インドネシアの McDonald’s が BTS ミールの注文殺到により営業停止に

フードデリバリーのドライバーが密集した結果、新型コロナウイルスの感染対策に違反

フード & ドリンク 
4,750 Hypes

先日、マレーシアのファンが“BTSミール”のパッケージを持ち帰るための容器を持参しているというニュースをお届けしたばかりだが、インドネシアの「McDonald’s(マクドナルド)」では同セットの注文殺到による数日間の営業停止が発表された。

10ピースのチキンマックナゲット、ポテトフライ(M)、コカ・コーラ(M)、スイートチリとケジャンのティップソースからなる“BTSミール”。インドネシアでは6月9日(水)に発売されて以降、フードデリバリーなどを通して注文が殺到。その受け取りのために店舗を訪れたフードデリバリーのドライバーが密集した結果、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染対策に違反したとして、ジャカルタを含むいくつかの都市にある「McDonald’s」が営業停止処分を政府から言い渡された。

ジャカルタのあるジャワ島スマランの治安当局長官であるFajar Purwoto(ファジャル・プルウォト)は新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にある同国の状況を鑑みて「スマランが再び新型コロナウイルスのレッドゾーンになることは避けたい」とコメント。ジャカルタの警察は「McDonald’s」の32店舗が一時的に営業停止していると声明で発表した。『BBC』によると、一部のドライバーは注文依頼を受けるために2時間以上店の前で待機していたとのこと。

Read Full Article
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。