NOAH からレジェンドロックバンド Depeche Mode をフィーチャーしたカプセルコレクションが発売

出世作『Violator』を着想源とする各アイテムをチェック

By
ファッション

音楽シーンにも精通するBrendon Babenzien(ブレンドン・バベンジン)率いるブランド〈NOAH(ノア)〉から、イングランド出身のレジェンドロックバンド Depeche Mode(デペッシュ・モード)による1990年リリースの出世作『Violator』をフィーチャーしたカプセルコレクションが登場。

ジャケット、ニットウェア、フーディー、Tシャツ、アクセサリーなどを含む13ピースで構成される本コレクションは、同アルバムに収録される4曲をテーマとしている。“World in My Eyes”、“Personal Jesus”、“Enjoy the Silence”および“Policy of Truth”をモチーフとするグラフィックや、アルバムジャケットとして有名な赤いバラのグラフィック、ミュージックビデオから引用したイメージなどが各アイテムに配される。なかでもハイライトとなるのは、Babenzienが1980年代から90年代初期にかけて所有していた〈Dr.Martens(ドクターマーチン)〉にインスパイアされたシングルバックルシューズであろう。アパレルにも使用される赤いバラと“Personal Jesus”の十字架のグラフィックが両サイドにあしらわれたデザインになっている。

Babenzienは、今回フィーチャーしたDepeche Modeに関して以下のようにコメントした。「Depeche Modeは、Violatorで世界中から注目され、世代ごとに新しいリスナーを獲得しています。発売当初の新鮮さを現代の私たちも感じることのできる、そんな時代を超えたクラシックを生み出しました」

本コレクションは、12月12日(現地時間)よりオンラインサイト、『SSENSE』および世界中の各リテーラーにて発売。まずは上のフォトロールより、ルックブックをチェックしてみよう。

『HYPEBEAST』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。

Read Full Article

What to Read Next

Forbes が“世界の最も稼ぐミュージシャン”の2019年度版を発表
ミュージック

Forbes が“世界の最も稼ぐミュージシャン”の2019年度版を発表

音楽業界の世相を反映するようにヒップホップアーティストが多数ランクイン

Nike が2019-2020年シーズンのNBA シティ エディション ユニフォームを発表
スポーツ

Nike が2019-2020年シーズンのNBA シティ エディション ユニフォームを発表

レイカーズは往年の名選手 シャキール・オニールにスポットライトを当てる

adidas Skateboarding がブロンディ・マッコイを招聘した異色の Superstar をリリース
フットウエア

adidas Skateboarding がブロンディ・マッコイを招聘した異色の Superstar をリリース

シースルー素材を使用したかつてないルックスのSuperstar


UPDATE:Nike Air Max Plus と Converse Chuck Taylor をミックスした禁断の?ハイブリッドスニーカーが登場
フットウエア

UPDATE:Nike Air Max Plus と Converse Chuck Taylor をミックスした禁断の?ハイブリッドスニーカーが登場

異色のソックタイプスニーカーが誕生(UPDATE:追加販売となる受注会が開催)

Interviews:2G のオープニングを飾る空山基とダニエル・アーシャムが思うアートとファッションの関係性
アート 

Interviews:2G のオープニングを飾る空山基とダニエル・アーシャムが思うアートとファッションの関係性

世界でも類を見ない新業態の「2G」や展示のコンセプトに言及する過程で、“アートのファッション化”を俯瞰する

Vetements が『スター・ウォーズ』とのコラボコレクションを発表
ファッション

Vetements が『スター・ウォーズ』とのコラボコレクションを発表

計44ピースの壮大なコレクションを展開

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

AdBlockが有効になっているのを検出しました

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。