Nike がそれぞれの足型に最適なサイズを導き出す新サービス “Nike Fit” を開始

60%以上の人が誤ったサイズを選択していると言われるなか登場する画期的なサービス

By
フットウエア
12,954 Hypes

革新的なテクノロジーにより時代をリードし続ける〈Nike(ナイキ)〉が新サービス“Nike Fit”をスタートする。

これは、60%以上の人が誤ったシューズのサイズを選択していると言われるなか、このサービスを使えば、自分に最適なサイズを見つけ出せるというもの。

Nikeアプリからアクセスできる“Nike Fit”は、人工知能、コンピュータビジョン、データサイエンスに加えて様々なアルゴリズムを組み合わせている。利用者はスマホを使って両足をスキャン、左右の形態を表す13個のデータポイントを収集され、購入するシューズに応じた最適なサイズが推奨される。現段階で日本での展開は不明だが、シューズによってサイズ感も異なるので、今後のサイズ選びを大きく助けるであろう。

その他〈Nike〉関連の最新情報もお見逃しなく。

Read Full Article
Source
Nike
この記事を共有する

次の記事を読む

UPDATE:カスタマイズサービス NIKE BY YOU に待望の Dunk Low が追加
フットウエア

UPDATE:カスタマイズサービス NIKE BY YOU に待望の Dunk Low が追加

名作を再現するもよし、自分のデザインセンスを発揮するもよし(UPDATE:日本国内での取り扱いがスタート)

忘れ去られた不遇の1足 Nike Air Max 96 II がカムバック
フットウエア

忘れ去られた不遇の1足 Nike Air Max 96 II がカムバック

我こそが初代 Air Max 97なり

Nike がデータ統合などのサービスを提供するスタートアップ企業 Datalogue を買収
テック

Nike がデータ統合などのサービスを提供するスタートアップ企業 Datalogue を買収

消費者主導のデジタルトランスフォーメーション戦略を推進することが目的


Uber が全米でマリファナのデリバリーサービスを開始する可能性を示唆
エンターテインメント

Uber が全米でマリファナのデリバリーサービスを開始する可能性を示唆

“つまみ吸い”の問題が頻発しそうであるが……

Off-White™ が Lyst の人気ブランド第1位に返り咲き
ファッション

Off-White™ が Lyst の人気ブランド第1位に返り咲き

プロダクト別ランクでは史上初となるスニーカーがTOP10を占拠

Saturdays NYC が2019年プレフォールコレクションを発表
ファッション

Saturdays NYC が2019年プレフォールコレクションを発表

1980年代〜90年代に多く見られた鮮やかで明るいカラーが特徴のスポーツウェアから着想を得た最新コレクション

CHROME INDUSTRIES よりニューヨークにてカスタムされたスペシャルなメッセンジャーバッグが国内20個限定で登場
ファッション

CHROME INDUSTRIES よりニューヨークにてカスタムされたスペシャルなメッセンジャーバッグが国内20個限定で登場

ディテールにまで拘り抜いた秀逸メッセンジャーバッグが2サイズ3色展開展開でラインアップ


あなたの脳にもポケモン専用の領域が形成されている?
エンターテインメント

あなたの脳にもポケモン専用の領域が形成されている?

スタンフォード大学の研究により判明した『ポケモン』のプレー経験が及ぼす脳への影響

今週末開催の EDC JAPAN 2019 に原宿のうどん屋 麺散 が出店 & VERDY プロデュースのステージも登場決定
ミュージック

今週末開催の EDC JAPAN 2019 に原宿のうどん屋 麺散 が出店 & VERDY プロデュースのステージも登場決定

これまでの「EDC JAPAN」とは一線を画す「EDC JAPAN 2019」は5月11~12日(土日)の2日間で開催

Cactus Plant Flea Market x Nike による Air VaporMax 2019 が『SNKRS』に登場
フットウエア

Cactus Plant Flea Market x Nike による Air VaporMax 2019 が『SNKRS』に登場

〈CPFM〉らしい遊ぶ心の詰まった1足に

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

アドブロックが検出されました

読者ではなく広告主が請求対象となります。我々のコンテンツにご満足いただいている場合は、アドブロッカーのホワイトリストに追加をお願いいたします