『National Geographic』がスニーカー産業の裏側にあるプラスチックごみ問題にスポットライトを当てたビデオを公開

スニーカーが環境に及ぼす影響とは?

By
フットウエア

〈Element Skateboards(エレメント・スケートボード)〉とのコラボコレクションを発表したばかりの“ナショジオ”こと『National Geographic(ナショナル ジオグラフィック)』が、スニーカー産業の裏側にあるプラスチックごみ問題にスポットライトを当てたビデオを公開した。

自身の個性を表現するアイテムであり、コーディネートの中でも重要な位置を占めるスニーカー。ストリートファッションの勢いとともにその人気が高まり、今では投資の対象となるほど。『National Geographic』によると、2018年には世界中で240億足以上の靴が製造され、アメリカ国内だけで20億足以上が販売されたという。しかし、そのほとんどが使用された後、ゴミとして捨てられる現状にあり、特にスニーカーにおいてその傾向が顕著となっている。これはスニーカーのほとんどが、より快適で、より軽く、より頑丈になるようにプラスチックが素材に使用され、リサイクル不可能なことが理由として挙げられる。

“スニーカーは持続可能になり得るか”というテーマの元、3つのエピソードから構成される本ビデオでは、ポートランドに位置する靴のデザイン学校「Pensole Footwear Design Academy(ペンソール フットウェア デザイン アカデミー)」の創設者 D’Wayne Edwards(Dウェイン・エドワーズ)およびフットウェアフォアキャスターのNicoline van Enter(ニコライン・ヴァン・エンター)がスニーカーの構造とその背後にある歴史を紹介し、なぜこれほどまでスニーカーにプラスチックが使用されることになったかという疑問を明らかにしていく。さらに、3Dプリントやバイオファブリケーションなどの技術革新が、フットウェア業界のサステイナビリティをどのように推進していくかについて触れ、その前者の例として〈adidas(アディダス)〉が開発したランニングシューズ Futurecraft.Loopを紹介している。

『HYPEBEAST』がお届けするその他フットウェア関連の情報もお見逃しなく。

Read Full Article

What to Read Next

BEAMS JAPAN が米国内では初となるポップアップストアを開催
ファッション

BEAMS JAPAN が米国内では初となるポップアップストアを開催

ロサンゼルスの『Fred Segal』にて開催

Off-White™️ の“中の人”はレブロン・ジェームズとニック・ヤングの区別がつかない?
スポーツ

Off-White™️ の“中の人”はレブロン・ジェームズとニック・ヤングの区別がつかない?

ヴァージル先生、新しいSNS担当雇った方がいいかもしれません!

今秋の狙い目ラグジュアリースニーカー 6 選
フットウエア 

今秋の狙い目ラグジュアリースニーカー 6 選

物欲の秋!にぴったりな6モデルを厳選


NBAのスニーカー王者 PJ・タッカーはケビン・デュラント本人よりも Nike KDモデルを所有している?
フットウエア

NBAのスニーカー王者 PJ・タッカーはケビン・デュラント本人よりも Nike KDモデルを所有している?

KD本人すら覚えていないKDモデルを所有するPJ

VERDY が初の個展 “Meet VICK Exhibition at Meet VERDY Gallery” を香港で開催
アート

VERDY が初の個展 “Meet VICK Exhibition at Meet VERDY Gallery” を香港で開催

VERDYのオリジナルキャラクター VICKをフィーチャーし、アートピースの展示&限定グッズの販売を実施

CDG がアイコニックなグラフィックを用いた Better™ とのコラボプロダクトを発売
ファッション

CDG がアイコニックなグラフィックを用いた Better™ とのコラボプロダクトを発売

フーディとTシャツがラインアップ

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。