Gap が米ニューヨーク・マンハッタン店の家賃未払いで訴えられる

4月と5月分の賃料など約5,600万円が支払われていないという

ファッション
5,979 Hypes

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のため、実店舗を休業せざるを得ない小売業や飲食業にとって、家賃の負担が重くのしかかっている。1969年創業のアメリカン・カジュアルブランド〈Gap(ギャップ)〉も例外ではないようだ。

現在「Gap, Inc.」はアメリカ・ニューヨークのマンハッタンに位置する店舗の家賃未払いで訴えられている。その訴訟によれば、4月と5月分の賃料に水道料金と除雪費用を含めた53万334ドル(約5,600万円)が支払われていないという。加えて、家主の「48th Americas LLC」は、弁護士費用をカバーするために20,000ドル(約210万円)も求めている模様。同社は2020年4月に北米の店舗にかかる約1億1500万ドル(約122億9,026万円)相当の家賃支払いを一時停止したと報じられていた。

『HYPEBEAST』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。

Read Full Article
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。