UPDATE:かつてNBAに一大旋風を巻き起こしたジェレミー・リンが語る現在の苦悩

「ある意味NBAが僕に見切りを付けたように感じる」(UPDATE:中国リーグ北京ダックスとの契約を発表)

By
スポーツ

UPDATE(2019/8/29):NBAでの生き残りに対する不安を吐露していたJeremy Linであるが、中国プロバスケットリーグ(CBA)のチーム、北京ダックスと契約したことが明らかとなった。Linはこれまで自分を支えてくれた家族、友人、ファンそしてNBAへの感謝の想いをInstagram上に投稿。9年間に及ぶNBAでのキャリアを通じて、通算480試合に出場。平均11.6得点、2.8リバウンド、4.3アシストを記録した。

この投稿をInstagramで見る

All I can say is THANK YOU to the NBA, my family, inner circle, every fan who came to watch or rooted for me during these last 9 years! To challenge stereotypes, make history, rep Asians at the NBA level and pave the path as others have done for me has been an absolute privilege. Im overwhelmed with gratitude for each person who has been with me each step of the way. ⁣ Equally excited for this next step with the Beijing Ducks! I always knew my path would go through the CBA solely bc I knew how much of an honor it would be to hoop in front of all my Chinese fans. Im here now and there is more history to be made! Also congrats to @joe_linstagram on a contract extension fresh off a championship with the @fubon_braves … you're a beast and to be able to sign our contracts on the same day is something Ill forever cherish. Love you lil bro! #linstanation #farfromdone #glorytoGod

Jeremy Lin 林書豪さん(@jlin7)がシェアした投稿 –

ORIGINAL(2019/7/29):Jeremy Lin(ジェレミー・リン)は、アジア系アメリカ人であり、ハーバード大卒という異色の経歴を持つバスケットボール選手。2010年にドラフト外からNBAに入団し、翌2011-2012シーズンにはニューヨーク・ニックスの一員として大ブレイク。Carmelo Anthony(カーメロ・アンソニー)とAmar’e Stoudemire(アマーレ・スタウダマイアー)という当時の二大エースを欠くニックスにおいて、彗星のごとく現れたLinは、わずか35試合の出場ながらチームの救世主として(まるで漫画のような)大活躍を見せる。全米ひいては全世界のバスケットボールファンを狂乱の渦に誘ったJeremy Linの活躍は社会現象と化し、“Lin”と“insanity(狂気といった意味を持つ)”をかけ合わせた造語“Linsanity”と形容された。

スターダムを駆け上がるかと思われたLinであったが、その後は、度重なる怪我に悩まされ、毎年のように移籍を繰り返す。昨シーズンはトロント・ラプターズの一員としてNBA制覇を果たし、アメリカ生まれのアジア人としては初めて優勝を経験した選手となったが、プレイオフを通じてわずか8試合出場、平均出場時間は3.4分にとどまった。

現在、アジアの国々を歴訪しているLinは、台湾のテレビ番組に出演し、これまでの道のりや現在の心境を語った。現在、フリーエージェントのLinは「毎年、状況は厳しくなっている。英語には“一度どん底を経験すれば、あとは登っていくだけだ”という表現があるけど、僕にとってはどん底が深まっていく一方な気がする。フリーエージェントは辛い、ある意味NBAが僕に見切りを付けたように感じる」と涙ながらに語った。また、「自分自身の手で掴み取ったとは言い難いチャンピオンシップやこの先があるのかもわからない(バスケットボールの)未来について語ることは恥ずかしいし、辛い状況だ」という旨を述べた。

この投稿をInstagramで見る

Jeremy Lin opens up ?

Bleacher Reportさん(@bleacherreport)がシェアした投稿 –

NBA球団関係者に聞いた来季の優勝チーム予想はチェック済み?

Read Full Article

What to Read Next

KAWS が次期エキシビション開催に際した新作フィギュアを公開
アート

KAWS が次期エキシビション開催に際した新作フィギュアを公開

〈UT〉とのコラボTシャツにも登場したデザイン

見逃したくない今週のリリースアイテム 6 選
ファッション 

見逃したくない今週のリリースアイテム 6 選

〈HUMAN MADE®️〉x〈Girls Don’t Cry〉の京都限定コレクションから『size?』x〈Vans〉コラボ新作や〈sacai〉x〈Native Sons〉まで、今週の要注目のコラボレーションが目白押し

カナダ発 Moose Knuckles の秋冬キャンペーンに悟りを開いたデニス・ロッドマンが登場!?
ファッション 

カナダ発 Moose Knuckles の秋冬キャンペーンに悟りを開いたデニス・ロッドマンが登場!?

Presented by Moose Knuckles Canada
待っているのは、本当の人生だ。


MIZUNO より爽やかな配色を纏った COURT SELECT の新色モデルが発売
フットウエア

MIZUNO より爽やかな配色を纏った COURT SELECT の新色モデルが発売

クリアブルーのスケルトンガムラバーをアウトソールに採用し、洗練されたシルエットながらも存在感のある表情に

KFC が“植物からつくられたフライドチキン”を1日限定で販売
フード & ドリンク

KFC が“植物からつくられたフライドチキン”を1日限定で販売

100%植物性の代替肉を使用したフライドチキンが誕生

Nike SB と S.O.T.Y. 受賞ライダー アイショッド・ウェアの新作コラボアイテムがリリース
ファッション

Nike SB と S.O.T.Y. 受賞ライダー アイショッド・ウェアの新作コラボアイテムがリリース

ローカルスケートショップをサポートする“Orange Label”からシューズ1型+アパレル3型が登場

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

AdBlockが有効になっているのを検出しました

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。