大阪・心斎橋に WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO の実店舗がオープン

店舗デザインは、先日オープンした『Yohji Yamamoto 2』と同じく、野村訓市の「TRIPSTER」が担当

ファッション 
9,284 Hypes

7月にローンチされた〈Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)〉の新プロジェクト〈WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO(ワイルドサイド ヨウジヤマモト)〉。既に数々のコラボレーションやオリジナルアイテムの発表してきたが、そのリアル店舗『WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO OSAKA』が大阪・心斎橋に10月22日(土)にオープンした。

4フロア構造/総売場面積110坪の本スペースは、もともと40年近く前にあった〈Yohji Yamamoto〉最古(恐らく)の店舗だったそう。メインラインの〈Yohji Yamamoto〉をはじめ、9月17日にローンチしたばかりの〈Yohji Yamamoto POUR HOMME(ヨウジヤマモト プールオム)〉〈power of the WHITE shirt(パワー オブ ザ ホワイトシャツ)〉〈discord Yohji Yamamoto(ディスコード ヨウジヤマモト)〉〈Y’s(ワイズ)〉〈LIMI feu(リミ フゥ)〉、これまでオンライン上でしか購入できなかった〈WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO〉および〈S’YTE(サイト)〉といった同社の数あるブランドが集結する世界初の複合型に。店内にはビーコンが設置され、デジタルとリアルを融合した新しい形のショッピング体験を提供する。

オープンの目玉として、先日リリースされた〈Supreme(シュプリーム)〉とのコラボピース、オンライン販売時に好評を博した〈AMBUSH®(アンブッシュ®)〉や〈BlackEyePatch(ブラックアイパッチ)〉と〈WILDSIDE〉のアイテム、大阪店限定となるデザイナー 山本耀司の愛犬である“凛”をモチーフとしたTシャツ(8,250 円)、フーディ(22,000円)、スケートボード(24,200円)、デザイナー Ken Naoi手掛ける〈Room No.6〉によるハンドメイドの一点物のバッグなどがラインアップ。これら〈WILDSIDE〉のコラボレーションのキュレーションを担当している小木“Poggy”基史は、「東京ではなく大阪というのが逆に面白いと思いました。別注させてもらったのが実際に見れるのも初ですし、世界的なメゾンの方と一緒に仕事をできる機会もそうそうないので、楽しみながら取り組んでおります」と語っている。

店舗デザインは、先日オープンした『Yohji Yamamoto 2』と同じく、野村訓市の「TRIPSTER(トリップスター)」が担当。そんな店内に入るとまず目に飛び込んでくるのは、吹き抜けの天井に柱上に吊るされた黒いカーテン。野村氏によれば、これは山本耀司の打ち出す“白いシャツ”が映えるための工夫だという。また、壁面には巨大なモニターが、角度を付けて設置されているが、これはアメリカ・ニューヨークにあるシアター/ライブハウス『Palladium(パラディウム)』へのオマージュ(売り場を変えたり何でもできるという点が同ストアと共通していると感じたそう)。吹き抜けなこともあり、ついつい上を見上げてしまうが、グリッド上の天井なども含め全体的にシアターがコンセプトとなっている。また、扉を閉めても隙間ができる作りとなっており、中から漏れる光によって、夜間は外から見ると十字に。さながら教会のような佇まいになるのも特徴だ。

ワイルドサイド ヨウジヤマモト 大阪・心斎橋に WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO の実店舗がオープン

野村訓市 コメント
かつてYohji Yamamotoの店舗として建設されたビルが、ご縁があり再び店舗として使用できるということで始まった大阪のプロジェクト。鉄筋コンクリート製の5階からなるこのビルの特徴は浮遊感。フロア、階段、とあらゆる箇所に隙間がある設計は現在においてあまり目にすることのない作りでした。その特徴を活かしつつ、現代の安全基準に落とし込みながら、自由に売り場を変化させる。フロア毎を季節で入れ替えたり、ポップアップを開催したりと、オンラインプラットフォーム上で展開していたWILDSIDE YOHJI YAMAMOTOを、どう実店舗として形にするかと考えたのが、青山のYohji Yamamoto 2でも採用した吊り式のハンガーをグリッドに見せるということでした。また躯体に関わる造作も同じく鉄板を使うことで、両店舗に同じコンセプトを感じさせるように設えています。心斎橋の裏道にできたこの店舗が、Yohji Yamamotoの世界感を多面的に感じることのできる、今後のブランドの指針となる店舗になればと思っています

お近く方も大阪に行く予定のある方も是非足を運んでみてはいかがだろうか。

WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO OSAKA
住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋 1-19-15
営業時間:11:00~20:00

Read Full Article

次の記事を読む

CASETiFY x WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO から初となるコラボコレクションが登場
デザイン

CASETiFY x WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO から初となるコラボコレクションが登場

