レブロン・ジェームズ不在の NBA プレイオフが意味する時代の終焉

今期は2006年以来、レブロンもしくはコービーが出場しない初のファイナルに

Sports

3月22日(現地時間)のブルックリン・ネッツ戦に敗れたロサンゼルス・レイカーズは遂にプレイオフ進出の望みが絶たれた。LeBron James(レブロン・ジェームズ)は開幕前より、プレイオフ進出を今期の目標に掲げ、自身が怪我で離脱するまでは西カンファレンスの好位置に付けていたため、チームにとってもファンにとっても想定外の“大惨事”といえるだろう。

LeBronのプレイオフ不在は2005年以来となり、これにより、2011年から2018年にかけて続いた8年連続ファイナル進出の記録は途絶えた。その8年間のプレイオフでLeBronは、763試合に出場し536試合に勝利、優勝は3回。平均27.0得点、8.0リバウンド、7.3アシストという驚異的な数字を記録した。2006年以来、JamesもしくはKobe Bryant(コービー・ブライアント)が出場しない初のファイナルに。また、1976-1977シーズン(別リーグのABAを吸収合併した年)から現在に至るまで、Kareem Abdul-Jabbar(カリーム・アブドゥル=ジャバー)、Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)、Shaquille O’Neal(シャキール・オニール)そしてLeBron Jamesがいずれも出場しない初のプレイオフとなった。

Jamesの個人成績は昨年までとほぼ変わりないが、欠場試合も多く2008年から連続で選出されているオールNBA1stチームから漏れる可能性も十分にあり得る。来シーズン以降のレイカーズは再び大きな改革に着手するであろうが、2019年はバスケ界にとって時代の転機となったといえるだろう。『HYPEBEAST』がお届けするその他NBA関連のニュースもお見逃しなく。

Read Full Article
More

What to Read Next

LITTLEBIG より“美しく仕立てたテーラード”を徹底的に追求した2019年秋冬ルックブックが到着
Fashion

LITTLEBIG より“美しく仕立てたテーラード”を徹底的に追求した2019年秋冬ルックブックが到着

新鮮でありながらクラシカルな匂いを随所に潜ませたコレクションに

ヴァージルお墨付きの INDVLST LAB からスクリーンプリントキット第2弾が登場
Fashion

ヴァージルお墨付きの INDVLST LAB からスクリーンプリントキット第2弾が登場

シルクスクリーン用の版とインクが同梱したDIYキットでM64とL/S Tシャツを自分好みにカスタマイズ

2020年東京五輪に向けたスケートボードのアメリカ代表チームメンバーが発表
Sports

2020年東京五輪に向けたスケートボードのアメリカ代表チームメンバーが発表

ナイジャ・ヒューストンやトム・シャーら、スタースケーターたちが大集結したドリームチームに


『新世紀エヴァンゲリオン』の Netflix 配信日が決定
Entertainment

『新世紀エヴァンゲリオン』の Netflix 配信日が決定

TVシリーズ全26話と劇場版2作を全世界一斉配信

Streetsnaps:Seoul Fashion Week FW19
Fashion  

Streetsnaps:Seoul Fashion Week FW19

現代ストリートの掟に忠実な世界4大コレクション顔負けのオフランウェイは必見

Nike React “Tinker Hatfield” と次期 Air Max モデルのビジュアルが急浮上
Footwear

Nike React “Tinker Hatfield” と次期 Air Max モデルのビジュアルが急浮上

未だ謎に包まれた近未来的なルックスをチェック

More ▾