アレクサンドル・アルノーとキム・ジョーンズが新たに切り開く未来

〈DIOR〉のメンズ アーティスティック ディレクターであるキム・ジョーンズが本コラボをはじめ「RIMOWA」のCEO、ブランド背後にある遺産、革新、将来の計画について語る

Presented by Rimowa
ファッション 

HYPEBEAST Radio」にてJeff Staple(ジェフ・ステイプル)が毎週お届けしている『Business of HYPE』。

この番組は、クリエイター、ブランド構築者、起業家、そして彼らが築き上げてきた夢の背景を語るシリーズだ。シーズン6の初日、Jeffは「RIMOWA(リモワ)」のCEO、Alexandre Arnault(アレクサンドル・アルノー)と〈DIOR(ディオール)〉 のメンズ アーティスティック ディレクター Kim Jones(キム・ジョーンズ)を招いた。

若くて革新的なCEOが、1世紀以上前からあるラゲージブランドを、現代のファッションシーンに大きな衝撃を与える業界の先駆者へと変貌させたことは一部の人にとっては謎かもしれないが、27歳の本人にとっては驚く話ではなかった。業界のシンボルとも言える「LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)」の会長、Bernard Arnault(ベルナール・アルノー)の息子であるAlexandreは、幼い頃からファッション界の細部にまで触れるビジネスマインドを持って生まれた。

Alexandreは元々「RIMOWA」の最高経営責任者で同社創業者の孫であるDieter Morszeck(ディーター・モルシェック)氏と直接会い、スーツケース製造プロセスに関する洞察を得ようと、同社に対してコンサルティングと投資をおこなっていた。「RIMOWA」は家族経営だったため、Alexandreは「RIMOWA」を買収するつもりもなかったし、売りに出されていることも知らない状態であった。18ヶ月あまりの月日を過ごす中で、Dieterが「RIMOWA」を息子へ引き継ぐのではなく、会社を売却しようとしていることに気づくことになる。「LVMH」が「RIMOWA」との有機的な関係を築くことへの関心があることに合わせ、Dieter側も「LVMH」 のブランドに対する姿勢、すなわち長い年月をかけて手塩にかけてきた傘下のブランドを信頼していた。

2016年に「LVMH」が同社を買収し、Alexandreをわずか24歳でCEOに任命した。家族経営のブランドとしての長い歴史を持つ「RIMOWA」は、会社の規模を拡大するために徹底的な措置を講じる一方で、より強力なストーリーテリングと新しいビジュアル・アイデンティティを創造。121年の歴史と職人気質なモノづくりの高品質を維持しながら、ブランドの再起動と認知の普及に貢献した。今でもドイツで熟練した職人によってひとつひとつ手作りされている「RIMOWA」のスーツケースは正に一点ものだ。

「人々はブランドを知らず知らずのうちに認知している。ほら、このAlex Israel(アレックス・イスラエル)とのコラボスーツケースやVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)とのコラボスーツケース、遠くから見てもRIMOWAのスーツケースだと言えるでしょう。素晴らしい二つのアイデンティティは、見事に彼らの本当の姿を表現している。人々が自分自身を表現するキャンバスなんだ」

Alexandreによると、「RIMOWA」の中核にあるのは実用目的であり、高い品質は他の小売ブランドと比べて立ち位置をユニークにしている。このように明確な位置づけを基本として、かつ同社の創造的なビジネス手法によって、〈FENDI(フェンディ)〉〈Off-White™️(オフホワイト)〉〈Supreme(シュプリーム)〉などのブランドとのストリートウェアにおける最も注目すべきコラボが可能となった。これらのコラボレーションは、彼の有機的友情関係と、最近の〈DIOR〉とのコラボにも見られた包括性に焦点を当てたいという願望から生まれた。

バックパックやクロスボディのバッグから、シャンパン色のキャリアケース、光沢のあるオンブレブルーに彩られ〈DIOR〉のハウスロゴをあしらったハンドケース、「RIMOWA」とのコラボレーションは、カッティングエッジなスタイルのKim Jonesと、彼の世界を旅しているライフスタイルを端的に表している。現在〈DIOR〉のメンズアートディレクターを務めるこのイギリス人デザイナーは、〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉〈Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)〉〈Alex Dunhill(アレックス・ダンヒル)〉などで仕事をしてきた素晴らしい経歴を誇っている。彼の影響力を語ることは、進歩的なデザインの背後にある巧妙さを過小評価してしまわないだろうか。

「アルミニウム製クラッチは、我々のDNAとアルミニウムのノウハウを取り入れ、DIORのハンドバッグ技術を持って開発された新しいアクセサリーです。今、スーツケースは旅行の時にのみ使用されるアイテムです。我々は日常的に消費者ときちんと寄り添える方法を見つけたい。ノウハウ、職人技、デザイン、かっこよさがありつつ一日中持ち歩くことができるものです」

旅の文化を高めながら、「RIMOWA」はその堅牢なデザインを守るだけでなく、現在のファッションの限界を広げることにも力を注いでいる。アルミケースの中には、「RIMOWA」を今日のような強力な企業に押し上げた要素、すなわち新しいストリートウェア、高級ファッション、アートの青写真が内包されている。Alexandreによると、〈DIOR〉カプセルは同社が目指す方向のプレビューにすぎないという。3年で彼は「RIMOWA」の価値を維持することに成功し、さらにはかつては対立するサブカルチャーの流行に対応するプラットフォームとしてもブランドを高めてきた。

このエピソードの中で、ストリートウェアの目利きであるKim Jonesの考えに注目し、彼の現代ファッションに対する考えに深く切り込んでいく。Alexandreの「RIMOWA」との旅、そして〈DIOR〉とのコラボレーションの内幕ついて是非聞いてみてほしい。

『Business of HYPE』は『Apple』『Spotify』『Soundcloud』『Stitcher』『Overcast』『Anchor』などでチェックすることが可能。また、質問のある方はJeffのTwitterあるいはquestions@businessofhype.comまでお気軽にお問い合わせを。

Read Full Article

What to Read Next

新型 iPhone の登場が期待される Apple のイベントが9月10日に開催決定
テック

新型 iPhone の登場が期待される Apple のイベントが9月10日に開催決定

さまざまな新機能が追加されたiPhone Xの後継機登場に期待が高まる

BAMBOO SHOOTS が2019年秋冬ルックブックとブランド初となる映像作品を発表
ファッション

BAMBOO SHOOTS が2019年秋冬ルックブックとブランド初となる映像作品を発表

全シーズンに続いて現代アーティストの加賀美健がモデルとして登場

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジにて販売されているコーラの爆弾型ボトルが機内持ち込みと預け入れ禁止の対象に?
フード & ドリンク

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジにて販売されているコーラの爆弾型ボトルが機内持ち込みと預け入れ禁止の対象に?

「お土産として最適なのに」と非難の嵐?


NILøS が NUBIAN HARAJUKU でポップアップストアを開催
ファッション

NILøS が NUBIAN HARAJUKU でポップアップストアを開催

東京の次世代デザイナーズシーンの一翼を担うアップカミングブランドが、新作を提げて『NUBIAN』に乗り込む

tone が2019年秋冬シーズンの最新ルックブックを公開
ファッション

tone が2019年秋冬シーズンの最新ルックブックを公開

英国ユースカルチャーを着想源としながらも、より大人の男性像を追求したコレクションを展開

BMW が“世界で最も黒い黒”でコーティングした新型 X6 を発表
オート

BMW が“世界で最も黒い黒”でコーティングした新型 X6 を発表

可視光の99%を吸収するベンタブラックを使用した史上初にして唯一のクルマが誕生

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。