〈Yohji Yamamoto〉のシグネチャーカラーであるブラックをベースに、ブランドのアイコンでもあるSKULL&ROSEを全面に施したインパクトケースや、シンプルロゴのヴィーガンレザーケースなどがラインアップ

WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO x NEEDLES によるコラボアイテムが発売
ファッション

WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO x NEEDLES によるコラボアイテムが発売

前シリーズが即完売したトラックシリーズの新作が登場

WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO から REBUILD BY NEEDLES との初コラボアイテムが発売
ファッション

WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO から REBUILD BY NEEDLES との初コラボアイテムが発売

ユーズドのフランネルチェックシャツを解体/再構築した全て1点物のスペシャルアイテムを制作


WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO から PROLETA RE ART とのコラボアイテム第2弾が発売
ファッション

WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO から PROLETA RE ART とのコラボアイテム第2弾が発売

ヴィンテージの黒バンダナや貴重なアンティークの布を用いて製作されたデニムジャケット/パンツが登場

復刻が待たれる Nike Terminator High に人気カラーの “Panda” もスタンバイ
フットウエア

復刻が待たれる Nike Terminator High に人気カラーの “Panda” もスタンバイ

人気を博すこと間違いなし

『HUNTER×HUNTER』の連載再開に深夜に『週刊少年ジャンプ』の入荷待ちするファンも
エンターテインメント

『HUNTER×HUNTER』の連載再開に深夜に『週刊少年ジャンプ』の入荷待ちするファンも

センターカラーには『幽☆遊☆白書』の浦飯幽助も登場

Kanye West がついに Balenciaga からも見捨てられる
ファッション

Kanye West がついに Balenciaga からも見捨てられる

Kanye関連の画像やプロダクトが姿を消す(UPDATE:親会社の「Kering」が正式に声明を発表)

日本発のジュエリーブランド Bijou de M と fragment design のコラボによるジュエリーボックス2型がリリース
ファッション 

日本発のジュエリーブランド Bijou de M と fragment design のコラボによるジュエリーボックス2型がリリース

ラージサイズは時計の収納にも最適

Cartier が1972年にロンドンで発表したペブルシェイプド・ウォッチを限定復刻
ウォッチ

Cartier が1972年にロンドンで発表したペブルシェイプド・ウォッチを限定復刻

150本限定のタイプピースはその形状から別名“Baseball”とも呼ばれている


ジェームス・ウェッブ望遠鏡が捉えたこれまでで最も鮮明な“創造の柱”の画像を公開
テック

ジェームス・ウェッブ望遠鏡が捉えたこれまでで最も鮮明な“創造の柱”の画像を公開

濁った茶色のガスと塵の中にある若い星は、生まれてからまだ数十万年しか経っていないと推定されている

Jordan Brand から中国上陸25周年を記念した Air Jordan 12 が登場
フットウエア

Jordan Brand から中国上陸25周年を記念した Air Jordan 12 が登場

OGカラーの“Taxi”をベースに各パーツをイエローやレッドでアレンジした特別な1足が誕生

Jordan Brand からバイカラーが目を引く新作 Air Jordan 2 Low “Craft” が登場
フットウエア

Jordan Brand からバイカラーが目を引く新作 Air Jordan 2 Low “Craft” が登場

さまざまなテクスチャーを採用したデザインが印象的な1足

Web3イベント『HONEYCON』にて #FR2 と河村康輔のコラボ NFT アートオーナー権を配布
NFT

Web3イベント『HONEYCON』にて #FR2 と河村康輔のコラボ NFT アートオーナー権を配布

ホワイトリスト保有者の中から先着10名にオリジナルTシャツもプレゼント

アーティスト池内啓人が唯一無二の BE@RBRICK ロボットフィギュアを制作
デザイン

アーティスト池内啓人が唯一無二の BE@RBRICK ロボットフィギュアを制作

『表参道ヒルズ』のスペース オーで10月22日から10月31日まで展示

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

広告ブロックツールを使用されているようです

読者に無料で提供する代わりに広告収入を得ています。このサイトをホワイトリストに追加していただけると幸いです

ホワイトリストに追加

ホワイトリストへの追加方法

screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlockのアイコンをクリック
  2. Pause on this site”の下にある“Always”をクリック.
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlock Plusのアイコンをクリック
  2. Block ads on – This website”のスイッチをオフにするとブルーからグレーに切り替わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlocker Ultimateのアイコンをクリック
  2. スイッチをオフにして“Enabled on this site”から“Disabled on this site”に切り替える
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるGhosteryのアイコンをクリック
  2. 下の“Ad-Blocking”ボタンをクリックすると、色がグレーに変化して上のテキストが“ON”から“OFF”に変わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるUBlock Originのアイコンをクリック
  2. トップにあるブルーの電源アイコンをクリック
  3. 色がグレーに変わったら、横に出る更新アイコンをクリックするか下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにある広告ブロックツールのアイコンをクリック
  2. 閲覧中のサイトで広告ブロックツールを無効にするための手順に従ってください
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続