アメリカ全土で大麻を合法化する法案が下院議会で可決される

個人の生産や所持の刑事罰を撤廃し、大麻を巡る過去の犯罪歴も取り消す内容

By
エンターテインメント
13,351 Hypes

国連麻薬委員会が大麻を“最も危険な薬物”のリストから除外したのとほぼ時を同じくして、アメリカ全土で大麻を合法化する法案が史上初めて下院議会で可決された。この法案は大麻を規制物質から除外し、個人の生産や流通、所持の刑事罰を撤廃、さらに大麻を巡る過去の犯罪歴を取り消し、製品に5%の税金を課すことで薬物対策の基金に充てることなどが盛り込まれている。

現在アメリカではワシントン州やハワイ州など36州で大麻の医療使用が認められ、カリフォルニア州やオレゴン州をはじめとする15州では嗜好品として使うことも合法化されており、そのうちニュージャージー州やアリゾナ州などは11月の大統領選と同時に実施された住民投票で大麻の使用が合法化されたばかり。今回の法案を機にアメリカ全体で大麻の使用が合法化となれば、世界的な状況も大きく変わるだろうが、下院議会で賛成したのは多数派の民主党議員222人、共和党議員5人、自由党のJustin Amash(ジャスティン・アマッシュ)議員で、同法案が共和党が多数を占める上院議会を通過する見通しは少ないという。

NFLがドラッグテストでの大麻の陽性反応による罰則を撤廃したニュースもあわせてチェックしておこう。

Read Full Article

次の記事を読む

ニューヨーク州での娯楽目的のマリファナ使用が合法化に向け大きく前進
エンターテインメント

ニューヨーク州での娯楽目的のマリファナ使用が合法化に向け大きく前進

21歳以上の成人による購入や個人消費目的での栽培が可能に

Uber が全米でマリファナのデリバリーサービスを開始する可能性を示唆
エンターテインメント

Uber が全米でマリファナのデリバリーサービスを開始する可能性を示唆

“つまみ吸い”の問題が頻発しそうであるが……

アメリカ・ニューオリンズにある Banksy の2作品が落書きされる
アート

アメリカ・ニューオリンズにある Banksy の2作品が落書きされる

大御所グラフィティアーティスト一派の仕業?


国連麻薬委員会が大麻を“最も危険な薬物”のリストから除外する
エンターテインメント

国連麻薬委員会が大麻を“最も危険な薬物”のリストから除外する

各国でのマリファナビジネスの合法化に向けた大きな動き

adidas Originals より映画『グレムリン』のギズモにフィーチャーした Stan Smith がリリース
フットウエア

adidas Originals より映画『グレムリン』のギズモにフィーチャーした Stan Smith がリリース

ギズモのギョロッとした目がヒールにデザインされたインパクト大の1足をチェック

Apple 初のワイヤレスヘッドフォン AirPods Max が誕生
テック

Apple 初のワイヤレスヘッドフォン AirPods Max が誕生

5カラー展開で、価格は61,800円

HODINKEE がジョン・メイヤーの手がけた G-SHOCK 6900をリリース
ファッション

HODINKEE がジョン・メイヤーの手がけた G-SHOCK 6900をリリース

メイヤーが幼い頃に使用していたCasiotone SK-5の配色を拝借


DIOR フォール 2021 メンズ コレクション
ファッション

DIOR フォール 2021 メンズ コレクション

ポップアートの第一人者 ケニー・シャーフを招聘した最新コレクション

国連麻薬委員会が大麻を“最も危険な薬物”のリストから除外する
エンターテインメント

国連麻薬委員会が大麻を“最も危険な薬物”のリストから除外する

各国でのマリファナビジネスの合法化に向けた大きな動き

Dime と Reebook が90年代の名作バッシュをベースに初となるコラボフットウェアを発表
フットウエア

Dime と Reebook が90年代の名作バッシュをベースに初となるコラボフットウェアを発表

ショーン・ケンプのシグネチャーモデル Kamikaze IIのローカットモデルに〈Dime〉のロゴをオン

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

アドブロックが検出されました

読者ではなく広告主が請求対象となります。我々のコンテンツにご満足いただいている場合は、アドブロッカーのホワイトリストに追加をお願いいたします