誕生60周年を迎えた Dr. Martens のアイコンブーツ 1460 の歴史を辿る

60周年を記念して、ブランドのDNAを色濃く反映した新シリーズ“HERITAGE DISTORTION”の展開をスタート

フットウエア 

8ホールブーツとして知られる1460の誕生60周年を記念して、計12ブランドとのコラボプロジェクト “The 1460 Remastered”を展開中の〈Dr. Martens(ドクターマーチン)〉。本稿では、1960年に誕生したブランドを代表する、このアイコンブーツ 1460の歴史を振り返る。

時代を象徴するファッションアイテムとして、スタイリストから、スケーター、パンクス、詩人、ロッカーズ、ルードボーイズまで、多種多様な人々に愛される1460。ドイツの最先端のエンジニアリングと英国の伝統的な靴製造の技術の融合によって生まれたこのブーツは、靴業界に大きな変化をもたらすと共に、ブランドが多様性と可能性に富んだ特異な歴史を歩み出す第一歩となった。1960年代後半、英国の若いギャング達は、労働者階級の象徴とされていたワーキングブーツをユニフォームのようにスタイルに取り入れ始めた。The Who(ザ・フー)のPete Townshend(ピート・タウンゼント)が、ライブで〈Dr. Martens〉のアイテムを着用し始めたのも、時を同じく1967年。この頃から〈Dr. Martens〉は単なるワークシューズブランドから、サブカルチャーや音楽のフィールドへもステージを広げていった。

イエローステッチ、グルービングソール、ブーツの特徴を謳ったヒールタブ、一目でそれとわかるように施されたこれらのディテールは、やがて労働者階級のプライドと自己表現の象徴へと変貌を遂げる。快適な履き心地や耐久性、履き込むほどに増す味わいは、60年の時を経ても変わることなく、同じプロセスをもって同様の素材を使い、一部のコレクションはブランド創業から残るイングランド・ノーサンプトンの工場で今もなお作られ続けている。

現在の〈Dr. Martens〉のコミュニティーは、国籍や年齢に囚われず無限に広がるサブカルチャーと個人の進化によって形勢されている。シンプルなワークブーツとして歴史を刻み、反逆精神の象徴としても認識される1460は、この先もカルチャーと共に新たな歴史を刻んでいくだろう。

〈Dr. Martens〉の全国のショップ及びオンラインストアでは、1460誕生60周年を記念し、そのDNAを最大限に反映した2020年秋冬の新シリーズ “HERITAGE DISTORTION”のアイテムを展開中。1460の誕生60周年を記念した特設サイトはこちらからご確認を。

[問]Dr.Martens AirWair Japan
https://jp.drmartens.com/category/SIX_DECADES_OF_DM
Tel:03-6746-4860

『HYPEBEAST』がお届けするその他最新のフットウェア情報もお見逃しなく。

Read Full Article
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。