米メリアム・ウェブスター辞典が“人種差別”の定義を改訂

一人の女性の意見を受けて改訂へ

By
アート
1,580 Hypes

1828年より続く米英語辞典である『メリアム・ウェブスター辞典(Merriam-Webster Dictionary)』が、“Racism(人種差別)”の項目について定義を改訂する方針を明らかにした。同辞書を発行している「Merriam-Webster(メリアム・ウェブスター)」社がこの改訂を決断したのは、ある女性からの提案があったからだという。

CNN』のレポートによると、事の発端はアメリカ・アイオワ州のドレイク大学を最近卒業したばかりのKennedy Mitchum(ケネディ・ミッチャム)が、先日「Merriam-Webster」社へメールを送ったことに始まる。彼女は現在『メリアム・ウェブスター辞典』に載っている“Racism”の項目の定義が、実際に世界で起こっていることを表すものではないと指摘し、変更を求めたようだ。Mitchumは同誌の取材に対し「私が伝えたのは、ある集団に属する人々に対する徹底的な抑圧があることを(定義に)含める必要がある、ということ。(人種差別というのは)私は誰かのことが嫌い、という次元の話ではない」と語った。

メールを受け取った「Merriam-Webster」社の編集者は、Mitchumと数回のやり取りを通じて、定義の改訂を決断。同辞書の“Racism”の項目には現在3つの定義が示されており、Mitchumの指摘に関わるのは、“人種差別の仮定に基づき、その原理を実行することを目的とした教義または政治プログラム”および“人種差別に基づく政治的または社会的システム”という部分。この箇所について、同社は「次の改訂版で(この部分を)より一層明確に表現するつもりです。非対称的な力構造の概念を、この定義に取り入れることができるでしょう」と話している。

米グラミー賞が“アーバン”の用語を含むカテゴリーの名称を変更したのはご存知?

Read Full Article

What to Read Next

アナ・ウィンターが社内で横行していた人種差別的な振る舞いについて明かす
ファッション

アナ・ウィンターが社内で横行していた人種差別的な振る舞いについて明かす

全責任は自身にあることを認め、問題への取り組み方法を企業全体で模索していると述べる

DIOR がショーン・ステューシーを招聘したフォール 2020 メンズ コレクションのキャンペーンを公開
ファッション

DIOR がショーン・ステューシーを招聘したフォール 2020 メンズ コレクションのキャンペーンを公開

Air Jordan 1 High OG DIORも登場

押さえておきたい先週の必読記事 5 選
エンターテインメント

押さえておきたい先週の必読記事 5 選

全米ファッション協議会 CFDA がファッション業界における人種差別に反対する声明を発表したニュースから米グラミー賞による“アーバン”の用語を含むカテゴリーの名称変更など先週の注目トピックをおさらい


Beastie Boys × Girl Skateboards によるカプセルコレクションがリリース
ファッション

Beastie Boys × Girl Skateboards によるカプセルコレクションがリリース

スパイク・ジョーンズの写真をフィーチャーしたアイテムがラインアップ

月面走行を想定した Tesla Cybertruck が登場?
オート

月面走行を想定した Tesla Cybertruck が登場?

自動車デザイナー CHARLIE AUTOMOTIVE によるコンセプトデザイン

N.HOOLYWOOD がバンダナをモチーフとしたハワイアンシャツ&ショーツを発売
ファッション

N.HOOLYWOOD がバンダナをモチーフとしたハワイアンシャツ&ショーツを発売

祐天寺のセレクトショップ『ARMS CLOTHING STORE』の協力のもと制作された逸品

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。