LVMH が Tiffany & Co. の買収を撤回

背景にはアメリカによるフランス製品への追加関税をかける動きか

By
ファッション

フランスのラグジュアリー企業体「LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)」が、アメリカ・ニューヨークを拠点とする老舗ジュエリーブランド〈Tiffany & Co.(ティファニー)〉の買収を撤回。両者は、162億ドル(約1兆7,192億円)での買収に合意していたが、「LVMH」側は、アメリカによるフランス製品に追加関税をかける動きがあったことを買収の撤回理由として挙げている。

2019年11月に発表された「LVMH」による〈Tiffany & Co.〉買収は、同社の弱点といわれていた宝飾品部門を強化し、アメリカへ事業を拡大してくことが狙いだった。買収の取引完了は当初2020年8月24日に設定されていたものの、11月まで延期されることが報じられていた。

「LVMH」の公式オンラインサイトでは、アメリカ政府がフランスに追加関税を課す意向を示していることから、フランス外務省が買収実施を2021年1月6日以降に先送りすることをを求めていたことを明かした上、〈Tiffany & Co.〉側も2020年11月24日〜12月31日までの延期を求めていたことから、取引を破談せざるを得ない状況に追い込まれたことを説明。また、2020年11月24日までに買収を終わらせるという従来の契約が守れないことから、買収合意を完了することができなかったと述べた。

これに反応し、〈Tiffany & Co.〉は「LVMH」を提訴することを公表した。同社のグループ取締役会の会長 Roger N. Farah(ロジャー・N・ファーラー)は「このような形でLVMHを提訴するという行動に至ったのは非常に残念ですが、弊社と弊社の株主を守るには訴訟を起こす他手段は残されていません。Tiffany & Co.は契約の義務を果たしており、2019年に合意した期日までに買収取引を終了させる意向でした。Tiffany & Co.はLVMHにも合意通りの買収完了を求めます」とコメント。

〈Louis Vuitton〉からフェイスシールドがリリースされたのはチェック済み?

Read Full Article

What to Read Next

イーロン・マスクの純資産が1日で史上最大の下落を記録
オート

イーロン・マスクの純資産が1日で史上最大の下落を記録

「Tesla」株の急落を受け、マスク氏の純資産は約1兆7,294億円の目減り

IKEA が世界最大の店舗をフィリピンにオープン
ライフスタイル

IKEA が世界最大の店舗をフィリピンにオープン

バスケットコートで換算すると150面以上に相当

名作オフィスチェアのアーロンチェアからゲーミングモデルが誕生
ライフスタイル

名作オフィスチェアのアーロンチェアからゲーミングモデルが誕生

腰痛持ちの方および高所得者のゲーマーの方はぜひ


Hender Scheme と THE NORTH FACE がコラボレーションをアナウンス
ファッション

Hender Scheme と THE NORTH FACE がコラボレーションをアナウンス

高品質なレザーを使用した〈TNF〉のアウターなどがラインアップ?

UPDATE:初の水上&球体の Apple Store がシンガポールにオープン
テック

UPDATE:初の水上&球体の Apple Store がシンガポールにオープン

ロゴも水面に揺れる特別仕様に(UPDATE:店内の様子が公開)

藤原ヒロシの手がける THE CONVENI が2020年9月末で閉店
ファッション

藤原ヒロシの手がける THE CONVENI が2020年9月末で閉店

同日をもって公式オンラインストアもクローズ

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。