adidas 社がコロナ禍を早くも?巻き返す

第3四半期では前年と比べ1桁下回る6〜7億ユーロの収益の見通しがついていることも明かす

By
ファッション

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により景気が後退している中、スポーツウェア大手「adidas(アディダス)」社は第2四半期決算で売上高が予想を上回ったことを発表。

ロックダウン中に世界全体に構える店舗の70%以上を閉鎖に追い込まれた「adidas」の売上高が上向く背景には、eコマースでの売上が伸びたことが主な要因としてある。同ブランドの実店舗も徐々に営業を再開しているものの、これまでの顧客は実店舗離れが進んでおり、新規の客による購入の割合の方が高いという。また、第3四半期では、前年と比べ1桁下回る6〜7億ユーロ(約750〜875億円)の収益の見通しがついていることも明かしている。これを仮に達成すれば、第2四半期の3億3,300万ユーロ(約375億円)の損失を賄うことがことできる。今件に関して、「adidas」の最高経営責任者 Kasper Rorsted(カスパー・ローステッド)は「トンネルの向こうに光が見えてきました。本日の発表で分かることは、第3四半期で引き続き売上を回復していくことです」とコメント。着実に需要を取り戻し始めている「adidas」ではあるが、店内の顧客数の向上や社内での多様性の強化など様々な問題が現在立ちはだかっている。今後どのように同ブランドがそれらを解決しながら、売上高を伸ばしていくのか動向を注意深く追っていくことにしよう。

「Prada Group」の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による収益減少の報告はチェック済み?

Read Full Article

What to Read Next

C.P. COMPANY 2020年秋冬コレクション
ファッション

C.P. COMPANY 2020年秋冬コレクション

豊かな都市環境の希望をイメージした新たな時代の都市型コレクション

Instagram 上で最も人気のある車ランキングが発表
オート

Instagram 上で最も人気のある車ランキングが発表

最もハッシュタグの付けられた車種とは?

teamLab が自宅で楽しめるインタラクティブなプロジェクト “Flowers Bombing Home” を始動
アート

teamLab が自宅で楽しめるインタラクティブなプロジェクト “Flowers Bombing Home” を始動

世界各国から参加者を募集


JAM HOME MADE からガンダムやザクの頭部をかたどったアクセサリーが発売
ファッション

JAM HOME MADE からガンダムやザクの頭部をかたどったアクセサリーが発売

経年変化を楽しめるコーティング加工が施された逸品

Jumpman ロゴが Air Jordan 1 に変化するアート作品をチェック
アート

Jumpman ロゴが Air Jordan 1 に変化するアート作品をチェック

スニーカーヘッズは必見

HAROSHI の新作個展が NANZUKA 2G にて開催
アート

HAROSHI の新作個展が NANZUKA 2G にて開催

アメリカのスケーターたちの間で馴染み深い消火栓をテーマにした“FREE HYDRANT CO”

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。