Fear of God x Nike から最新アパレルコレクションが登場

バスケットボールをテーマとしてきた両者のコラボの最新ドロップ

By
ファッション
9,696 Hypes

2018年から続くJerry Lorenzo(ジェリー・ロレンゾ)の手がける〈Fear of God(フィア オブ ゴッド)〉と〈Nike(ナイキ)〉のコラボレーション。そんな両者から最新のアパレルコレクションがリリースされる。

バスケットボールをテーマとしてきた本コラボだが、今回のドロップでもウォームアップ トップ(17,500円)、ウォームアップ パンツ(20,000円)、バスケットボール ショーツ(12,500円、バスケットボールジャケット(25,000円/税抜)がラインアップ。Jerryは今回のアパレルコレクションについて次のようにコメントする。「これらのアイテムは、私たちの潜在意識のなかにある欲望を掻き立てます。ひとつひとつがアスリートのための本物のワードローブとして機能を発揮するだけでなく、80年代、90年代にこれらを着用していた人々が醸し出すさりげない格好良さが故にアイコニックな存在となっているのです」

1980〜90年代といえば、Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)に代表されるようなNBA選手がファッションリーダーであり、今のラッパーやデザイナーに憧れるように当時のキッズたちは彼らを模倣した。「プレイヤーがアリーナに到着する時のスタイルを考えてみました。昔のように、物事がもっと単純だった頃を表現しようと思ったのです。当時は今とは違って、アパレルそのものにそれほどこだわりはなかったと思います。何よりもプレイヤーの個性が際立っていました。きちんとシューズを履く気分になれなかったから、かかとを踏んでいたこともあるかもしれない。それでも、それはそれでかっこよかったのです」とJerryは述べる。

〈Fear of God〉x〈Nike〉の最新アイテムは、11月19日(木)から『SNKRS』『NIKELAB MA5』『DOVER STREET MARKET GINZA』で順次販売開始予定。

『HYPEBEAST』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。

Read Full Article

What to Read Next

INVITE ONLY : FORTY PERCENT AGAINST RIGHTS “The truth is out there” 編
アート 

INVITE ONLY : FORTY PERCENT AGAINST RIGHTS “The truth is out there” 編

『DAYZ』のディレクター 渡辺真史と〈FPAR®〉西山徹に本エキシビションの経緯や作品の背景を語ってもらった

Nike Dunk Low Cactus Jack x PlayStation® のオフィシャルリリース情報が解禁
フットウエア

Nike Dunk Low Cactus Jack x PlayStation® のオフィシャルリリース情報が解禁

一般販売なしの完全抽選かつ18歳以上のアメリカ在住者のみという狭き門

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の公開日が決定
エンターテインメント

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の公開日が決定

Ξガンダムをフィーチャーした最新ビジュアルも公開


子煩悩で知られる KAWS が SONS + DAUGHTERS とのキッズ用サングラスをアナウンス
ファッション

子煩悩で知られる KAWS が SONS + DAUGHTERS とのキッズ用サングラスをアナウンス

よく見るとレンズ部分にはシグネチャーである“XX”が

Cactus Plant Flea Market x Nike の Dunk Low の公式ビジュアルが解禁
フットウエア

Cactus Plant Flea Market x Nike の Dunk Low の公式ビジュアルが解禁

11月18日(現地時間)に〈CPFM〉の公式オンラインサイトで発売予定

“身体に最も近い道具”をコンセプトに掲げる meanswhile が国内初の旗艦店をオープン
ファッション

“身体に最も近い道具”をコンセプトに掲げる meanswhile が国内初の旗艦店をオープン

旗艦店の座標をプリントしたTシャツを店舗限定で販売

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。