Juice Wrld の母親が息子の突然の死に対する心境を告白

「息子は薬物依存から必死に立ち直ろうとしていたのです」

By
ミュージック

去る2019年12月8日(現地時間)、米シカゴ・ミッドウェー国際空港のターミナルにて突如発作を起こし、21歳の若さで死去した米人気ラッパーのJuice Wrld(ジュース・ワールド)こと、Jarad Anthony Higgins(ジャラド・アンソニー・ヒギンス)であるが、生前に薬物依存から立ち直ろうとしていたことが明らかとなった。

エンタメ情報メディア『TMZ』の取材に対し、Juice Wrldの母親であるCarmella Wallace(カミーラ・ウォーレス)氏は以下のようにコメントしている。

私たちは、心の底からJaradを愛していました。彼と共に過ごす時間が、こんなに短く終わってしまうなんて…とても信じられません。これまでに、彼自身の曲や直接ファンに向けて語っていたように、Jaradは処方薬の依存症から必死に立ち直ろうとしていたのです。(薬物)中毒というのは境界がなく、それと戦う本人の意思をはるかに上まわる影響を及ぼすのです。息子であり、兄弟であり、孫であり、友人であったJaradは、薬物中毒を乗り越えた人間として多くの人々の目に写りたいと心から願っていました。そして、彼の音楽や遺産に託してきたそのメッセージが、この世のどこかで同じく依存症に苦しむ人々の支えになりますように。Jaradが残した愛、喜び、そして誠実さはこれからもずっと残り続けることでしょう。

Juice Wrldの死因は未だ解明されていないが、複数メディアによると、所持していた“パーコセット(Percocet)”というオピオイド系鎮痛薬を機内で大量に服用している姿が目撃されていたという。ちなみに、この鎮痛薬は2016年にこの世を去ったミュージシャンのPrince(プリンス)の死因としても知られており、同じく2017年11月に薬物中毒で死亡したLil Peep(リル ピープ)も生前に過剰摂取していたとされる。

『HYPEBEAST』がお届けするその他の音楽ニュースもお見逃しなく。

Read Full Article

What to Read Next

adidas x atmos によるコンセプトショップ A.T.A.D が原宿に誕生
フットウエア

adidas x atmos によるコンセプトショップ A.T.A.D が原宿に誕生

“ストリートシューズバー”をコンセプトにした新店舗

Big Love Records x Matthew M. Williams x Cali Thornhill DeWitt によるトリプルコラボTシャツが発売
ファッション

Big Love Records x Matthew M. Williams x Cali Thornhill DeWitt によるトリプルコラボTシャツが発売

音楽を共通言語として親交を深めてきた3者によるコラボレーション

No Vacancy Inn x  New Balance のコラボレーションモデル第2弾が登場
フットウエア

No Vacancy Inn x New Balance のコラボレーションモデル第2弾が登場

1996年発売のランニングシューズ850をベースに採用


1017 ALYX 9SM からローラーコースターバックルをかたどったリングが登場
ファッション

1017 ALYX 9SM からローラーコースターバックルをかたどったリングが登場

ブランドのシグネチャーであるバックルベルトが着想源

Off-White™ とルーブル美術館がレオナルド・ダ・ヴィンチの没後500年を記念したカプセルコレクションを発売
ファッション

Off-White™ とルーブル美術館がレオナルド・ダ・ヴィンチの没後500年を記念したカプセルコレクションを発売

レオナルド・ダ・ヴィンチの代表作をフィーチャー

Vetements x 映画『スター・ウォーズ』のコラボコレクションを記念したローンチイベントに潜入
ファッション

Vetements x 映画『スター・ウォーズ』のコラボコレクションを記念したローンチイベントに潜入

ロシア・モスクワの百貨店『Tsum』にて開催したイベントの様子をチェック

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。