4年に及んだ“任天堂 vs マリカー訴訟問題”が任天堂の勝訴で終焉

損害賠償金は5,000万円

By
エンターテインメント
28,538 Hypes

数年前から都内の路上で頻繁に見かけるようになり、一時は東京名物にもなっていた公道カート。その中でも「任天堂」の『スーパーマリオ』のコスチュームを無断でレンタルサービスしていた「マリカー(現MARIモビリティ開発)」は、2017年2月に「任天堂」から不正競争行為および著作権侵害行為に該当すると訴訟を提起されていたが、遂に「任天堂」の勝訴で終焉した。

2018年9月に一審の東京地方裁判所は「任天堂」の訴えを認め、「マリカー」に対し1,000万円の害賠償金の支払いと不正競争行為の差し止めを命じる判決を下していたが、「マリカー」はこれを不服とし知的財産高等裁判所に控訴。その後も利用者にコスチュームを提供し続け、「任天堂」も一部が一審で認められなかったために賠償金額を5,000万円に増額して控訴したところ、2020年1月の二審では「任天堂」が当初から訴えていた内容がほぼ全面的に認められた。

そして12月24日に最高裁判所が上告を受理しないとする決定を下したことで、「任天堂」の勝訴が確定。約4年に及ぶ“任天堂 vs マリカー訴訟問題”は、「マリカー」の不正競争行為等の差し止めおよび5,000万円の損害賠償金の全額支払いという形で終わりを迎えた。結果について「任天堂」は「控訴審判決の内容が確定したことは、コンテンツ産業の保護と発展のために極めて重要な意義があると認識しております(一部抜粋)」とコメントしたものの、「マリカー」は控訴審以降コメントを控えている。

マリオの格好で都内の観光名所を巡るというサービス自体は妙案だけに、「任天堂」による安心安全なオフィシャルサービスの提供を期待したいがはたして。

Read Full Article

次の記事を読む

未開封の『スーパーマリオブラザーズ』がビデオゲーム史上最高落札額となる約7,300万円を記録
ゲーム

未開封の『スーパーマリオブラザーズ』がビデオゲーム史上最高落札額となる約7,300万円を記録

35年以上机の引き出しの中に眠っていた1品に驚愕の値が付く

粘土職人 YouTuber が『マリオ』の登場キャラを模した寿司セットを製作
デザイン

粘土職人 YouTuber が『マリオ』の登場キャラを模した寿司セットを製作

キャラクターにあわせた寿司ネタのチョイスが抜群

未開封品の『スーパーマリオブラザーズ3』が1,600万円で落札される
ゲーム

未開封品の『スーパーマリオブラザーズ3』が1,600万円で落札される

オークションでのビデオゲーム史上最高落札額を更新


任天堂が12年ぶりに過去最高の純利益を更新
エンターテインメント

任天堂が12年ぶりに過去最高の純利益を更新

Nintendo Switchがファミコンの累計販売台数を抜く

Nike Blazer Mid’77 Vintage からスウッシュがジグザグに編まれた新作が登場
フットウエア

Nike Blazer Mid’77 Vintage からスウッシュがジグザグに編まれた新作が登場

ヒスイ色のクリアソールもポイント

渦中のアレキサンダー・ワンがセクハラ疑惑を完全否定
ファッション

渦中のアレキサンダー・ワンがセクハラ疑惑を完全否定

「この数日間、根拠のない、吐き気のするような虚偽の告発を受けています」

円形闘技場 コロッセオの舞台が復元されることが決定
トラベル

円形闘技場 コロッセオの舞台が復元されることが決定

中央に立ち内部を一望できるようになるそう


Nike からバレンタインデーにあわせて Dunk Low の新色 “Orange Pearl” が登場
フットウエア

Nike からバレンタインデーにあわせて Dunk Low の新色 “Orange Pearl” が登場

サーモンピンクのような淡いパステルカラーをまとったウィメンズ限定モデル

正月休みはゲームのやりすぎによる“任天堂炎症”にご注意を
ゲーム

正月休みはゲームのやりすぎによる“任天堂炎症”にご注意を

激しく親指を動かすことで起きる急性の母指筋腱炎

Flying Lotus は MF DOOM とのコラボ EP を制作中だった
ミュージック

Flying Lotus は MF DOOM とのコラボ EP を制作中だった

「実は一緒にEPの制作に取り組んでいたんだ。まだ僕が聴いたことすらない曲があるよ」

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

アドブロックが検出されました

読者ではなく広告主が請求対象となります。我々のコンテンツにご満足いただいている場合は、アドブロッカーのホワイトリストに追加をお願いいたします