Google の歌詞不正流用問題で Genius が敗訴

歌詞データに忍ばせていた“暗号”が証拠になるかと思いきや……

By
ミュージック

2019年末「Google(グーグル)」とそのパートナーであるが「LyricFind」が歌詞を不正に流用したとして、歌詞サイトの「Genius(ジーニアス)」に5,000万ドル(約53億円)の損害賠償を求める訴訟を起こされていたが、「Genius」側が敗訴したことが分かった。2009年に設立された「Genius」は、いわば歌詞の集積サイトのようなもので、ユーザーがリリックやその解説を加えられるコミュニティ型のプラットフォームである。

「Google」で著名曲の歌詞検索をしたことがある方は思い当たるだろうが、「Post Malone Rockstar lyrics」などと検索すると結果ページに直に歌詞が表示される仕組みになっている。この際、出典先として「LyricFind」が表示されているのだが、「Genius」は「LyricFind」が歌詞を不正に流用し「Google」はそれを知りながら検索結果に使用しているのではないかと主張。これを暴くため、歌詞データにこっそりとアポストロフィーからなる独自のモールス信号“red handed(現行犯)”を“透かし”のように忍ばせていたのだが、このモールス信号が「Google」の検索結果ページで表示されていたことから流用が決定的となり、「Genius」は提訴に踏み切った。

しかし8月10日(現地時間)、ニューヨーク州東部連邦裁判所は「歌詞の著作権所有者のみが二次的著作物を認可する排他的な権利を持っている」と、歌詞の著作権を保有するのは作詞者であり「Genius」に訴える権利はないと棄却した。裁判所の判決は正しいかもしれないが、「Genius」のデータを流用するのを認めるのはいかがなものか……。両者の今後の動きに注目したい。

『Instagram』が『TikTok』の牙城を崩す新機能“Reels”を発表した記事はもうチェックした?

Read Full Article

What to Read Next

ジェリー・ロレンゾが息子の手がけた Nike Air Fear of God 1 の新色を公開
フットウエア

ジェリー・ロレンゾが息子の手がけた Nike Air Fear of God 1 の新色を公開

これまでのモデルとは異なる若さ溢れるポップなカラーリングに

Nike がコービー・ブライアントを讃える “Mamba Week” のスペシャルアイテムを発表
フットウエア

Nike がコービー・ブライアントを讃える “Mamba Week” のスペシャルアイテムを発表

『UNDEFEATED』とのコラボによるKobe V Protroもラインアップ

故 Mac Miller の人気ミックステープ『K.I.D.S.』が未公開楽曲を収録し配信
ミュージック

故 Mac Miller の人気ミックステープ『K.I.D.S.』が未公開楽曲を収録し配信

「Nikes On My Feet」や「Knock Knock」が収録されたミックステープ


Futura や Parra らアーティスト4名によってデザインされた遊び心満載なマスクが登場
アート

Futura や Parra らアーティスト4名によってデザインされた遊び心満載なマスクが登場

内側にフィルターの取り付けを可能にしたポケットや調節できる紐が備え付けられている

Anti Social Social Club x UNDEFEATED x F1 のコラボコレクションが登場
ファッション

Anti Social Social Club x UNDEFEATED x F1 のコラボコレクションが登場

ヘルメットやレーサージャケットがラインアップ

SAINT MICHAEL がデビューコレクションのデリバリーを開始
ファッション

SAINT MICHAEL がデビューコレクションのデリバリーを開始

全国の主要セレクトショップにて販売開始

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。