Tesla の完全自動運転対応機能が月額制サブスクリプションサービスとして利用可能に?

2020年内の実現を予定

By
オート
8,275 Hypes

Elon Musk(イーロン・マスク)率いる米電気自動車メーカー 「Tesla(テスラ)」が以前から開発を進めている完全自動運転対応機能(Full Self-Driving System:FSD System)が、2020年後半にサブスクリプションサービスとして利用可能になることが明らかになった。4月29日(現地時間)に行われた同社の2020年第1四半期の決算説明会で、Elonがこのことを発表した模様。

数年前から「Tesla」は全ての車両にオートパイロット機能を備えており、さらに購入時にオプションとして完全自動運転対応機能をつけることができる(購入後でも追加可能)。ただ、この機能は“完全自動運転”と謳っているものの、現段階ではドライバー自身が監視する必要や責任があり、“完全な”自動運転という訳ではない。このため、ワイヤレスで継続的にアップグレードを行なっており、徐々に値段が上がってきている。このオプションの価格は、2019年2月の時点で5,000ドルだったのが、同年12月には7,000ドルに跳ね上がっている(※本稿執筆時点で日本での価格は753,000円)。

「Tesla」CFOのZachary Kirkhorn(ザック・カークホーン)は、月額制のサブスクリプションサービスが利用可能になれば、人々がこの機能にアクセスしやすくなると考えているという。長期的に見れば、月額制の方がコストが高くなるのは明らかだが、Elonはこのサービスは“消費者に利益をもたらす投資”になると語っている。また彼は「私の推測では、FSDオプションは人々が後悔することのないものだ」と付け加えた。

「Tesla」Cybertruckの新作はキャンピングカースタイルと予想されているのはご存知?

Read Full Article

What to Read Next

フェデラーの手がける On が新作フットウェア Cloudnova を発売
フットウエア

フェデラーの手がける On が新作フットウェア Cloudnova を発売

『DSMG E-SHOP』でも取り扱いを開始

“OBEY” ことシェパード・フェアリーが NY の非営利団体への支援のための特別な Vans Slip-On を製作
フットウエア

“OBEY” ことシェパード・フェアリーが NY の非営利団体への支援のための特別な Vans Slip-On を製作

〈Vans〉がローカルの企業を支援するチャリティープロジェクトを実施中

2G から空山基の作品を刺繍した Levi’s® 公認のカスタムジーンズが登場
ファッション

2G から空山基の作品を刺繍した Levi’s® 公認のカスタムジーンズが登場

古着のアメリカ製501® を使用した1点もの


Studio Visits:EYEFUNNY
ファッション 

Studio Visits:EYEFUNNY

多くのアーティストやセレブリティを虜にする〈EYEFUNNY〉のデザイナー Juryのインスピレーションの源やデザイン哲学を探る

山口歴らの作品が出展される台湾の国際アートフェア Taipei Dangdai がオンライン上での開催を発表
アート

山口歴らの作品が出展される台湾の国際アートフェア Taipei Dangdai がオンライン上での開催を発表

オンライン・ビューイングルーム『Taipei Connections』を開設

SNS から東京の犬文化にインスパイアされたドッググッズが登場
ファッション

SNS から東京の犬文化にインスパイアされたドッググッズが登場

キャンペーン映像には、人気の柴犬 Tofu Chanが登場

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。