UNO がドロー4やドロー2の積み重ね禁止を正式に表明

ドロー4/ドロー2が提示されたら、次の人は必ずカードを引き、そのターンがスキップに


世界的カードゲーム「UNO(ウノ)」が、ドロー4やドロー2の積み重ね禁止を正式に表明した。大富豪をはじめとするトランプゲームと並び、修学旅行などの定番として親しまれる「UNO」だが、自分の前の人にドロー2を出されたあと、ドロー2やドロー4を重ねて場に捨てていた人も少なくないだろう。しかし、同社はこの行為がルール違反であることをTwitterにて発表。ドロー系カードのあとに、ドロー系カードを出すことはできず、出された人はカードを引き、そのターンがスキップとなる。

「UNO」は、この事実を認識していた模様。しかし、アクションカード(スキップやリバース)の複数枚捨て禁止や、ワイルドドロー4のチャレンジ制度(ワイルドドロー4は手札に出せるカードがない場合にしか出せないため、ダウトの場合は出したプレーヤーがドローすることになる)など、「UNO」にはまだまだ初心者が知らないであろう細かなルールが多数存在するのだ。

今回の声明には、ネット上でも様々なリアクションが起きているので、以下ではその一部をご紹介。また、この機会に『HYPEBEAST(ハイプビースト)』がお届けするそのほかのエンタメ情報もあわせてチェックしてみてはいかがだろうか。


GamingUNOCARD GAMES