉じたままになる一方、電気モーターやバッテリーパック、フロントブレーキの冷却が必要なときには、独特のパターンで開いて空気をラジエーターに送り込み、クルマが“呼吸”できるように設計されている。パワートレインには高電圧配電システムが統合された全く新しい800v EVアーキテクチャ—を採用。電気モーターは前後にひとつずつ配置され、それぞれ前輪と後輪を駆動。最高出力600hp以上、最高速度260km/h、航続距離600km、0-100km/h加速は3秒以下というスペックを誇る。バッテリーは床下の地面近くに配置され、低重心を実現している。

さらにエアサスペンションとコンティニュアスダンピングコントロール(CDC)が標準装備されるほか、アクティブライドハイト、アクティブリアアクスルステアリング、アクティブアンチロールバー、ブレーキによるトルクベクタリングがオプションで用意されるとのこと。インテリアはエクステリア同様にEmiraやEvijaからインスパイアされたもので、“パフォーマンス指向のテクニカルなデザイン”となっている。ドライバー重視でデザインされたというダッシュボードは、「Lotus」独自のライトウェイト哲学(必要のないものは取り除く)を示している。

インパネ上部にはフラットなライトが横切っているがこれは装飾的なものではなく、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)の一部を形成している。このライトの色が変わることによって、車内温度の変更、車両のバッテリー充電状態などが告知される。ドライバー前方のメーター類は高さ30mm未満のスリムサイズに縮小されているが、これは助手席側も同様で、ドライバー側とは違う音楽選択や近くの名所など、様々な情報を表示。その間には、15.1インチのランドスケープインターフェイスを設置され、不要な場合にはフラットに折りたたむことも可能。ヘッドアップディスプレイも搭載され、拡張現実(AR)技術を介してドライバーに情報を表示することも可能だ。

また、Eletreではドアミラーの代わりに電動リバースミラーディスプレイ(ERMD)を採用。バックミラー用カメラ、駐車を支援する360度上方カメラ、そしてインテリジェントドライビングテクノロジーの一部である3つのカメラも搭載している(許可されていない市場向けには標準のドアミラーとなる)。このうち3つ目のカメラはLiDARシステムと連動し、自律走行機能を実現している。LiDARシステムは「Lotus」としてはEletreに初採用された技術で、自動運転技術をサポート。ユーザーがスマートフォンアプリを使用して、自動駐車も可能になっているという。Eletreは、中国に完成した新工場にて、2022年後半から生産開始の予定だという。詳しくについてはこちらで確認しよう。

Read Full Article

次の記事を読む

Lotus が最後のガソリン車となる新型スポーツカー Emira 1st Edition を発表
オート

Lotus が最後のガソリン車となる新型スポーツカー Emira 1st Edition を発表

「Mercedes-AMG」製2.0L直列4気筒ユニット “M139”を搭載

Aston Martin 初の SUV である DBX のハイパフォーマンスモデルが日本初公開
オート

Aston Martin 初の SUV である DBX のハイパフォーマンスモデルが日本初公開

最高出力707馬力を発揮する4L V8ツインターボエンジンを搭載

Ferrari 初となる SUV モデル Purosangue のリーク画像が浮上
オート

Ferrari 初となる SUV モデル Purosangue のリーク画像が浮上

2023年初頭に発売予定か


Ferrari 初となるSUV Purosangue の最新プロトタイプのリーク画像が浮上
オート

Ferrari 初となるSUV Purosangue の最新プロトタイプのリーク画像が浮上

パワートレインは2.9L V型6気筒ツインターボエンジンに電気モーターが有力か

Air Jordan 1 からシカゴ・ブルズをテーマにした新色 “Heritage” が発売
フットウエア

Air Jordan 1 からシカゴ・ブルズをテーマにした新色 “Heritage” が発売

ユニバーシティレッド/ブラック/ホワイトを従来とは異なる部位に配置した新鮮な印象の1足が誕生

Jaguar の最新 EV バーチャル・レーシングカーが『Gran Turismo 7』でプレイ可能に
オート

Jaguar の最新 EV バーチャル・レーシングカーが『Gran Turismo 7』でプレイ可能に

D-TYPEにインスピレーションを得たシングルシーターのEV

SON OF THE CHEESE と BEAUTY&YOUTH による別注アイテム第2弾が発売
ファッション

SON OF THE CHEESE と BEAUTY&YOUTH による別注アイテム第2弾が発売

『BUY ME STAND』のフロアタイルに着想したパターンをあしらったショートスリーブシャツが登場

Public Enemy x Element Skateboards によるコラボコレクションがローンチ
ファッション

Public Enemy x Element Skateboards によるコラボコレクションがローンチ

ローンチを記念した期間限定ポップアップが東京・原宿『STORMY』にて開催中

Lamborghini と 24Bottles がコラボリユースボトルを発売
オート

Lamborghini と 24Bottles がコラボリユースボトルを発売

ヘキサゴンデザインを模したスタイリッシュなクライマボトルとトラベルタンブラー


那須川天心が RISE ラストマッチで着用する VERDY x Alex Moss によるジュエリーが公開
ファッション

那須川天心が RISE ラストマッチで着用する VERDY x Alex Moss によるジュエリーが公開

合計53.22カラットのダイヤモンドで構成されたTenshin Dino

Studio Visits : カリモク家具
デザイン 

Studio Visits : カリモク家具

「MEDICOM TOY」やKAWSなど数多くのブランド/アーティストのプロダクトを製作する日本の老舗家具メーカーの魅力に迫る

A-COLD-WALL* が Converse との最新コラボフットウェア Aeon Active CX を発表
フットウエア

A-COLD-WALL* が Converse との最新コラボフットウェア Aeon Active CX を発表

サミュエル・ロスの近未来的なビジョンを反映したレースレスのランニングシューズが誕生

Cactus Plant Flea Market の “Japan made” コレクション第6弾が HUMAN MADE®️ オンラインストアにて発売
ファッション

Cactus Plant Flea Market の “Japan made” コレクション第6弾が HUMAN MADE®️ オンラインストアにて発売

アウターから小物まで〈CPFM〉らしい遊び心に溢れた全9型のアイテムがラインアップ

NEIGHBORHOOD x Katharine Hamnett によるウクライナ支援のためのチャリティーTシャツが発売
ファッション

NEIGHBORHOOD x Katharine Hamnett によるウクライナ支援のためのチャリティーTシャツが発売

売上は全て国連「UNHCR」協会を通じてウクライナへの緊急支援活動に充てられる

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

広告ブロックツールを使用されているようです

読者に無料で提供する代わりに広告収入を得ています。このサイトをホワイトリストに追加していただけると幸いです

ホワイトリストに追加

ホワイトリストへの追加方法

screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlockのアイコンをクリック
  2. Pause on this site”の下にある“Always”をクリック.
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlock Plusのアイコンをクリック
  2. Block ads on – This website”のスイッチをオフにするとブルーからグレーに切り替わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlocker Ultimateのアイコンをクリック
  2. スイッチをオフにして“Enabled on this site”から“Disabled on this site”に切り替える
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるGhosteryのアイコンをクリック
  2. 下の“Ad-Blocking”ボタンをクリックすると、色がグレーに変化して上のテキストが“ON”から“OFF”に変わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるUBlock Originのアイコンをクリック
  2. トップにあるブルーの電源アイコンをクリック
  3. 色がグレーに変わったら、横に出る更新アイコンをクリックするか下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにある広告ブロックツールのアイコンをクリック
  2. 閲覧中のサイトで広告ブロックツールを無効にするための手順に従ってください
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続