4年に及んだ“任天堂 vs マリカー訴訟問題”が任天堂の勝訴で終焉

損害賠償金は5,000万円

エンターテインメント
63,311 Hypes

数年前から都内の路上で頻繁に見かけるようになり、一時は東京名物にもなっていた公道カート。その中でも「任天堂」の『スーパーマリオ』のコスチュームを無断でレンタルサービスしていた「マリカー(現MARIモビリティ開発)」は、2017年2月に「任天堂」から不正競争行為および著作権侵害行為に該当すると訴訟を提起されていたが、遂に「任天堂」の勝訴で終焉した。

2018年9月に一審の東京地方裁判所は「任天堂」の訴えを認め、「マリカー」に対し1,000万円の害賠償金の支払いと不正競争行為の差し止めを命じる判決を下していたが、「マリカー」はこれを不服とし知的財産高等裁判所に控訴。その後も利用者にコスチュームを提供し続け、「任天堂」も一部が一審で認められなかったために賠償金額を5,000万円に増額して控訴したところ、2020年1月の二審では「任天堂」が当初から訴えていた内容がほぼ全面的に認められた。

そして12月24日に最高裁判所が上告を受理しないとする決定を下したことで、「任天堂」の勝訴が確定。約4年に及ぶ“任天堂 vs マリカー訴訟問題”は、「マリカー」の不正競争行為等の差し止めおよび5,000万円の損害賠償金の全額支払いという形で終わりを迎えた。結果について「任天堂」は「控訴審判決の内容が確定したことは、コンテンツ産業の保護と発展のために極めて重要な意義があると認識しております(一部抜粋)」とコメントしたものの、「マリカー」は控訴審以降コメントを控えている。

マリオの格好で都内の観光名所を巡るというサービス自体は妙案だけに、「任天堂」による安心安全なオフィシャルサービスの提供を期待したいがはたして。

Read Full Article
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

広告ブロックツールを使用されているようです

読者に無料で提供する代わりに広告収入を得ています。このサイトをホワイトリストに追加していただけると幸いです

ホワイトリストに追加

ホワイトリストへの追加方法

screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlockのアイコンをクリック
  2. Pause on this site”の下にある“Always”をクリック.
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlock Plusのアイコンをクリック
  2. Block ads on – This website”のスイッチをオフにするとブルーからグレーに切り替わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlocker Ultimateのアイコンをクリック
  2. スイッチをオフにして“Enabled on this site”から“Disabled on this site”に切り替える
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるGhosteryのアイコンをクリック
  2. 下の“Ad-Blocking”ボタンをクリックすると、色がグレーに変化して上のテキストが“ON”から“OFF”に変わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるUBlock Originのアイコンをクリック
  2. トップにあるブルーの電源アイコンをクリック
  3. 色がグレーに変わったら、横に出る更新アイコンをクリックするか下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにある広告ブロックツールのアイコンをクリック
  2. 閲覧中のサイトで広告ブロックツールを無効にするための手順に従ってください
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続