アメリカ・サンフランシスコ市が電子タバコの販売を全面禁止に

「医学的な安全性や長期的な健康への影響については不明な点が多く、若者たちがニコチンやタール中毒になることを防ぐための一歩にしたい」

By
ライフスタイル

健康意識の高まりと共に、喫煙率の減少に拍車がかかるアメリカだが、遂に一部の市では電子タバコの購入すら許されない日が迫っているのかもしれない。それというのも、先日、サンフランシスコ市で電子タバコの販売を完全禁止する条例案が通過したからだ。

市管理委員の全会一致で承認されたこの条例案であるが、本稿執筆時点でサンフランシスコ市長であるLondon Breed(ロンドン・ブリード)氏の署名待ち。市長のサインを経て条例案が成立すると、米食品医薬品局(FDA)による健康への影響検査が済んでいないJuul(ジュール)などの電子タバコの販売が禁止されるほか、オンライン販売などを通じて同市内に持ち込むことも禁止されるという。早ければ、2019年7月には正式承認されるが、この条例の有効期間は7ヶ月となる。

同市の司法長官は本条例に対し、「電子タバコは、医学的な安全性や長期的な健康への影響については不明な点が多く、この条例が通過することでサンフランシスコ市内の若者たちがニコチンやタールの中毒になることを防ぐための一歩にしたい」とコメント。

カリフォルニア州では、既にビバリーヒルズ市でタバコ類の一切の販売を禁止する条例案が可決している。だが、電子タバコに特化した販売禁止を掲げる都市は、サンフランシスコが全米初となる。若者たちの間で利用者が急増するなか、このような規制に向けた対策は今後アメリカ各地に広がりそうだ。

その他、『HYPEBEAST』による最新ライフスタイル情報もお見逃しなく。

Read Full Article

What to Read Next

URBAN RESEARCH が GOD SELECTION XXX とタッグを組んだカプセルコレクション第2弾を発表
ファッション

URBAN RESEARCH が GOD SELECTION XXX とタッグを組んだカプセルコレクション第2弾を発表

“AFTER PARTY”をテーマとしたTシャツを筆頭にスイムショーツやオンブレチェックの半袖シャツが登場

Coca-Cola ブランド初のエナジードリンクとなる新商品 コカ・コーラ エナジー が発売
フード & ドリンク

Coca-Cola ブランド初のエナジードリンクとなる新商品 コカ・コーラ エナジー が発売

カフェインやガラナエキスを配合した全く新たなコーラが誕生

Gucci がスマホをかざすだけでシューズの仮想試着ができる“AR機能”を発表
テック

Gucci がスマホをかざすだけでシューズの仮想試着ができる“AR機能”を発表

〈Gucci〉の定番スニーカーがアプリ上で試着出来ちゃう?


THE NORTH FACE PURPLE LABEL より2019年秋冬シーズンのルックビジュアルが到着
ファッション

THE NORTH FACE PURPLE LABEL より2019年秋冬シーズンのルックビジュアルが到着

アイコニックなパープル色が全体に散りばめられた最新コレクションをチェック

Eminem の実父が67歳で死去
ミュージック

Eminem の実父が67歳で死去

長年疎遠となっていた息子と関係を修復することなく永眠

データが証明する久保建英の“凄さ”
スポーツ

データが証明する久保建英の“凄さ”

日本サッカー界の至宝が「コパ・アメリカ2019」のピッチで記録したハメス・ロドリゲスやアグエロを凌ぐスタッツとは

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。