ジャレッド・レトが『ジャスティス・リーグ スナイダーカット』でジョーカーを再演か?

異例の再編集版として全4話で構成される『ジャスティス・リーグ スナイダーカット』は、「HBO Max」で2021年より配信される

エンターテインメント
4,876 Hypes

映画『スーサイド・スクワッド』でジョーカー役を演じた俳優/ミュージシャン Jared Leto(ジャレッド・レト)が、映画監督 Zack Snyder(ザック・スナイダー)が手掛ける『ジャスティス・リーグ スナイダーカット』で同役の再演を果たすことが報じられた。

遡ること2017年に、『ジャスティス・リーグ』の映画ディレクター兼プロデューサーを務めていたZack Snyderだったが、私的事情により突如降板を発表し、『アベンジャーズ』の脚本・映画監督を担ったJoss Whedon(ジョス・ウェドン)が引き継ぐという事態に。今回は、Joss Whedonが手掛けたシーンを省き、『ジャスティス・リーグ』でカットされたシーンの会話を組み込んだ異例の再編集版として『ジャスティスリーグ スナイダーカット』を公開するとのこと。7,000万ドル(約73億円)の製作費が注ぎ込まれている同作の再撮影では、Henry Cavill(ヘンリー・カヴィル)、Ben Affleck(ベン・アフレック)、 Gal Gadot(ガル・ガドット)やRay Fisher(レイ・フィッシャー)などが再演を務める。『ジャスティス・リーグ スナイダーカット』は全4話で構成され、「HBO Max」で2021年より配信される予定。

Todd Phillips監督作の大ヒット映画『ジョーカー』の続編2作の制作が検討されているのはご存知?

Read Full Article
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。