名物企画 “Carpool Karaoke” に Chance The Rapper が出演

JAY-Z やオバマ元大統領の異色?な共通点を明かす

エンターテインメント
4,211 Hypes

2020年1月から始まるワールドツアーを控えているアメリカの人気ラッパー Chance The Rapper (チャンス・ザ・ラッパー) が、米CBSのテレビ番組『The Late Late Show』の大人気企画“Carpool Karaoke(カープールカラオケ)”に登場した。

“Carpool Karaoke(カープールカラオケ)”といえば、ホストを務めるイングランド出身の俳優/コメディアンJames Corden(ジェームズ・コーデン)が毎回名だたるセレブリティーたちを招き、ドライブしながら一緒にカラオケを楽しむという内容で、これまでにPharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)やJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)、Paul McCartney(ポール・マッカートニー)、そしてアメリカの元ファーストレディーMichelle Obama(ミシェル・オバマ)といった数々の著名人らが出演している。

そんな名物企画の最新回に、Chance The Rapperが出演。Chanceは、まずデビューアルバム『The Big Day』の収録曲“All Day Long”の高速ラップを披露し、車内が盛り上がったところで、JAY-Z(ジェイ・Z)、Kanye West(カニエ・ウェスト)、Barack Obama(バラク・オバマ)前アメリカ大統領といった自身の交友関係について明かしている。2008年の大統領選挙の際、オバマ元米大統領のキャンペーンオフィスでインターンを勤めていた過去から、Kanyeのスタジオパーティーまでを語っている。また、コンタクトを撮りたい場合は、事前にアシスタントを通し、後から非通知電話で本人から折り返しがくるというJAY-Zとオバマ元大統領の共通点まで、様々なエピソードを語ってくれた。続いてEd Sheeran(エド・シーラン)とのコラボ曲“Cross Me”を始め『The Big Day』の収録曲の数々を熱唱。気になる方は、上のビデオをご覧になってみてはいかがだろうか。

過去の“Carpool Karaoke”の模様はこちらから。

Read Full Article
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。