NANZUKA による企画展 UNDERGROUND of Diversity が Art Basel Miami にてオンライン開催

田名網敬一、空山基、山口はるみ、佃弘樹、Haroshi、ハビア・カジェハらが参加

アート
4,765 Hypes

オンラインで実施されている「Art Basel Miami Beach 2020」にて、東京のギャラリー『NANZUKA』が“UNDERGROUND of Diversity”を開催する。これは、Sex、Punk、Science Fiction、Psychedelic、Street、Mangaといった異端の文脈を相互作用的に混在させた企画展であり、人種、地域、文化の高低差、社会的タブーといった問題を超えて表現を行うアーティストの独創性に焦点を当てたもの。

参加アーティストは、幼少期の第二次世界大戦の記憶をポップかつサイケデリックな世界観で表現し続ける伝説的日本人アーティスト 田名網敬一、聖と性のテーマにSFを融合させたセクシーロボットで広く知られる空山基を筆頭に、山口はるみ、Javier Calleja(ハビア・カジェハ)、Haroshi(ハロシ)、佃弘樹、Mori Masato、Oliver Payne(オリバー・ペイン)らが名を連ねる。イラストレーション、デザイン、漫画、ストリートアート、アンダーグラウンドカルチャーとさまざまなバックグラウンドを持つアーティストたちの作品を平行して展示することで、現在進行形のアートの多様性を体系的に説明する内容に。

UNDERGROUND of Diversity @ Art Basel Miami Beach Online 2020
会期:12月4日〜12月6日

『HYPEBEAST』がお届けするその他アート関連の情報もお見逃しなく。

Read Full Article
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。