米電気自動車メーカー Tesla の時価総額が1000億ドルを突破

第4四半期も好調の勢いは衰えず

By
オート

去る2020年1月29日(現地時間)に、Elon Musk(イーロン・マスク)率いる米電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」が、2019年の第4四半期(2019年10月~12月)の好業績を発表した。これを受けて、同社株価の終値は史上最高となる1株あたり580.99ドル(約63,000円)、時価総額は1,000億ドル(約10兆8,335億円)を突破。さらに、時間外取引で一時は1株あたり653ドル(約77,000円)まで高騰し、初めて600ドル(約65,000円)の大台に到達した。

第4四半期の純利益は前年同期比で25%減少する一方、売上高は2%増の73億8,000万ドル(約8,000億円)、年間売上高は14.5%増の245億8,000万ドル(約2兆6,600億円)となった。加えて、前期比のおよそ3倍の11%増加し、10億ドル(約1,080億円)のフリーキャッシュフローを計上。自動車の総配送台数は2019年に48%増加し、世界全体で約36万7,000台に達したが、米国における成長率は14%増に留まる結果となった。これは、「Tesla」がヨーロッパおよびアジア市場に注力している現状を反映した結果であろう。実際、同社は中国・上海に巨大工場を建設し、車両の大量生産を進めている。さらに現在、年間最大50万台を製造するためにドイツ・ベルリンにも別の工場を開設する予定だ。今後も引き続き同社の動向に注目していきたい。

『HYPEBEAST』がお届けするその他のオート関連情報はこちらから。

Read Full Article

What to Read Next

eBay が高級腕時計に関するレポート “2020 Luxury Watch Report” を発表
ファッション

eBay が高級腕時計に関するレポート “2020 Luxury Watch Report” を発表

〈Rolex〉 が「eBay」における高級腕時計市場を席巻

東京五輪での Nike Vaporfly シリーズの着用が許可されることに
フットウエア

東京五輪での Nike Vaporfly シリーズの着用が許可されることに

物議を醸していた〈Nike〉のランニングシューズに対し4月から新ルール施行へ

J Balvin がレインボーカラーを採用した Air Jordan 1 のコラボレーションモデルを公開
フットウエア

J Balvin がレインボーカラーを採用した Air Jordan 1 のコラボレーションモデルを公開

NFL「第54回スーパーボウル」のハーフタイムショーにてお披露目される


NBAウィザーズの八村塁がウォリアーズ戦で復帰か
スポーツ

NBAウィザーズの八村塁がウォリアーズ戦で復帰か

約1ヶ月半ぶりとなる戦線復帰が目前に

HYPEBEAST が選ぶ2020年2月公開の注目映画 5 選
エンターテインメント 

HYPEBEAST が選ぶ2020年2月公開の注目映画 5 選

2020年2月中に公開される映画の中から厳選した5作品をトレーラー映像やあらすじと共にご紹介

Converse よりパッチワークを施した Chuck 70 Hi の新色モデルが登場
フットウエア

Converse よりパッチワークを施した Chuck 70 Hi の新色モデルが登場

リラックス感漂うグリーンとオフホワイトの2色展開

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。