映画『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督が俳優業からの引退を発表

引き続き裏方として活躍する模様

By
エンターテインメント
1,414 Hypes

全米で大ヒットを記録した2017年公開のミステリー映画『ゲット・アウト』で監督/脚本を担当したコメディアン/俳優としての顔を持つJordan Peele(ジョーダン・ピール)が、俳優業からの引退を発表した。

ご存知の方も多いだろうが、Peeleは2003〜2008年にかけて放送された米コメディ番組『マッドTV!』で俳優としてのキャリアをスタートし、サスペンス・ブラックコメディドラマ『ファーゴ』などに出演するなど役者として名を轟かせた。俳優業からの引退を宣言したPeeleは、Wes Craven(ウェス・クレイヴン)が監督を務めたホラー・サスペンス映画『壁の中に誰かがいる』のリメイク版などのプロデュースを手がけており、引き続き裏方として活躍する模様。今件に関しPeeleは「自分が制作した映画を鑑賞するのは好きです。自分が監督を務めた映画などは見てられますが、どうしても自分が演じている姿を見るのは自慰行為を失敗したような感じで、楽しめません。今は、やらなくてはならないことが沢山あり、最高な気分です」とジョークを交えてコメントしている。

Read Full Article

次の記事を読む

マイケル・ジョーダンが“心の傷”の損害賠償として中国版ジョーダンブランドから約470万円をゲット
フットウエア

マイケル・ジョーダンが“心の傷”の損害賠償として中国版ジョーダンブランドから約470万円をゲット

MJにとっては小銭?

マイケル・ジョーダンが『ラストダンス』にて着用していた未発表モデルが遂に一般発売へ
フットウエア

マイケル・ジョーダンが『ラストダンス』にて着用していた未発表モデルが遂に一般発売へ

Air Jordan 1 Centre Court “White on White”は12月15日(火)発売

マイケル・ジョーダンの息子 マーカスが手がける Trophy Room x Air Jordan 1 のオフィシャルイメージが到着
フットウエア

マイケル・ジョーダンの息子 マーカスが手がける Trophy Room x Air Jordan 1 のオフィシャルイメージが到着

ルーキー時代のMJが受けた“新人いびり”から着想した争奪戦不可避の1足


Netflix が『機動戦士ガンダム』の初となる実写映画化を発表
エンターテインメント

Netflix が『機動戦士ガンダム』の初となる実写映画化を発表

監督は『キングコング:髑髏島の巨神』のジョーダン・ヴォート=ロバーツが担当

nanamica 2021年春夏コレクション
ファッション

nanamica 2021年春夏コレクション

GORE-TEX®搭載のコートやジャケットといったアウトドアで活躍するアイテムはもちろん、こんな時代だからこそのテレワーク時に便利なスタイルも提案

ISSEY MIYAKE と美術家・横尾忠則のラインから“福笑い”をモチーフとした新作ブルゾンが登場
ファッション

ISSEY MIYAKE と美術家・横尾忠則のラインから“福笑い”をモチーフとした新作ブルゾンが登場

昨年10月にスタートしたばかりの新ライン

UT が故ジェイソン・ポランとの最新コレクションを発表
ファッション

UT が故ジェイソン・ポランとの最新コレクションを発表

トラ、ハンバーガー、キリンといったジェイソン・ポランの描くドローイングアートをフィーチャーした最新コレクション


久保建英がビジャレアルからヘタフェに移籍
スポーツ

久保建英がビジャレアルからヘタフェに移籍

安定した出場機会を求めた結果の決断

Barneys New York 新宿店が閉店
ファッション

Barneys New York 新宿店が閉店

1990年オープンの日本1号店が新型コロナの影響から30年の歴史に幕を降ろす

Nike x Skepta の第5弾コラボフットウェア Air Max Tailwind V SK Air 5 が発売か
フットウエア

Nike x Skepta の第5弾コラボフットウェア Air Max Tailwind V SK Air 5 が発売か

Skeptaといえばの玉虫色のように光るメタリックなカラーウェイは健在

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

アドブロックが検出されました

読者ではなく広告主が請求対象となります。我々のコンテンツにご満足いただいている場合は、アドブロッカーのホワイトリストに追加をお願いいたします